2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【懐かしき時代】昭和20年代【思い出を語ろう】

1 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/08/29 23:58 ID:Le8aiOoi
当時のこと
思い出すままに語ってください

2 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/08/30 00:08 ID:tFOUxkaN
大丈夫

3 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/08/30 00:15 ID:kLq3axwO
菊田一夫の「鐘の鳴る丘」外遊びしてても、
始まる時間には飛んで帰ってラジオにかじりついたもんだ。
「鐘のなる丘」が終了してから「笛吹き童子」「紅孔雀」と続いた。
まさに今は昔だな。

4 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/08/30 02:02 ID:wUB3055r
あの頃のラジオ番組といえば「君の名は」でしょう。
これも菊田一夫ですね。
子供心にも待ち遠しく思ったものです。


5 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/08/30 07:44 ID:x1qewX1c
雑誌では少年倶楽部、少年、少年画報、漫画少年、
少女、少女クラブ、少女の友、少女サロンなど
少年、少女向けのいい雑誌がいっぱいありましたね。

6 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/08/30 08:06 ID:pQQnjmD9
漫画王とか、チョッとお兄さん向けに冒険王とか。
発行は秋田書店。

どういうわけか「秋田」というのが印象に残ってて、私は駅伝のマラソンでは
秋田県を応援してた。

ちなみに私はそのころ、関東人だったから東北地方は全く知らなかった。

7 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/08/30 22:52 ID:S0R5d+D7
少年雑誌といえば私が真っ先に思い出すのは「少年王者」。
牧村真吾と美少女すい子さん。
マウントサタンとプロントザウルス、豹の老婆、かば男
いや少年王者が実にかっこよくて面白かった。
少年ケニアも面白かったが、私は刷り込みされて
こっちの方が若干好きだ。

8 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/08/30 23:45 ID:i9l3h8K8
>>6
私は少年と少年クラブを取っていて
冒険王まで買えませんでした。
冒険王に載っていた砂漠の魔王が
読みたくて読みたくて。
結局、結末は知らずに終わってしまいました。
思い出すと残念です。

9 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/08/31 00:49 ID:KoU3f5dg
西条八十が当時の少女クラブに連載した
「幽霊の塔」の単行本を探しています。
どなたかお持ちの方いらっしゃらないでしょうか?


10 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/08/31 13:35 ID:QsMZBdBz
>>9
私が今持ってるのは、昭和13年2月1日発行の、
「婦人倶楽部2月号付録・【すぐ役立つ・妊娠・安産・育児法】というやつです。
リサイクル・センターで埃かぶってるのを安く買ってきた。
たしか200円くらいだったかと思う。

本の内容が非常におもしろい。
例えば、赤ちゃんを日光浴させるといいらしい。
その時は赤ちゃんの目を太陽から保護するためにサングラスを掛けた方がいい。
とか、そんなことが書かれています。

現代では、赤ちゃんの日光浴は良くない。ってのが一般常識ですがね。
さすがに内容は時代遅れです。


11 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/08/31 13:48 ID:TSeRJfAO
【宇宙】NASAが発表 数年後に小惑星が急接近
http://news17.2ch.net/test/read.cgi/news7/1093491988/

((((( ;゚Д゚)))))ガクガクブルブル

12 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/08/31 15:07 ID:QsMZBdBz
>>11
NASAは、そんなこと発表していない。

私にNASAのことは聞いてほすい。

13 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/08/31 22:32 ID:TZIZMTtD
>>5
面白ブックを忘れてませんか?
>>7さんのいう「少年王者」が掲載されたのも面白ブック。
小松崎茂の少年が空中を飛ぶスクーターに乗って
飛び回る絵物語、塩田英二郎の漫画、題名忘れたが
「どんぐり君」だか「ポックリ君」だったか
面白かったなあ。あの頃が今思うと一番よかった。


14 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/09/01 01:15 ID:VqCOqd8c
手塚治虫の鉄腕アトムの連載が
雑誌少年で始まったのも
昭和27,8年頃でしたね。
アトム大使から読んでましたが
こんなに有名になるとは思わなかった。

15 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/09/01 06:22 ID:bGAv38Z+
>>10
>赤ちゃんを日光浴させるといいらしい。

わたしらの、子供の頃はそういわれてましたね。
日光浴しないと「クル病」になるとか、日に焼けると冬に風邪ひかない、とか。

でも今は時代環境そのものが変わってしまいました。
フロンガスによってオゾン層が破壊され、
そのため、生物に有害な紫外線が直接地上に降り注ぐようになりました。

今では直射日光は皮膚ガンのもとになり下がりました。


16 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/09/01 23:31 ID:be34nror
当時は漫画より小説が主流でしたね。
江戸川乱歩の「少年探偵団」とか
探偵小説が多かったように思う。
漫画では黄金バットも懐かしいな。

17 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/09/01 23:58 ID:AL4oDOZn
あたい 男だけど 少女雑誌の大ファンだったわ。勝山ひろし 内藤ルネの 挿絵がすきだったわ。

18 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/09/02 00:40 ID:TGplAwf1
>>17
少女、少女クラブ、少女世界、少女サロンいろいろありましたね。
リボンの騎士は少女掲載でしたっけ。
あんみつ姫なんて覚えてますか>

19 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/09/02 22:52 ID:QnvgtEGF
>>18
リボンの騎士ですか、懐かしいな。
手塚治虫の漫画ではあと「化石島」とか
「新世界ルルー」なんか懐かしい。
保存しておけば、今頃何万円もの値打ちだろな。
こんなにあの頃の漫画本の値打ちが上がるとは
思わなかった。残念

20 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/09/02 23:58 ID:QnvgtEGF
>>7
少年王者、いや、懐かしい。
魔神ウーラ、アメンホテップ、ザンバロも
出てきましたよね。
象に跨った少年王者やワニに追われながら
河を泳ぐ少年王者は子供心に実にかっこよかった。

21 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/09/03 04:35 ID:vM2uobHc
すげぇ本当のジジイとババアが会話しているみたいだ
全く会話の内容が理解できん。


22 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/09/03 08:25 ID:DFSjKR9j
若かりし日を思い起こしながらROMっている。
まあ、若い奴らには理解できない内容だろうな。

23 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/09/04 00:07 ID:Qfg1hvLM
昭和20年代は東京は杉並区の天沼に住んでいました。
中央線と西武線の中間くらいのところです。
家の裏手には未だ森や林や空き地がいっぱい。
4,5歳の頃は田んぼの中を流れる小川で
フナやザリガニがとれました。
今は、妙正寺川もコンクリで固められ
往時の面影はまるでありません。
今思うとあの頃の天沼は天国でした。

24 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/09/04 13:23 ID:V31eupnX
>>23
あの頃はテレビもなく、ゲーム機もなかった。
子供たちは空き地やひろっぱで
ゴムボールの野球をやったり、騎馬戦したり
そんな時代でしたね。
今はそんな遊び場といったら公園くらい。
遊びもサッカーが多いんでは?
時代ととも多くのことが変わりました。
変わらないのは空を流れる雲くらいかも知れません。

25 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/09/04 22:12 ID:qwTOHOCx
昭和20年代は美空ひばりも未だ少女時代。
わたしは大ファンで映画もよく見に行ったものです。
「りんご園の少女」が特に懐かしいです。
でも、大人になってからのひばりは初々しさがなくなり
すっかり嫌いに。

26 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/09/05 21:01 ID:LIhRxG6q
小学校では体育の時間とか
普段の遊びでもドッジボールを
よくやりましたね。
私はあれが苦手で、すぐぶつけられて
外へ。で、なかなか中のヒトにボールを
当てられなくて運動神経のあるヒトが
羨ましかった。
今でも、ドッジボールをやってるんでしょうか?

27 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/09/06 00:30 ID:l4o//rhH
小学校4年生のときだから昭和29年に
七代目大谷友右衛門の大岡政談「白蝋の仮面」
という映画を見ました。
モノクロ映画でしたが実に面白かった。
見たヒト居ませんか?
七代目大谷友右衛門は今の中村雀右衛門で
その後映画界から歌舞伎界に戻り
人間国宝になりました。またあの映画を見てみたい。

28 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/09/06 23:20 ID:G8TgjqyT
ディズニーの漫画映画が全盛だったのも20年代では?
「白雪姫」のカラーの美しさには魅せられました。
「ピノキオ」は先生に引率されて
通っていた小学校全体で見に行きました。
あの頃は文部省推薦映画がたくさんありましたよね。
今は文部科学省推薦映画なんてあるのかしら?

29 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/09/08 01:05 ID:uCEqFVuG
昭和20年代はまだ戦争の名残が
映画にもありましたね。
「原爆の子」という映画を両親と
見に行ったことがあります。
これも文部省推薦だったかな?
帰り道にあった喫茶店みたいな店で
大福を生まれて初めて食べました。
この世にこんなおいしいものがあるのか
と思いました。
金さえあれば何でも食べられる今の時代と比べると
夢のようです。



30 :名無し@モモ:04/09/08 07:43 ID:5j7mCgvC
小さい頃はメンコやカルタをたくさんしました。
近所に住んでるちーちゃんに一度も勝つことができませんでした。
それがくやしくてくやしくて・・・
それがこの歳になりネットゲームでばったり再会。
オセロで再戦と意気込んで何度も試合を申し込むのですが相手にしてくれません。
ちーちゃんが相手してくれるまで夜な夜なネトゲです。
こんな私を誰かもらってください。

31 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/09/08 08:43 ID:n9W2EUQR
アホか。

32 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/09/08 12:30 ID:ddqFparR
>>23,24
漏れは昭和24年生まれなんで、皆さんの中では小僧のような存在です。隣の6つ上のおにいちゃんや
8つ上の従兄弟なんかと同じ位でしょうか?

信じてもらえないかもしれませんが、0歳児の時の記憶がかすかにあります。1歳の時着物姿で写真に
撮られたことや、丁度2つ下の弟が生まれた時の記憶も鮮明に残っています。三島由紀夫の「仮面の
告白」に描かれた西日に当たる盥の記憶と言うのが恐ろしい程自分の記憶と重なります。タレントの
乙葉も生まれた時の記憶があると言ってました。学問的にも難産の子供に生まれた時の記憶が残る
場合が多いとか、誰にでも幼少時の記憶があるが、それを消してしまうようなメカニズムがあるやに
聞きました。

昭和20年代の思い出って、満1歳頃父親の懐に入れられて東京大森駅界隈迄散歩したことをよく覚えて
います。当時は車が少なく、当時はハッキリ実態が分らなかったんですが米軍車両が多かったような気が
します。近所の医者はマイ人力車で往診してましたし、その隣の材木屋は驢馬に荷車を曳かせてました。
あの頃よく父(実はアメリカ嫌いの関西人)から、「ほれ見てみ!ゼット機や」と上空を指されました。
飛行機雲とジェット機が見えましたが、この頃勃発した朝鮮戦争のことなど無論子供の私に分る筈があり
ません。後になって、
 ・あの形はF86(後退翼)の前のF80?(後退翼でない)
 ・風雲急を告げる朝鮮情勢に対応した米軍の動き
と理解した次第です。あの頃は商業的宣伝ピラなんかも空から降って来ました。
無論戦後ですから米軍の宣伝ビラではなくヘりから撒かれるチラシです。夢中で
拾ったもんです。

自宅は東京大井町ですが、周囲には畑がありました。これは戦争中の名残だったようです。
昭和30年代に次々と住宅になって行きました。大井町〜大森海岸は海苔の養殖が盛んで、
大森海岸では文字通り海水浴も出来ました。今では考えられませんけど...。

逗子にある伯父の家に行った時の光景や、母の同級生の家のある吉祥寺に井の頭線で行った
時、井の頭線沿線が今迄見てきた風景と全く異なる田園風景だったことにショックを受け
ました。線路も結構真っ直ぐ。都心の線路ってあんな真っ直ぐじゃないんで驚きました。
今じゃ井の頭線沿線って堂々たる高級住宅地ですよね?

あと、トレーラーバスってのがありましたね。家の近くは東京急行(TKK)。それに都バス
も走ってましたが、都バスのトレーラーバスは見た記憶がない。旧漢字-->新漢字に切り替
わっていた筈なのに「廻送車」なんて表記があり、バスと相撲関連の漢字は小学校に上がる
前に覚えました。

33 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/09/08 22:13 ID:uS/GxJGg
>>32
トレーラーバスってありましたね。すっかり忘れてましたよ。
路面電車も、今は都内の一部地域しか走ってませんが
かつてはあちこちで走っていましたっけ。
中央線の電車も今は柿色のスチール製ですが、昔は
床は板張りでした。座席も木製。色は小豆色でしたね。

34 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/09/09 22:23 ID:KsOpdi6m
>>30
こんな私を誰かもらってください。って
あなた女?歳は幾つ?

35 :32:04/09/10 13:08 ID:r0MEdS6a
>>33
ええ、路面電車はあちこちに走ってました。トロリーバスもありましたよね?これは
都営だけですけど..。東京以外の都市は知りません。悪しからず!

「床は板張りでした。座席も木製。色は小豆色」:ええ、山手線、京浜東北線、も全部
これでした。中央線に101系が導入されたのは昭和33年の筈。東京オリンピックの時は、
中央線は100%101系になり、山手線は鶯色の103系(黄色い101系も残っていたかも?)、
総武線には黄色い101系が入りだしたものの半分は旧式。京浜東北線に水色の103系が導入
されるのは昭和40年でした。

鶴見線には1980年代、即ち昭和50年代後半迄旧式電車が走ってました。あの板張り:油が
塗ってあって転ぶと汚れる。

36 :32(訂正):04/09/10 13:10 ID:r0MEdS6a
失礼!

×中央線に101系が導入されたのは
○中央線に90系が導入されたのは

37 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/09/10 13:19 ID:YlkWO5/Y
【韓国】「韓国政府は科学者に責任転嫁」海外メディアが批判…ウラン濃縮実験[09/09]
http://news17.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1094753334/

韓国のウラン濃縮実験に対する海外メディアの批判が相次いでいる。

英ファイナンシャル・タイムズ(FT)紙は9日、「韓国、ウラン濃縮実験を
認めながらも外国メディア攻撃」という見出しの2面のトップ記事を通じ、
韓国のウラン濃縮実験への疑念を呈した。
政府は「外電がこの問題を誇張している」と説明したことがある。

FT紙は、オーストリア・ウィーンの外交筋の言葉を引用し、韓国政府が
「およそ80%までウランを濃縮した」と報告したがことがあるが、
(80%に及ばないという)今回の韓国政府の発表は前回の発表と相反していると報じた。

同紙はまた、国連安保理へ上程するかどうかは最終的な調査結果が
出なければ分からないとし、慎重な態度を取った後、北朝鮮による
核開発疑惑をめぐる交渉に与えかねない否定的な影響を指摘した。

米紙ボストン・グローブも、同日付けの社説で「韓国政府が政府系研究機関に
所属した科学者にすべての責任を転嫁することは信頼性に欠ける」と批判した。

この社説は、韓国の近隣国家は多額の費用がかかるレーザー技術を使ったことが
何を意味するか理解しているとし、核兵器開発プログラムを持っていないという
韓国政府の説明では不安を払拭させることができないと指摘している。

これとともに、北朝鮮の核開発疑惑をめぐる協議に及ぼしかねない否定的影響と、
北東アジアで起こりうる軍拡競争への懸念を表し、韓国政府が国際原子力機関(IAEA)の
調査に全面的に協力することと、関連科学者に対するインタビューを許可することなどを促した。

ソース:
http://japanese.chosun.com/site/data/html_dir/2004/09/09/20040909000085.html


38 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/09/10 23:03:26 ID:rMfBTBcr
あの頃はバナナが果物の王様で
食べるのは遠足に持っていくときくらい。
持って行く者もごく少数でしたね。
チョコレートは遠足には
必ず持って行きましたが
今のように豊富な種類はなく板チョコだけ。
今の子供には考えられないでしょうね。

39 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/09/11 14:10:10 ID:ffpS93LK
>>38
そうそう。お袋から「昔は台湾バナナなんて安かったのに..」と懐かしがってました。
昭和40年頃からでしょうか?バナナが安い果物の代名詞みたいになっちゃったのは..。
でも今でもフィリピン産やエクアドル産のバナナより台湾産が一番旨いと思う。

因みに漏れは、遠足に持っていく菓子で一番好きだったのは「バナナ菓子」。多分記憶
している方も多いんではないでしょうか?

40 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/09/11 14:44:54 ID:Wh90NGMs
平川唯一先生がNHKげカムカムえぶりばでーの歌ではじまる会話教室
を一生懸命きいてました。Did you know it? Yes I knew it

41 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/09/11 17:49:52 ID:7k+tZAar
>>40
それはすごい。
私の耳にもカムカムエヴリヴァディーと
ラジオでやってるのが入ってきましたが
聞こうとして聞いてたわけではありませんでした。
相当のお歳ですね。70歳くらいですか?

42 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/09/11 18:35:20 ID:mS2+Wr07

>>35

大阪・京都にもトロリーバスが昭和40年代の中ごろまで走っていました。

関西ではJRの電車は国電(国鉄電車)とは呼ばないで、まだ省線電車と呼んでいました。
電車の色は暗い灰色の小豆色でした。
小豆色は阪急電車です。(現在でも同じ色で変わっていません。)

床が木で油引きの電車は、昭和40年代中ごろでも、南武線で走っていました。
冬の夜乗った時は隙間風が吹き込んで寒かったですね。
立川―川崎の所要時間は現在と変わりません。

43 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/09/11 19:25:50 ID:lWLOC9Ns
おれは昭和25年うまれだから20年代というと29年で4歳だな
でもそれくらいの記憶って部分的にあるんだな

鹿児島の母の実家にその頃いて、農家だったから一緒に麦踏みとか
じゃがいも堀なんかもやって楽しい時期だった、ぜんまい式の蓄音機で
おとみさんなんか、のっぱらで母の兄弟なんかが聞いてたのを覚えてる

すぐそばに、お婆さんが一人で住んでてある日、粟に味噌汁(ほとんど汁だけ)
をかけたご飯を食べさせてもらったことがある、高校生の頃祖母の葬式で行ったとき
そのこと言ったら、そんなもん食べてるわけないだろってみんなに言われた

その時はそのお婆さんももういなくて、家も無くなってたけど、子供がみんな戦死しちゃって
一人暮らしだったらしい、 でも実際にそんなもん食べてるわけないだろうという
生活をしてたわけで、お国に子供をみんな取られて、ひとりそうゆう苦しい生活を
していたとしたら、そんなんでいいのかなあって思ったな、

でもその時食べさせてもらった粟の汁掛け飯、すごくうまかったのを覚えてる
おれ、いつも腹すかしていたからね。

44 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/09/11 23:43:02 ID:lyVlmioX
昭和20年代といえば、今では無くなった遊びもいろいろ。
日光写真なんて覚えている人いますかね。
ガラス板をつけた名刺大かそれより少し大きい
厚さ2cmくらいの箱のガラス板の下に
ネガと露光紙をセットして、日光にさらしておく。
すると写真が出来上がる。
今思うと他愛ない遊びですが子供には面白かったもんです。
今では遠い昔の思い出になってしまった。

45 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/09/12 09:55:41 ID:mxHg1TXJ
伊藤彦造画伯がなくなりましたね。
その挿絵を見た雑誌名も
何という小説の挿絵だったかも
覚えてませんが、その独特のタッチは
記憶に強く残っています。
ご冥福をお祈りします。

46 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/09/12 12:17:03 ID:NALcqo0f
今、結構ちゃぶ台が人気みたいですね。
おかげで、昔はちゃぶ台でご飯食べてたのを
思い出しました。
ちゃぶ台から椅子に座ってテーブルで
食事するようになったのは
昭和30年代でしたでしょうか。
今思うと、狭い日本の家屋には
折りたためるちゃぶ台は便利な家具ですね。

47 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/09/12 21:01:50 ID:ZjbHBjy6
>>4
来宮良子のナレーション「忘却とは忘れ去ることなり。忘れ得ずして忘却を誓う心の悲しさよ」は
今でも覚えています。でも真知子の声優は誰だったか忘れてしまいました。
名前を覚えておられる方がいらしたら教えてください。

48 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/09/13 11:42:36 ID:eIFeBtj8
B-29と、グラマン、見たのは20年代だったかな。


49 :35:04/09/13 14:56:07 ID:81pjdufN
>>42
漏れは東京ですが親父は関西人で、確かに「省線」って呼んでましたね。
昔の「阪急電車」も乗りましたよ。親父に芦屋に住む偉いさんの家に行く時です。

>>44
昭和30年代にもありましたね。印画紙に時代劇の人気スターのネガみたいのを重ねて陽に晒す
んでしょ?よくやりました。

>>45
伊藤彦造画伯:あの絵凄かったですね。昭和30年代初め8つ違いの従兄弟に絵を描くための
マニュアルのようなものをもらったんですが、伊藤彦造画伯の武者絵があり、あまりの見事
さに感心しました。子供の頃の乗り物絵本の挿絵画家としては「安井小弥太」画伯が印象に
残っています。最近本屋で昔の乗り物絵本のダイジェスト版のようなものを見つけました。
その中に懐かしい安井小弥太画伯の挿絵があるじゃないですか..。

50 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/09/13 23:42:16 ID:Jv1hrrcf
私が幼稚園の頃ですから
昭和23年頃でしょうか
帰り道、二葉あき子の水色のハンカチが
よく家々の中から聞こえてきました。
子供心にセンチな気分になったものです。
NHKの昼の歌謡で、お昼時なので
みんなラジオを点けてたんでしょうね。
あのころは民放は幾つあったのかしら?

51 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/09/14 22:27:36 ID:YN6+HsBG
>>49
私は東京育ちですが、東京でも省線とか省線電車とか呼んでました。
国電とかも言ってました。今でも何で省線と呼んだのか
分かりません。どういう意味だろう?

52 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/09/15 08:15:33 ID:x29j10Ux
うちのほうでは国鉄の電車など見たこともなかった。
市内電車はあったが。
国電も省電も無縁。
そういえばサザエさんに出てくる納豆も同じく物語の
中の存在に過ぎなかった。実物を初めて見たのは高校
生の頃だったかな。

53 :49:04/09/15 08:58:49 ID:urXfAErG
>>51
外出だと思うが、「鉄道省」管轄だったから「省線」と呼んでいたらしいです。

54 :老人会長:04/09/15 10:02:45 ID:o1jLZin5
戦前から省線と言ってましたから、国電になったときは違和感があって
変な気分でした。
20年代はまだまだSL全盛で新宿駅あたりでも
SLに牽引された貨物列車が走り、係員が紅白2本の旗で、機関手
に合図をしていました

55 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/09/15 23:51:07 ID:WdWwY+qq
昭和20年代の東京の中央線の駅は
新宿駅から西は未だ木造でした。
階段もホームも板張り。
鉄筋コンクリート造になった
今の駅舎からは考えられませんね。
ホームから階段を上がって改札口を出ると
十代の性典なんて映画のポスターが
貼ってあったりして子供には刺激が強くて
心臓がドキドキしたものです。

56 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/09/16 22:17:27 ID:IYqOZJYd
>>51
中央線や山手線が「国電」と呼ばれるようになるはるか以前、
首都圏・京阪神の国鉄線を走る通勤型電車は「省線電車」と呼ばれていた。
運輸(鉄道)省に在籍する電車という意味だ。
リベットだらけの無骨な茶色い車体。唸るような釣り掛けモーターのサウンド。
戦争を乗りこえて生き残った車輌も多い。

戦後、GHQの指令により公共企業体「日本国有鉄道」が発足し、
更にカラフルな新性能通勤型電車モハ90形(のちの101系)が登場すると、
彼らはいつしか「旧型国電」と呼ばれるようになった。


57 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/09/17 15:22:35 ID:sPGa2N1a
東京の国電から小豆色の電車が無くなった後も、地下鉄銀座線浅草寄り2両目の電車がリベット
だらけの車輌だった。あれって何時頃の製造で正式に引退したのは何時か知りませんか?
漏れは、あの車輌が好きで意図的に浅草寄り2両目に乗ってました。多分1980年代半ば迄はあった
と思うんだが..。

58 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/09/18 08:44:26 ID:9PDCXeZ0
私は小学校のころよく人攫いに、つれていかれてサーカスに売られると
言われて、山道を歩くのが怖かった思い出があります。

59 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/09/18 20:21:30 ID:1TrcLOK0
私も小学校のころよく人攫いに、つれていかれてキタチョンに売られると
言われて、海岸を歩くのが怖かった思い出があります。

60 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/09/18 23:22:05 ID:02uM7zop
昭和20年代は人攫いがいて、
攫われた子供はサーカスに売られる
というのが一般的でしたね。
あれはホントだったんでしょうか?
なかにはそういうケースもあったんですかね?

61 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/09/19 00:22:45 ID:LqZ7rT3g
人攫いあったね。「生き胆を抜かれる」だなんて猟奇的な話だった。

62 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/09/19 11:35:03 ID:VvJaaZQk
昭和20年代前半、私が4,5歳のとき
東京都心から電車で20分くらいの街のバス通りで
木炭自動車を見ました。
車の後部の煙突から煙を吐きながら
走って行きました。
あの頃は車も殆ど走っておらず
珍しくて今もその光景は忘れられません。
当時子供の目にはその道路の幅は20mくらい
あるように見えましたが
大人になってみると6,7m
子供の目線と大人の目線は違うもんです。


63 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/09/19 19:22:08 ID:a3jUHzg+
>>62
昭和30年代初め頃まで木炭車は走ってましたね?車の後部にボイラ室のようなのがあって
そこから煙突が出ている。
あの頃って、エンストが日常茶飯事でした。あちこちで車のボンネットを開けてました。
今じゃエンストなんて言葉自体死語に近いし、ボンネットを開けるなんて滅多にないこと
です。

64 :62:04/09/19 21:47:23 ID:32riwL2e
>>63
木炭自動車昭和30年代初めまで走ってたんですか?
私が見たのは4,5歳のとき一度だけと記憶してます。
エンストなんて言葉ありましたねー。
ボンネット開けてる光景はよく見かけたもんです。
自動車持ってる家は極わずかでしたが。

65 :63:04/09/20 10:43:35 ID:pq1E2GNY
>>64
はい。数は少ないですが、昭和30年代に入っても木炭車走ってました。他の車と外見が違う
んで、親父かお袋に聞いたんだと思います。無論最初に理解したのは昭和20年代後半です。
昭和24年生まれなんで20年代前半は実質記憶がありません。0歳児〜1歳児の頃の記憶は
かすかにあります。

64さんは私より大分先輩とお見受けします。上の従兄弟連中と同年輩のようですね。

自動車なんて持ってる家は確かに極一部。近所の材木屋ですら驢馬に荷車曳かせて
ました。近所で自家用車持ってたのは資生堂の重役さんの家だけでした。

66 :名無しさん@お腹いっぱい。 :04/09/20 13:51:04 ID:icAGsPrV
>>23
私も天沼に住んでいました。
畑の肥え溜に落ちたヤツもいたりして、ホントに田舎でした。
ガラの悪い木造おんぼろ校舎の中学に通っていました。
もっとも中学生のときは20年代ではありませんでしたが。
最寄り駅は荻窪です。
荻窪駅の南から新宿まで都電が走っていました。

67 :名無しさん@お腹いっぱい。 :04/09/20 13:53:40 ID:XXZlqYG3
>>23
私も天沼に住んでいました。
畑の肥え溜に落ちたヤツもいたりして、ホントに田舎でした。
ガラの悪い木造おんぼろ校舎の中学に通っていました。
もっとも中学生のときは20年代ではありませんでしたが。
最寄り駅は荻窪です。
荻窪駅の南から新宿まで都電が走っていました。

68 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/09/21 00:46:02 ID:wtoIiCUF
>>66
私の家の最寄り駅は下井草でしたが
荻窪にも出られました。
ご近所だったみたいですね。
当時ガラが悪いと評判だったのは天沼中学でしたが
通われたのは天沼中学ですか?


69 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/09/21 02:09:18 ID:iv6uI4h6

木炭自動車を見たのは、昭和23年頃。
毎朝幼稚園に登園中に見ていました。
幼稚園の隣の運送屋さんです。
火を焚いてトラックを動かす準備をしていました。
それが木炭自動車と知ったのは後のことでした。
運送屋の向かいが豆炭練炭タドンを作っている工場だったので、
練炭かタドンで自動車が動いているのだと思っていました。
昭和26年その運送屋さんのトラックで引越しをしましたが、
その時にはガソリン車になっていました。
僕は助手席に乗って70kmのトラックの旅をした事を覚えています。

70 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/09/21 21:06:31 ID:3qBkd99t
>>68
アマチュウです。
2年前に調布の小学校の教頭と会食をしたときに出身中学を言ったところ
教頭は腹を抱えて笑っていました。調布まで有名になっているのには驚きました。
杉並区ではアマチュウよりもアサチュウの方がガラが悪いと思っていたのですが。
今はどうなんでしょうか。杉並から離れて数十年。
荒れる学校も変わったのでしょうか。
天沼の近く(清水)に文豪の井伏鱒二が住んでいました。その前の家が大山康晴将棋名人宅。

井伏鱒二の「荻窪風土記」を読むと昭和の始めのころの高円寺、阿佐ヶ谷、
荻窪の様子が描かれています。
あまりにも20年代、30年代と違う環境ですので実感が湧きません。
でも、子供のときに近所にあった店や医者の事が書かれていて、幼いころを思い出した
しだいです。
この本は文庫本ですので、今でも売られています。
「荻窪風土記」は中央線沿線の文士の世界を紹介していますが、
今では文士は死語ですね。

71 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/09/21 22:15:19 ID:b/1KVwMs
>>70
アマチュウの現在の姿をどうぞ。
昔とどのくらい変わってますか?
http://www.amanuma-j.suginami-tky.ed.jp/

72 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/09/21 23:25:17 ID:iUYw2PJe
>>67
あの当時は私立は知りませんが
公立の小学校、中学校はみんな木造でしたね。
木造モルタルか板張りにタールか何か塗ってました。
でもコンクリート造の校舎より温もりがあったような気がします。

73 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/09/23 08:52:18 ID:3r5g1Aky
私が小学校2年生のとき歩いて10分くらいのところに
貸し本屋ができました。
広さは2坪ほどだったでしょうか?
40歳くらいのおばさんがやってました。
母から5円もらって借りに行きました。
一冊5円は今のお金に直すと50円くらいだったんでしょうか?
おばさんはいつも和装でした。
戦争未亡人ではなかったかと勝手に思っています。
当時はマンガ本なんてなくて小説ばかりでしたが
今思うと小学2年でよく小説なんてよみまくったものだと感心します。
娯楽がなかった証拠ですかね?
今では貸し本屋なんてありませんよね?

74 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/09/23 20:19:27 ID:+qXFAMF4
昭和20年代のスターの一人に石浜明が居ました。
彼の出演する青春映画をよく観に行ったものです。
彼のような青年が当時の若者のモデル的存在でしたが
今はワイルドな若者に人気があるようですね。
そういう点に時代の差をつくづく感じます。

75 :名無しさん@お腹いっぱい:04/09/23 21:33:46 ID:jjfcDLfK
私は団塊の世代ですから20年代は断片的に覚えている程度です。
でも、石浜明は覚えています。
何故、覚えているのか分かりません。

母に連れられて映画を見にいきました。
その映画はエリザベステーラーが主演でした。
しかもカラー映画でした。
ホントに美人だと当時は思いました。


76 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/09/23 22:27:01 ID:ZyUJbnbl
東京の世田谷出身ですが、子供の頃山手線は誰もが「やまてせん」でした。
それが名称決めで「やまのてせん」になったとき、「そんな電車知らねえよ」、
と思いましたが、皆さんは当時どちらで呼んでいましたでしょうか?

77 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/09/23 23:11:12 ID:+qXFAMF4
>>76
私は今まで「やまてせん」と呼んできました。
「やまのてせん」という人もいましたが
そういう呼び方もあるかと思っていた程度です。
「やまのてせん」が正式呼称だとはしりませんでした。

78 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/09/23 23:19:01 ID:+qXFAMF4
>>75
リズは「ジャイアンツ」(1956) 「愛情の花咲く樹」(1957) の頃が
かわいらしさも残っていてきれいでしたね。
「熱いトタン屋根の猫」(1958) あたりから妖艶になり
「クレオパトラ」(1963) あたりではトウがたってきた感じでした。
今ではぶくぶく。変われば変わるものです。

79 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/09/24 10:08:42 ID:bfw7bUVv
>>76
もともとヤマノテセンですが戦後進駐軍が入ってきてローマ字で行先表示を
YAMATELINEといれたあたりからヤマテセンとなったようです。
東京の人は土地柄を山の手に住んでいるとは言っても
山手に住んでいるとは言いませんでした。

80 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/09/24 16:15:52 ID:tmHGo050
>>79
山手線の読み方の変遷(復古)は、ロシアのぺテルスブルグと似てますね。

 ・ぺテルスブルグ(ピヨトル大帝の名を記念し、欧風の名に)
 ・ペトログラード(対独戦争で独逸風の名前が露西亜風に改められた)
 ・レニングラード(露西亜革命のレーニンを記念して)
 ・ぺテルスブルグ(復古)


81 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/09/25 01:00:47 ID:j047nMO8
>>79
なるほど、下町に対する山の手からとった名前なんだ。
今まで気づかなかった。簡単なことなのに。

82 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/09/25 13:17:55 ID:Bkk4No56
>>75
木村功という俳優は覚えてますか?
特別美男というわけではなかったけれど
「真空地帯」「雲流るる果てに」など
戦中、戦後の青年像を演じる俳優では彼ほど
独特の魅力を持った俳優はいなかったと思います。
木村功が亡くなったのは数年前のような気がするのですが
もう20年以上になります。
時の流れの速さを改めて感じます。

83 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/09/25 21:49:27 ID:WeF/0hE3
>>82
もう20年経つのですか? 私は「七人の侍」「雪国」をよく覚えています。
奥さんが書いた「功さん大好き」(ちょっと題名間違ってるかも)も読みました。

84 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/09/25 23:47:54 ID:5KA1lQyn
富山の薬売りが来て紙風船貰ったこと、縁の下で飼っていた鶏の卵で
カバヤキャラメルを買い、図書券を集めてカバヤ文庫を買ったこと。
思い出すと鼻の中からツンと甘酸っぱい匂いがする。

85 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/09/26 00:44:51 ID:D62Z+YZI
>>84
カバヤキャラメル、あったなー。
昭和20年代後半でしたよね。
箱というかパッケージの中に券が入っていて
集めるとカバヤ文庫が貰えるんでしたね。
私も貰ったけど漫画だったか小説だったか
どんな本だったかさっぱり覚えてない。
貰えたのは本だけでしたっけ?

86 :60歳:04/09/27 00:50:15 ID:V0lhvLOv
>>76>>77>>79>>80
昭和38年大学受験で東京に来た時、
「やまてせん」と漢字通りに読んで云ったら、
「やまのてせん」と間違いを直してもらいました。
その時、12年前の昭和26年に東京に遊びに来た時、
「やまのてせん」と云っていたのを聞いた記憶を思い出しました。
「やまのてせん」の呼び方は戦前から変わったことはありません。
>>76さんのご両親、ご近所の方々は昭和30年代以降に東京に来られた方で、
「やまてせん」が間違いであること知らない方々ではないでしょうか?


87 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/09/27 07:26:27 ID:61eQiq0Y
>>86
私の両親は戦前に地方から上京、
私は戦中から東京(一時茨城に疎開)ですが
両親は山手線と呼んでいたように思う。
山手線は読めばやまてせん、やまのてせんなら
山の手線ですよね。表記が悪い。
まあ、たいした問題じゃないが。

88 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/09/27 23:02:02 ID:ZznaGsb/
>>84 >>85
カバヤキャラメルって潰れたのかと思っていたら
未だあるみたいですね。
数年前、出張で行った岡山の付近で車窓から
カバヤの看板掲げたビルが見えました。

89 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/09/27 23:27:01 ID:RpTsKUpZ
85 表紙の厚い絵入りの小説でした。
確か、その本だけと思っています。風呂を沸かすとき、まきをくべて、
芋や、とうもろこしを焼きながら、カバヤ文庫を読んでました。
口の周りは真っ黒。ちなみに私は九州の真ん中付近の田舎でした。

 

90 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/09/28 11:32:01 ID:j4acBn38
>>88
カバヤは絶対に潰れません。
なぜかって、あれは池田家、殿様の経営で嫁はんが、昭和天皇様の妹

子供の時専用列車でお輿になって、旗をもって行ったもんだよ。
生きてんかなー、ひ弱そうなお方だったが、、、、

91 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/09/28 23:20:23 ID:mwsgCfnQ
>>90
その、やんごとなきお方の経営するカバヤキャラメルはどこへ行けば買えますか?


92 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/09/29 13:23:57 ID:jiRZbm4j
>>91
判らん。 お国(岡山)を捨てゝ、流転し60年。
親戚・知る人も無く、もう20数年、帰った事はありません。
アア涙が出て来た。


93 :えんぴつ:04/09/29 20:47:15 ID:dUJUtFF1


大阪在住,概ね40歳以上の女性の方で、非常に生活に困窮してるか、
又は家庭内で差し迫ったトラブルを抱えていて、一人で生きていくには
困難と思われる女性を、精神的、経済的余裕のある男性が擁護する為
の会です。

Yahoo以外の検索エンジンで「大阪熟女擁護の会」と入力すれば
出てきます。男性が欲しい方、女性が欲しい方、是非私のHP
にきてね。

94 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/09/30 02:17:26 ID:XXEgjRe/
>>92
私も同じ境遇、ぎりぎりのところで生きています。
カバヤキャラメルでも食べて頑張りましょう。

95 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/10/01 00:19:16 ID:pV+7A+8R
カバヤキャラメルをつくっている
カバヤ食品のHP見つけました。

 ttp://www.kabaya.co.jp/

96 :TK ◆vNFYAR5c0g :04/10/01 01:45:52 ID:2mvJ8xGd
kya

97 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/10/01 19:21:48 ID:oi5y29YV
野球豚よ、ガキはサッカーや水泳に興味があるようだよ。若者の視聴率は1.1%。後継者不足だね。藁。ストで国民全体が野球の味方だと思うな、ボケ。野球中継が潰れるから(延長がない)ストやれとかあるんだよ。

98 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/10/01 22:09:20 ID:YZxjNHrf
>>53
松本清張の初期の短編等によく省線電車という言葉が出てきて
長年疑問に思いながら読み過ごしておりましたがこのスレで
蒙が晴れました


99 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/10/01 22:27:36 ID:eeeGC/Jo
>>98

東京では「省線電車」などという野暮ったいのは聞いたことありません、
「省線」です。


100 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/10/02 00:04:28 ID:KGedIM17
>>99
そんなことはありません。
私も東京に住んで60年近くになるが
国鉄、国電、両方言うように
省線、省線電車両方ありました。
省線は鉄道の線のこと、省線電車は車両のことでしょう。


101 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/10/03 00:37:32 ID:m112dnGR
昭和20年代は未だ生け垣が多く
東京の郊外には緑がいっぱいでした。
昭和30年代になるとそこここの
住宅の塀がブロック塀になって行き
景観が悪くなり出しました。
美観を損なう上、地震発生時に
危険なあのブロック塀は
なんとかならないものでしょうか?


102 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/10/04 22:03:54 ID:2ZCSYqIZ
昭和20年代の東京ではよく雪が降りました。
小さかった私は冬は雪がふるものとばかり思っていました。
ところが昭和30年代に入ってから降雪は減って
今では冬に雪が積もるのは一、二回ではないでしょうか?
それに20年代は雪景色が実に美しく感じられましたが
今の雪景色はあまり美しく感じないのは
私が歳を取ったせい?

103 :99:04/10/04 23:35:51 ID:NxX7lzRe
>>100

鉄道辞典じゃないからな。
省線で社会通念上、路線、車両両方表すよ。
60年も東京のどこにいたの。東京もど田舎あるからね、練馬あたり。
うちは隼町に3代だけど。

104 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/10/05 10:28:56 ID:5xcl/mFk
支那、木炭 前面的 輸出禁止。

木炭作ったことがある。
支那と石原 慎太郎が言うが懐かしい呼び方。
 

105 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/10/05 21:08:21 ID:8HQ/lpnj
>>103
うちは杉並区の荻窪
中央線、西武線といったら路線のこと
車両は中央線の電車とかいうがなあ。


106 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/10/06 22:15:13 ID:6aceo1xy
私は昭和20年代というと上海帰りのリルを思い出します。
あのころ、よくラジオからこの歌が聞こえてきました。
未だ小さかったけど黒いドレスを着たリルを
思い浮かべたものです。

107 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/10/06 23:26:35 ID:vS4Tq44K
>>106
リアルタイムでは知りませんが
『上海帰りのリル』と言うと松本清張氏の『白い闇』を思い出します。
上海帰りのリルをよく歌っていた妹が失踪するという話ですが
松本氏の小説にはよく省線が出てきますね。

昭和20年代の風俗雰囲気をもっともよく伝えているのは
氏の小説ではないでしょうか


108 :名無しさん@お腹いっぱい:04/10/08 22:14:01 ID:eL6RJnWa
『上海帰りのリル』は時々、カラオケで歌います。
なぜか覚えています。
そして中国人と一緒の時は『夜来香』を歌います。
あまり抵抗がないようだ。
文化大革命の時代だったら「反動」、「軍国主義者」と非難されていたでしょう。
でも、この歌は昭和10年代ですね。
私は20年代前半に生まれた」、いわゆる団塊の世代です。
20年代の記憶では時代劇の宮本武蔵の映画(だと思う)がカラーだったいう
ことです。たぶん三船敏郎が武蔵だったのではないかな。
間違っているかもしれませんので、実際はどうだったんでしょうか。



109 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/10/08 22:41:37 ID:IE4jjo6j
私は昭和19年生まれ。
私がみた宮本武蔵はモノクロでした。
俳優は三船敏郎だったような気もするが違う俳優だった気もする。
覚えているのは、武蔵が飯屋で箸で飛んでるハエをつまむのに驚いて
喧嘩を売った浪人が逃げ出した場面だけ。

110 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/10/10 02:10:58 ID:mhRR5IQD
>>108
私も中国に仕事に行くとカラオケでは『夜来香』を歌います。
『蘇州夜曲』より人気がありますよね。
中国の人も50代以上はみんな歌えるんじゃないですかね。

111 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/10/11 11:23:22 ID:/Gb1aice
20年代は未だ傷痍軍人が街頭でハーモニカやアコーディオンを弾いて
通りすがりの通行人から喜捨を求めてましたね。
あの人たちも、もうみんな亡くなったんでしょうか?
国が戦争に駆り立て不具にして面倒もみない
これは今も変わらぬ国家の構造ですね。
腹の立つことです。

112 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/10/11 12:27:10 ID:O4g34VTj
>>111
いやー40年代でもやってましたよ傷痍軍人の喜捨
池袋の昔の丸物と西武の境目あたりに2人組でいつもいた。


113 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/10/12 01:07:41 ID:7NUS2pWu
>>112
戦中に20代で応召、帰還してたら
昭和40年代には未だ40代
ありえますね。
でも喜捨でしか生活できないんだとしたら気の毒。
もっとも、今は小泉のせいで傷痍軍人でなくても
餓死するヒトがいっぱい。北朝鮮のこといえない。

114 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/10/12 10:49:01 ID:Np2KIt7H
どこに餓死する人がいっぱいいるんだ。
いいかげんなことを言うな。

115 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/10/12 22:38:54 ID:on8+5n34
餓死しなくても死に体の人はいっぱいいるよ。
物理的に死ななくても死んだも同然。
そうゆう私もその仲間。生かさず殺さずってとこかな。
これからはますます貧富の差が激しくなると思うが、
なんといっても弱者切り捨てだからなぁ。

30ヶ月連続で経済成長しているそうで、
神武景気と並ぶそうだとさ。笑っちゃうよ。


116 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/10/12 23:00:37 ID:I2gmRKYl
>>114
テレビのニュース見たり、新聞読んだりしてないんじゃ?
新聞、TVに出ない事件も多いけどね。
それも分からない狭い世界に生きてる人間も多い。


117 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/10/13 23:14:43 ID:+AeeH8YC
>>116
新聞やTVのニュースに出る事件は氷山の一角。
世の中、ヒトに知れない猟奇事件とか多いんだよね。
新潟の少女監禁事件も9年2ヶ月知れなかった。
この事件は偶然解決したが、少女が行方不明になった事件は多い。
新潟の事件みたいに監禁されたまま死んでしまったケースが
多いんじゃないだろうか?


118 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/10/13 23:31:32 ID:U9tWVIeX
だから、
どこに餓死する人がいっぱいいるんだ。
いいかげんなことを言うな。
世相が社会不安の方向に向かっていることは
わかっているが、デタラメはいかん。


119 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/10/13 23:42:29 ID:ytH5vAF5
>>118
いっぱいというのは何人以上ならいっぱいなの?


120 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/10/14 00:08:38 ID:ptH8sOXO

.                   ____________
    _              | 還暦自作自演王国 炎上中|
   `))             | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  ジ
    ´   ( )         ∧                ジ ャ
      ( )         <⌒>     (⌒ ⌒)      ャ |
 ウーウー.( .人         /⌒\  \( ,,  ⌒)// |   ン
    人/  ヽ  ______]皿皿[-∧( ⌒ ,,  ,, )    ン !!
   ( ( )( )  )三三三∧_/\_|,,|「|,,,! (  ,,   )     !!
  __| ̄田 ̄田 / ̄ ̄Π . ∩  |'|「|'''|「 (    )
 /__,|==/\=ハ, ̄ ̄|「|ガシャーン |「| | *   +
/_| ロ ロ 「 ̄ ̄ ̄ | | 田 |「|箔c 田 |「|[[ *
|ll.|ロ ロ,/| l⌒l.l⌒l.| |    |「|        |「|ミミミミミミ ++*:
   λワー∧      λワー   λワー     λワー
 .λワー   | |  λワー    λワー     λワー


121 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/10/14 11:33:33 ID:K+goxlM5
アホが来た。

122 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/10/17 10:26:40 ID:QJoifoLr
最近のカレーはみんな焦げ茶色ですね。
昭和20年代の家庭のカレーは黄色掛かってました。
あの頃は家で母が作ってくれた黄色いカレーより
レストランの焦げ茶色のカレーがおいしそうに見えたものですが、
最近はあの黄色いカレーが無性に食べたい。
あの味が懐かしい。

123 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/10/17 12:12:56 ID:7SVG9pZj
街角スナップや、風景写真、ネイチャーフォトなど
あなたが屋外で撮影したオリジナル作品の投稿をお待ちしています。
作品にはレスだけでなく投票も出来ます。
得票数が10を越えた作品は玻璃街殿堂に収蔵されます。
ttp://www.zeechan.com/harimachi/img.htm

124 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/10/18 00:07:17 ID:eiWnCVsc
ゴジラ映画の第一号を観たのは小学校1,2年生のとき。
その次のゴジラの逆襲も面白かった。
あの頃のゴジラ、特に第1号は凄みがあった。
後のカラー時代のゴジラは凄みが感じられないし
話も面白くないと思うのは、感受性が鈍ったから?


125 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/10/18 17:06:57 ID:WGq4bHED
>>119
3人以上。

126 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/10/18 22:49:55 ID:ZYgC99Fr
>>118が3人以上をいっぱいと言うなら
TVで3件以上餓死した事件のニュースを流してるよ。
>>118は余りTVのニュースを観てないんだな。
東京都の監察医務院の調査によれば、二〇〇二年の餓死者は三十四人
http://www.sjk.co.jp/c/w.exe?y=www.jcp.or.jp/akahata/aik3/2004-09-17/05_02.html
今年はもっと多いだろう。
世の中を知らん無知な人間が多いから政治がよくならん。


127 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/10/24 23:48:07 ID:t34yko3u
昨日の朝日新聞土曜版beに「なぜ景気回復しても自殺が減らないか」という記事が載ってました。
「生活苦」による自殺は13.1%も増え、1321件に達した。
職を失った人が徐々に困窮し、統計上「失業」ではなく「生活苦」の自殺となる流れがうかがえる。

とあります。
生活苦の自殺は餓死する前に自ら死を選ぶ人たちで、餓死と同視していいのでは?

>>118はこういう現状もしらない裕福な人なんでしょう。羨ましい人だ。

128 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/11/13 16:08:56 ID:TiXis4qN
職を失った人が徐々に困窮し・・・・・・なってみるとよく分かります。

129 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/01/09 14:40:44 ID:hCHzQhGg
20年代に米粉か小麦粉かに細工をして売っていたおじさんがいました。
その粉を練って手のひらに丸め、そこから動物や金太郎などが鋏を使って
生み出されてくるのです。赤や青の食紅も使われてきれいでした。
お金が無いので出来上がるまでじっと見ていることが多かった。
1度だけ買ったことがあったけど、食べるのが惜しくて惜しくて…
台が蛤の貝殻だったような気がする。
こんな思い出ありませんか?

130 :ロボット上等兵:05/01/10 21:08:39 ID:PXN3hTrt
それってシンコ細工って言いませんでしたか? どういう字を充てていたか
忘れたけれど、飴自体はウドンみたいに白くて、余り甘いものではなかった。

 そういえば昭和20年台の終り頃、国鉄の電車内で傷痍軍人が募金箱もって
アコーディオンかかえて箱づたいに渡ってきたとき、傍にいたオッサン連中が
その傷痍軍人を囲んで部隊名などを誰何した時のことをよく覚えています。
 居合わせた白髪の婦人がその殺気の中にさりげなく割ってはいって募金箱に
お金をいれ、いつまでもこんな事を続けていてはいけないね と諭したこと。 
誰何した人たちもその言葉を聴いてなにか粛然とした気分が流れました。



131 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/01/10 21:42:12 ID:CzIllqWa
>>130
レスありがとう。しんこ細工…言ってたような気がする。少し甘かった。
お腹を膨らまして割り箸につけた兎や狸なんかもあったね。

132 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/01/10 21:43:08 ID:LLJ2bRCT
>>130
しんこ細工は今も地震に遭った新潟県十日町市諏訪町で毎年1月の市日に
売られています。米の粉で十二支や犬を作って売るんだそうな。
食べるというのは聞かないな。

133 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/01/10 21:59:45 ID:CzIllqWa
↑ 更にレスありがとう。
  しんこ細工で検索したらありました。新粉かな?
  あれは技術ですね。できあがるまで待つ楽しみがありました。
  新潟へいつか行ってみたいです。
  膨らますのは検索で、飴細工って言ってました。

134 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/01/15 19:21:00 ID:jn5zaK99
>>133
ちょっとスレの趣旨からはずれるけど、今頃の十日町いいと思うよ。市日に
おばちゃんと会話したり、ヘギ蕎麦を食べたりした後に少し足を伸ばして、
松之山温泉で雪見酒と洒落てみては?

135 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/01/15 20:19:32 ID:jn5zaK99
毎年この時期になるとNHKの連続ラジオ放送劇「えり子とともに」の
中で歌われた「雪の降る町を」を思い出します。中田喜直の作曲で高英男
が歌った(最初は女性だった?)。懐かしい曲です。

136 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/01/15 22:51:04 ID:K7HiMO7h
昭和30年頃だったかな
映画館では総天然色という言葉がはやってたな カラーじゃなくて
看板は手描き・・・・チャンバラ映画で悪人を追い詰めるシーンでは一斉に
手を叩いてた 今じゃ信じられんな
当時のホームレスは軍服姿だったのが印象に残ってる昭和25年
警官は腰にサーベル付けてた 昭和27年

137 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/01/16 16:08:32 ID:j6UDUMmT
映画では大川橋蔵の「若様侍」シリーズをみていました。
あの頃の俳優さんももう居なくなりましたね。
よくプロマイドの交換したなぁ!

138 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/01/19 00:59:18 ID:HcM+ym2z
>>134
ご親切にしんこ細工在る町のご案内ありがとう。
ヘギ蕎麦も食べてみたいです。雪見酒もいいですね。
今、雪がたくさん積もって雪かき大変なのでは?地震、大丈夫でしたか?
>>135
「えりことともに」私も聴いていました。初めのメロディいまでもハミングできますよ。
「雪の降る町を」は「えりこ…」でしたか。♪〜足音だけが追いかけてくる〜

139 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/01/19 21:25:57 ID:Bo4tsNub
>>136
>警官は腰にサーベル付けてた 昭和27年
これって27年まででサーベルが廃止されたってことかな? 自分もサーベル姿の
巡査覚えてるけど何時までそうだったかは覚えがないな。捕まった犯人が護送される際に
浅めの編み笠を被されていたのは覚えているよ。
日本で最初にオールカラーとして紹介されたソビエト映画「石の花」面白くなかった。

140 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/01/27 21:09:33 ID:Y8VseL4y
太宰治の事を調べていたら彼が玉川上水に女と入水自殺した昭和23年、
元子爵の高木正得氏(三笠宮妃の父)が窮乏から自殺しているんだね。
庶民に比べればまだまだ良かったと思うんだが。税金でも沢山かかった
のかな。

141 :20代イケメン:05/01/27 21:22:01 ID:Iisx/owB
お前らキモイよwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww
全員山谷に帰れwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww

142 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/01/27 22:40:26 ID:shI6HZoD
昔の映画で蛇姫様シリーズ思い出しました。怖かった・・
それからテレビで恐怖のミイラ・・これも怖かった。
赤胴鈴之介、月光仮面、少年探偵団、
あの頃のテレビなにが楽しかった?

143 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/01/27 23:17:53 ID:Pxf/OAF4
20代のイケメンただの頭空っぽの、人間でしょう!

144 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/01/28 01:18:48 ID:k87iLWJ+
>>141
おうおう、20台イケメンさん、どこやらにスレたて、そこでよほどひどい目に遭ったらしい。
 
我等に八つ当たりしておられる。
 
寛大なる皆さん、ちっとの間温かく見守ることにしませふ。もう、自分のスレに帰ったかな?

145 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/01/30 23:21:21 ID:bNbm40aV
イケメンさん帰ったらしいですね。
>>142さん 昭和20年代には、テレビまだまだでしたよ。

146 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/01/31 10:58:24 ID:gNUNRCPZ
20年代はラジオと映画と雑誌が楽しみ。ワイズミューラーの「ターザン」映画、
チーターが可愛かった。三益愛子の母モノ映画。
そのうち胸どきどきさせて観た「十代の性典」。 
外国映画で初めて観たのは「ライムライト」。名古屋郊外に住んでたけど
映画館は「ライムライト」と邦画「生きる」の二本立てだった。

貸本屋もあって吉屋信子の少女小説をよく借りましたよ。

147 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/01 21:26:44 ID:aeJr9h6W
>>146
「生きる」懐かしいね。♪命短し恋せよ 乙女−−−

148 :146 :05/02/01 22:24:13 ID:nlKYxmG9
レスありがとう。
志村喬が公園でブランコをこぎながら ♪命短し〜「ゴンドラの唄」を
歌ってる場面が目に浮かびますね。 ♪赤き唇 あせぬ間に〜
                  
                 

149 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/01 22:28:26 ID:QHJq9/WT
そうか昭和20年代生まれは、話が違うのか?
20年代を語るのは、ちょっとずれますね。

150 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/04 10:15:11 ID:s1iYpU+v
寒かったなあーあの頃。
暖房は火鉢しかなくて。

151 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/04 10:37:17 ID:CsjXT5LR

火鉢での楽しみもありました。
火鉢の上で焼いた物 お餅 するめ 干し芋… おいしかった。 

152 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/04 10:38:00 ID:FAnJXEtH
外は、真っ白、屋根には、つらら

153 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/04 13:24:07 ID:CsjXT5LR
>>150
暖房の追加。櫓炬燵 湯たんぽ 布団の中に入れる炬燵
布団の中の足元に入れた小さな炬燵は、素焼きのような物でしたね。
朝には冷めてたけど… あの頃の母のこと思い出しました。

154 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/04 14:46:51 ID:MFD3S4z4
>>153
に追加 練炭がとおお〜〜っても活躍してました
練炭火鉢・ヒチリンで 魚も焼いた・・・・
火をつけるのにコツがあった
コタツでは タドンのものがまだあったように思うんだが・・
カイロも ベンジンの前には
直径1.5センチ長さ7〜8センチの紙でくるんだ
粉墨のような燃料に火をつけて
ふーふー吹いてチッチャナ火花が飛んだのを覚えてる
あれ なんていう名前だったろう??
いま ホッカイロなんか
使い捨てで いつも一寸 うしろめたい
昭和生まれの 貧乏性??

155 :桂野太郎:05/02/04 14:59:02 ID:VGVHBYIs
「 直径1.5センチ長さ7〜8センチの紙でくるんだ
粉墨のような燃料に火をつけて
ふーふー吹いてチッチャナ火花が飛んだのを覚えてる
あれ なんていう名前だったろう??」

炭の粉と灰を混ぜて 一見ダイナマイトのような 有名なのは商標名「桐灰」ですね
アレを口に入れて プー とやって火の粉を飛ばして忍者「地雷也」てやりましたな。

156 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/04 15:07:30 ID:MFD3S4z4
>>155
きゃぁぁ〜〜〜〜(喜)
そーだった!!桐灰!!
しかもっ 「地雷也」
なつかしくて
涙でちゃうよぉ〜〜

157 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/06 06:16:34 ID:IYaAyTR0
父が終戦で帰宅の途、
広島駅から一面焼け野原の
広島市を見て
「なんにものうなっちょった。広島駅から海が見えるんじゃけえ。
なんとひどいことになったもんじゃのう・・・・」
と帰ってから話していたのを思い出す。

158 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/08 21:03:50 ID:H1GMJXvi
本日NHKの歌番組をみていたら湯の町エレジーが歌われた。この歌が流行ったのは
昭和23〜24年くらいか。当時「向う三軒両隣り」という連続ラジオドラマがあった。この
中に名前は忘れたが威勢の良い兄ちゃんが出てきてこの湯の町エレジーが大好きで
盛んに歌っていましたね。

159 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/11 21:13:45 ID:fVF8E56u
スチューワデス。ハンサムなんて言葉が出てきて??ううん
何だ??なんて思った時代です。

160 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/11 21:49:12 ID:U816ZiKV
>>122
母の作ってくれた黄色いカレーを長年探し続けていました。
最近方南町のとんかつ屋に入りました
コックからレジまで一人でやっているシケタお店ですが
「ビーフカレー」を注文しました。
SBカレー粉の缶詰めを開けている、やれやれと…待っていました。
出来上がりました。

まっ黄色め…母のと同じジャガイモと玉葱とにんじんとカレー粉
だけの純粋懐かしの味…
子供の頃と同じ様にウスターソースをかけて食べました。

こつは…単純なのです。
小麦粉にカレー粉を直に何のアレンジもしないで作れば
おのなつかしいものになります。



161 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/12 00:47:21 ID:oGpa3aAQ
紙芝居の

「黄金バット」とか「ちょんちゃん」とか知ってるかなあ

162 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/12 01:47:17 ID:v4cEJFvG
傷痍軍人が怖かった。

163 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/12 13:34:00 ID:UOsI+3+o
俺も傷痍軍人見るの嫌だったけど普通に手足がないひと見るのと
なにかちがうな。
なんでだろう。

164 ::05/02/13 01:02:51 ID:DA6qbo0h
>161さん
ちょんちゃん 題名だけはおぼえています。
なつかしいなー。俺は大阪出身だけど、大阪以外でも
やっていたのかな。

165 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/13 04:12:38 ID:P8WCwZwk
普通に手がなくなったり
足がなくなったりした人が
結構その辺にいたなあ

あと、やけどの人

166 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/13 04:33:51 ID:AfpENb3K
>>160 ビーフは入ってなかったんですか?w



167 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/13 10:00:07 ID:BLnDqevL
ビジネスガールって言ってた。


168 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/14 12:16:56 ID:z57nSePr
>>219
☆○(゜ο゜)o ぱ〜んち

>>220
☆○(゜ο゜)o ぱ〜んち

>>221
(゚◇゚;)~ 

>>222
私もたまにするよ!
どの服とどの服の組み合わせが合うかとか。
それで少し外に出たいなぁ。。。と思うけれど、
これで散歩は場違いだな!と思ってやめる(笑)

>>223
☆○(゜ο゜)o ぱ〜んち

>>224
☆○(゜ο゜)o ぱ〜んち

>>225
大小便bdしゅc8q@wc8 って、感じですた。
         ・・・・・というか、心臓の弱い人は見ないほうがよいかも。
                 おいらは平気でござったよ。

>>226
☆○(゜ο゜)o ぱ〜んち

>>227
☆○(゜ο゜)o ぱ〜んち

169 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/14 20:05:54 ID:svCb2m91
>>168
何者? 消えてくれ!

170 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/14 22:41:47 ID:vqpENhkn
世の中変な人がいますね。


171 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/15 01:46:29 ID:WRkXuCu1
>>167
ビジネスガール…そういえばBGって言ってたな。
名古屋にはキャバレーBGというのがあって、その響きに淫靡なものを感じ
萌えたものです。
 
もうずっと前からOLというようになりましたね。

172 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/15 06:38:30 ID:xu4UUIUs
http://hobby7.2ch.net/test/read.cgi/usedcar/1104160103/237

173 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/15 16:57:33 ID:uZxsHjNq
>>171
キャリアウーマンって言葉を
初めて聞いたとき
コールガールの新しい言い方かと思った
(コールガールってのも古いけど・・・)

174 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/15 18:16:53 ID:uZxsHjNq
わたくしは
大阪生まれですが
昔 貸本屋がありまして
たしか まんが本が1冊15円か 30円だったか・・・
1週間 借りられました
ワタクシは 「影」という 今で言えば
ハードボイルド系の 探偵漫画が大好きでして
そこで さいとうたかお を初めて見ました
サングラスに革ジャンの マッチョな探偵を
描いていましたねー
かっこよかったんですよ これが
生意気にも ファンレターなど 出しまして
返事には 生原稿の 切れ端などが同封されていました
今は あんなに 御大になられましたが・・・
それと 佐藤まさあきも たしか描いていたと思う
大阪だけだったのかなー
「貸本屋」


175 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/15 21:34:22 ID:j1mTmQQg
>174
大阪だけではなかったですよ。
「影」とか「街」なんかありましたね。「漫画ではない!劇画だ」というような
キャンペーンもあったような気がします。
ちなみに、賃貸料金は1日10円、以後1日につき5円だったような(昭和33
年頃)。当方東京在住。



176 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/15 22:00:43 ID:kPXiyvyh
ディアボロがプロシュートや吉良の外見だったら最高にかっこよかっただろうな。
逆に吉良がディアボロの外見だったら激しくキモいが。
ディアボロってどうも5,6部の雑魚敵みたいな雰囲気があるんだよな

177 :上、スレ違いかね:05/02/16 20:15:11 ID:5dodBZVE
漏れは正直昭和20年代を知らない。
しかし昭和25年前後を境に、20年代は大きく分かれると思う。
ここではその後期の話に終始している。
後期は少なくとも全国的に進捗度に差があるにせよ
昭和35年くらいまでは同様の文化だった。
だから話について行ける。
漏れはむしろ60代前半の人の墨塗り教科書などの話が聞きたいな。
DDTを頭からかけられた体験を聞かして欲しい。
省線電車が都内でも6両編成程度の時代のことを教えて欲しい。
町中に外人がうろうろしていたり
交通整理を外人と日本人が交差点の真ん中で2人でやっていたことを
聞かせて欲しいな。
昭和27〜30年頃生まれた世代は敗戦直後のことを知らないんだよ。
またあんな時代にしようと再軍備を小泉が画策しているから
先輩達のつらい体験を伝えて、阻止しなくてはダメなんだよ。

178 :スイカラインGT-R ◆BNR34LNkE2 :05/02/17 22:42:37 ID:rYU15kAF
>>172
>>172
>>172


179 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/20 21:10:11 ID:8CCWpw6p
ただ今よりいい時代だったかな?殺人事件なんてないし、
家の鍵なんてかけなくても大丈夫、何も無い時代だけど今の方が
怖い、今の若者は可愛そうな気がする。

180 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/20 21:49:01 ID:44vMAlYn
>>179
そうですね。
家の鍵なんかかけなかったし、子供は道端で遊んでいたし、
ゴミの収集なんてなかったね。ゴミなんて出なかったね。

181 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/20 22:47:06 ID:xZhnkSia
>>177
墨塗り教科書世代?昭和21年頃小学校に上がっているとしたら
少なくとも昭和14年以前生まれ。65歳以上だな。
残念!60代前半は完璧に戦後教育世代だぞ。

182 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/20 23:20:39 ID:mtm/jRdG
四十代板でも少し同じことを書いたんですけど。
昭和20年代が一番良かったと思うのはほぼ五十代以上だけだと思います。
別に思ってもいいし多分それが普通なんだろうけど、一般化はしないで欲しいです。
あなたたちが子供だった時代に存在した問題の大半は解決されてるし、
子供の時にはそれを切実にとらえられないから昔のいいところばかり見えのも頷けますが、
やはり昔にも問題があったはずで、それは今と同じくらい切実だったはずです。
だから、(必ずしもそういう意図ではないんでしょうが)すべての時代を通して自分の若いときが一番良かったみたいに(若い人に)言うのは良くないと思います。

183 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/20 23:26:36 ID:0ZrRwVsa
>>179
殺人事件がなかった? 違うでしょ。67歳の私が思い出すだけでも、
昭和21年の小平事件(10人以上殺して死刑)、昭和23年の帝銀事件、
昭和27年の荒川バラバラ事件など当時は大騒ぎになったもんだ。

184 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/21 10:55:10 ID:HFmWHRX3
すみません。お尋ねします。
昭和20年代に活躍した作家「真杉静枝」の作品を読まれた方
いらっしゃいませんか?少女小説と思われるもので知りたい作品があります。
ご存知の方お教えください。

185 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/21 20:01:50 ID:PeRpTUgE
当時は大騒ぎになった事件。確かそうですが今のように毎日
殺人事件がと言うような、時代ではなかった。
そしていまは家の中にいても。外を歩いても、殺される。
そう私の知り合いも、暮れに殺されまだ犯人はわかってません。


186 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/25 20:44:35 ID:MmbRTtoC
満たされた生活ではないけど幸せだった。そんな気がします。


187 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/25 23:33:14 ID:T2bQY7fT
傷痍軍人の横でラッパの蓄音機が鳴っており「婦人従軍歌」が
流れていた。最近LPで入手し、日夜聞いている。

188 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/26 00:00:06 ID:2JcEVkfW
ゴミの収集はあった(都会だけ?)
りんご箱のゴミ箱が家の前に。
金持ちの家はコンクリート製の固定式のゴミ箱。
(ベーゴマの台がりんご箱のごみ箱だった)

189 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/03/05 12:09:40 ID:1QQTGHwc
小学校で椅子を横倒しにしてから、ズックのカバンを固定して凹みを作り
ベーゴマをやりました。皆何かしら工夫しながら楽しんでましたね。

190 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/03/05 18:53:42 ID:gDVtiFRu
私は東京生まれの東京育ち、親父も東京生まれで田舎が無かったので
戦後の25年ぐらいまでは、いつも腹をすかしていたな。
食糧事情が極端に悪くて、オフクロが買出しで苦労していた事を思い出しますね。
田舎の有る友達の家では、田舎から米を送ってきたなんて、聞くと羨ましかったね!

191 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/03/05 21:53:06 ID:1QQTGHwc
戦後は本当に厳しく悲惨でしたね。毎日のように東京から買出しの人たちが
村々に押し寄せてましたね。ある時小学4年生位の痩せこけた男の子が我が
家を訪れたことがありました。金がないのでこれと交換してくれと言って差
し出したのが何の役にもたたないような細い針金でした。母は男の子の話で
不憫に思い食事をさせ、リュックサック一杯に米を詰め、更にサツマイモも
持たせて「警察官に捕まらない様にしなさいよ」と言って見送りました。
子供心に都会の子は大変だなと同情したものでした。

北朝鮮の窮状を伝えるニュースはまさに戦後間もなくの日本そのもの
ですね。戦争は絶対に起こすべきではないといつも思いますね。
米国から与えられた平和憲法のお陰で今日まで60年間、戦争に巻き
込まれることもなく無事に生きてこれました。
只管、感謝の毎日です。


192 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/03/05 22:20:11 ID:1QQTGHwc
白衣の傷痍軍人が

手風琴で奏でる異国の丘を聞くたびに、シベリヤに抑留され命を絶った
叔父さんを思い出し、いつでも必ず何がしかの金を入れてあげていました。
何年か後に、この話を兄にしたところ、最近は偽の傷痍軍人が多いのだから
無駄な金は使うなと諭されました。
それからは、あまり近づかないようにしましたが、悪いことをした気分でした。

193 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/03/08 10:06:28 ID:af0j1OsH

186>>
私も同感です。

194 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/03/08 23:13:02 ID:af0j1OsH
夏休みになると、巡回映画が学校の校庭であって、何しろ娯楽が少ないので、
お金も要らずに見れる映画は楽しみにしていたな!「鞍馬天狗」なんかを見たことを
覚えています。兎に角、映画の内容は忘れてしまったが緊張して手に汗を握って、
真剣に見ていましたね!

195 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/03/09 16:27:19 ID:8CqnKADV
長い戦争が終わった後でも、結構戦争ごっこをしましたよ。
ざるに石ころをいっぱい詰めて、小川を挟んでの投げあいでしたね。
多分まともに当たっていれば、大怪我は免れなかったと思うが、
誰も怪我しなかった。よけ方が上手かったのか、力が無かったか
のどちらかだったろうが?
今では考えられない危険な遊びをしてました。
キャッチボールの反れ玉で6000万円もの賠償金ですから、
いくら金が有っても足りない?

196 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/03/10 00:26:08 ID:6mraLvrA
ドサ廻りの田舎芝居でどたばた喜劇も楽しかった。
シバタサーカスもよく見に行ったものです。
曲芸ブランコではハラハラしましたね。
なんだか今の北朝鮮の娯楽とそっくりですね。

197 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/03/10 00:56:16 ID:0Qa+q49l
サーカス。懐かしいですね。たしかキノシタサーカスだったと思う。
テントだったので間近に見られて迫力あったよね。
象が目の前でドドーッとおしっこしたこと憶えてる。
名古屋だけどどこにテント張られてたかしら?いまの白川公園かな?

198 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/03/11 00:13:02 ID:JKu3IOqe
サーカス小屋から流れてくる定番のメローディは
必ず「天然の美」で聞く度に何か胸がキューンとなる
感じがしましたね。サーカスジンタと言ってました?

199 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/03/11 00:57:07 ID:KjuwG+wn
ジンタって言ってましたよ。
子供の頃、ゆうこと聞かないとサーカスに売るとか言って脅かされませんでした?

200 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/03/11 01:32:31 ID:i1jwFAGv
>>195
以前本で見たことあるが、明治以前の子供の遊びに雪合戦ならぬ『石合戦』。
自分も教室の中で粘土細工の粘土を投げ合っているうちに、私の目に当たり
一つ間違うと失明の恐れもあった。親が考えると青くなるようなこと
いっぱいやってきた。


201 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/03/11 09:57:32 ID:JKu3IOqe
>>199さん
>子供の頃、ゆうこと聞かないとサーカスに売るとか言って脅かされませんでした?

そうそう脅かされましたね。子供心に恐かったですね。
空中ブランコ失敗して死ぬのかなとかトラに食われるのかなとか・・・
随分と心配しました。夜も眠れないくらい。

202 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/03/11 10:17:44 ID:JKu3IOqe
>>200さん
失明しなくて良かったですね。

私が経験したのは蓄音機針を使った投げ矢でした。
クラス一番の悪戯っ子が教壇の上から後側の黒板に向かって投げ
た矢がそれて席で本を読んでいた私の耳に突き刺さりました。
一つ間違えば確実に失明したかも知れません。
全く無邪気に危ない遊びをやってたものですね。
今なら、大問題になりそうな気がします。

203 :hhhhhhhhhhhhhhhhhhh:05/03/12 01:40:39 ID:7XSwGJWw
http://dailynews.yahoo.co.jp/fc/world/russia/?1110544817
gggggggggggggggggggggggggggggggggggggggggggggggggggggggg

204 :hhhhhhhhhhhhhhhhhhh:05/03/12 01:42:02 ID:7XSwGJWw
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20050309-00000701-reu-int.view-000

205 :hhhhhhhhhhhhhhhhhhh:05/03/12 01:43:23 ID:7XSwGJWw
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%B2%B4%E4%B9%83%E8%8A%B1%E5%85%89%E5%8F%B8

206 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/03/12 10:32:04 ID:3QuMr5Lw
>>203,>>204,>>205

????
20年代との関係不明。何か悪い仕掛けでもしてあるのですか?

207 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/03/12 22:34:03 ID:J4KsigjQ
昭和19年生まれです
両親の 背中は 何時も働くばかりの 後ろ姿でした。
余裕なんて 無かった 時代だったんです。
それを 思うと 私なんか今の日本でも 十分な
生活では なかと おもっています。
小泉さんのメールではないですが、「もったいない」の
時代でした。  

208 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/03/13 16:40:34 ID:L7EThY2K
>>191
お宅は農家だったんですね。まあ良い農家もあったんでしょうが、大半は強欲
で町場の人が持ってきた着物と僅かばかりの米を恩着せがましく替えてくれたんですよ。
私は母に伴われてつぶさに見ていました。いわゆる竹の子生活。

209 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/03/14 22:02:03 ID:yB75TOLe
>>208さん
191です
当時は農家といえども、米麦は供出命令であまり余裕はなく貴重品だったと思います。
同時にモウレツなインフレ時代だったでしょうから、物々交換が盛んで貧しい一部の
農家が強欲だったことはたしかです。そうした話を聞きつけた母が大変憤慨していたこと
も承知しています。

また戦争が勃発するようなことになれば今度は自分達も都会人として同じ苦労を
味わうことになるのでしょうね。
鬼畜と教え込まれていた米国が与えてくれた平和憲法のお陰で、これまで悲惨な
戦争体験をせず済んだことに改めて感謝したいと思います。
しかし好戦的な政治家の声が次第に大きくなる最近の風潮には大変懸念しています。
決して竹の子生活は望みませんから。

210 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/03/18 08:58:22 ID:UF11VywW
20年代の冬は寒かったですね。
登校前に皆で焚き火にあたって体を温めてから
駆け足でした。白い息をはきながら。
学校ではストーブもなく休み時間はもっぱら
日向ぼっこでした。皆が肩を寄せ合って・・・・

211 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/03/18 14:19:05 ID:NCG6uszd
新作アニメ「鉄人28号」は、
昭和20年代の戦後臭さがぷんぷんしてるよ。
原作の漫画以上に、戦後に生きた人たちの思念がリアルに描かれていて、
終戦後世代の鎮魂歌みたいな物語なんだよね。
デジタル放送で再放送してるから、見るといいかも?

212 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/03/18 23:24:36 ID:ebDtaqcp
>>210さん
そうですね。寒くってさ 皆で押しくら饅頭をしませんでしたか
「押しくら饅頭 押されてなくな」なんて皆で唄いながらさ
これで結構暖かく成りましたね!でも 一時だけどね。

213 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/03/18 23:44:59 ID:nYo1oXB7
そうそう冬になると鼻たらして服で拭いて
袖口ゴべゴべでした。
今みたいに ティッシュなんて
かっこいい物なかったですね。


214 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/03/19 00:06:07 ID:AJ5Q3kZc
手はしもやけ、ひび、あかぎれ。
でも外で大縄跳び。一番初めの子が走ってどこかを触り
次々遅れないように回してる縄に飛び込んでくるの。温まった。楽しかった。
男の子は自転車のタイヤを取った輪で輪回ししてましたね。
輪回ししながら鬼ごっこ。結構技術がいったでしょう。


215 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/03/19 10:03:38 ID:BuHNwWhZ
>>213さん
>>214さん
私も、もっぱら袖口利用でした。
学校の便所も切り揃えた新聞紙でしたね。
便所掃除もよくやりました、臭いのをこらえながら
競ってぴかぴかに磨きましたね。
いつもトイレは後の利用者のためきれいにしてから出る
習慣が自然と身に付きました。貴重な体験のお陰ですね。

輪回しの技術はノロマだったせいで結局習得できませんでした。
もう少し頑張っていればと一寸後悔してます。



216 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/03/19 22:36:27 ID:d1eeUrZA
輪回しはそんなに難しくは有りませんでしたよ!特に自転車の輪を利用した場合は
コツさえ掴めば誰でも出来たのですが、最初は直線を輪と一緒に小走りに走る事を
覚えて、上達したらば、今度は徐々にゆっくりと歩いて輪を操作する事を覚える。
次に円周を回る事を覚えれば後は、何とかなったけどね。
それにしても金の掛からない遊びばかりしていましたね!

上級者になるとたるの桶に使われていた竹の
輪なんかも回していましたが

217 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/03/19 22:56:26 ID:AJ5Q3kZc
214です。>>216 さん
輪回しの様子が目に浮かびます。
輪回しのジャリジャリいう音が聞こえてきそうです。
今でもやってみたいような…
ところで輪回しの棒は何を使っていたの?

218 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/03/22(火) 13:54:13 ID:8Bu3n4tK
216です>>214さんへ
輪回しの棒は 竹の棒を使っていた人が多いいようでしたね!
でも何でも良いんですよ。軽くって細めの棒ならすべてOKでした。
輪回しは今は、止めといたほうが良いでしょう。笑われちゃいますよ

219 :214:2005/03/22(火) 21:37:05 ID:ZmzMMrlA
>216さん、レスありがとう。
あの頃は原っぱや道路が遊び場でしたね。

今、ジッチャマが公園なんかでこの輪回ししたらね、
子供達は驚きそして尊敬されるかも?


220 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/03/23(水) 14:24:04 ID:N+KmLKpa
砂利道もすっかり姿を消してしまって、輪回し名人も腕の
見せ場を失いましたね。

221 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/03/23(水) 21:44:25 ID:LUK4xaBr
そうそう。思い出した。
あの頃砂利道でしたね。輪回しは砂利道が最適でしたか?

222 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/03/23(水) 22:39:07 ID:N+KmLKpa
田舎では殆どが砂利道でしたよ。
唯一の舗装路は旧日本軍の飛行場滑走路跡でした。
そこでローラースケートもよくやりましたね。
お粗末な原付バイクで練習してる人もいました。
たしかトーハツとかラビットとかが幅を効かせていた時代でした。


223 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/03/27(日) 23:07:01 ID:FMX6kD+N
竹を切り先を火であぶり曲げた竹スキーなども学校の行きかえり
遊びながら帰りました。

224 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/03/28(月) 15:51:50 ID:eBVC3Rxr
竹スキーでも本当に楽しかったですね。
ただし、エッジが無かったのでカーブは苦手でしたね。
ひたすら直滑降専門でしたね。

橇はりんご箱の下に竹を半割りにして取り付けただけでしたが
すべりは良かったですね。


225 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/03/28(月) 19:49:02 ID:rY89PwdH
あの時代何も無かったけどあるものをいろいろ考えながら遊んだね。
そんな事が想像力豊かにする。
今のように殺人なんて(たまにはあったけど)無かったし。今は毎日ですもの
ね。なんかほんのり、いい時代だったかも?



226 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/03/28(月) 21:50:11 ID:eBVC3Rxr
ブランコは木の枝に荒縄を結わえて、自分達で作りましたね。
荒縄が切れてよく落下しましたが怪我もせずに楽しんでました。
ターザンの真似事でもよく墜落しましたが、せいぜい脱臼くらいで
致命傷になることは全くありませんでした。
今の子供たちに比べて相当野性的でサバイバル能力が備わっていましたね。

227 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/03/28(月) 23:06:53 ID:cF5aVq5P
就職列車に乗りました

228 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/03/29(火) 21:06:55 ID:cPCtin3K
上野駅、井沢八郎のああ上野駅の時代ですね。

229 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/03/29(火) 22:37:06 ID:1StM6V/H
ああ上野駅を聴くたびに黒く煤けた上野駅の石炭の匂いが
そして雄雄しくてうら悲しいあの汽笛の音もよみがえります。
金ボタンの学生服で上京してきた少年が汗水を流して高度成長を
支え続けてついに世界第2の経済大国に押し上げたのですよね。

230 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/03/31(木) 01:47:52 ID:mka1mJrD
町の顔役が日常の正邪を決めていたころ

長いものに巻かれろ、いやなら長いものになれ



231 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/03/31(木) 11:31:14 ID:FIYHs86g
ゴマすりが下手で
なかなか長が付きにくかったのですが。
定年までには何とかしました。


232 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/03/31(木) 22:23:56 ID:9miT7n8S
>>231
おめでとうございました。良かったですね。

>>230
今でも町内会で顔役が大きな顔をしていますよ。

233 :名無しさん@お腹いっぱい。:昭和80/04/01(金) 20:52:25 ID:Rcy38DE3
231です。
>>232さん ありがとうございます。
お陰さまで長が付きましたが、仕事は楽しくなかったですね。
人事考課でいやな思いを重ねることになりましたから。
定年を迎えて、現在はすっかり開放感を味わっています。

234 :名無しさん@お腹いっぱい。:昭和80/04/01(金) 21:18:30 ID:3v7VskKl
ボケにように楽しみを持ってくださいね。

235 :名無しさん@お腹いっぱい。:昭和80年,2005/04/02(土) 22:05:39 ID:wFeQr31F
えっなんで4月1日から昭和80年なの?

236 :名無しさん@お腹いっぱい。:昭和80年,2005/04/02(土) 23:52:57 ID:YVRyHZn6
就職列車に乗った私も今では長」をしています。
この世の中は、結局は努力です。歯をくいしばって、どうか若い方々は
努力をして下さい。


237 :名無しさん@お腹いっぱい。:昭和80年,2005/04/04(月) 02:42:17 ID:Dx026PSF
昭和・・・・・いい響きじゃないですか。
出来る事ならこのまま続けて欲しいですね。

238 :名無しさん@お腹いっぱい。:昭和80年,2005/04/05(火) 00:52:36 ID:TiPZdJPL
昭和で表示してくれると
自分の年が数えやすくていいですね。

239 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/04/05(火) 11:22:11 ID:VYgb2JDw
年号も規制緩和で自由に使えるようにしてくれるとありがたいですね。
昭和生まれは死ぬまで昭和、大正生まれ、明治生まれもそれぞれにということに
すれば、分かりやすい。

240 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/04/06(水) 23:11:48 ID:R13txWOB
↑全ての元号をマスターするのは大変だな。

241 :山野さくら:2005/04/07(木) 18:59:49 ID:FLpxxSL4
みんななで「ああ上野エ駅」を歌おう!!
ああ上野駅物語2005 終戦 あれから60年コンサートが、5月1日、14時、18時半。2回公演で、井沢八郎・笹みどりさんを向かえコンサートが開催されます。
昨年も参加したけど、大変すばらしかった!
問い合わせ 03−3915−4621 NPO法人地球の鼓動


242 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/04/07(木) 23:26:15 ID:6pRfdPPw
笹みどり懐かしい
元気なんですか?

243 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/04/09(土) 00:25:23 ID:J6IKeZBT
♪三味と踊りは習いもするが〜
♪習わなくても女は泣ける〜

半年ほど前テレビで見たような気が。

244 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/04/12(火) 03:56:44 ID:gdbvkBAq
愛してます。 本当に皆さんがいとしいです。
同じ時代を共有した仲間。 

遊び友達のような気がします。
懐かしくも、いい時代だったですネエ。 胸キュンです。

245 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/04/13(水) 20:31:25 ID:v5HpHVq2
昭和27年中学3年生で初めて修学旅行で東京に行きました。泊まったところは
上野駅に近い団体専門の旅館でした。おのおの米を持参して食事を作ってもら
いましましたね。しかし上野駅の聚楽などでは普通にお金さえ出せば外食出来ました。
子供ながらどうなっているんだろうと疑問を感じました。
新幹線ができてから直接東京駅に着き、上野駅に行くのは落語を聞きたい時だけに
なってしまいました。上野駅のガード下の浮浪児(死語ですね)たちもおじいちゃんですね。

246 :245さんは60代:2005/04/14(木) 01:54:41 ID:47bl/c19
昭和27年1952年で既に15才だから1937年生まれで68才ですか…
板違いですけど、思い出がいっぱいですね。

247 :オラァサンタだ:2005/04/14(木) 21:11:27 ID:qB/HdiTd
緑の丘の赤い屋根・トンガリ帽子の時計台
鐘がなるなるめーめー子ヤギが鳴いてます
とーさんかーさんいないけど

248 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/04/15(金) 12:20:56 ID:TejWTMG2
鐘の鳴る丘をラジオで聴くのがのが何よりの楽しみでしたね。
思いっきり想像力を働かせて、赤い屋根に時計台のある情景を
描きながら・・・・・貧しくも心豊かな少年時代でした。

249 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/04/15(金) 13:47:52 ID:M4bza3o5
NHKラジオで「ヤン坊、ニン坊、トン坊」ってのが放送されていて、末っ子
のトン坊?の声を担当しているのが、一番年長の黒柳徹子さん・・・という紹
介記事がありましたねw

250 :赤とんぼ:2005/04/17(日) 17:04:02 ID:FCmK5KLu
ほんとあのころは貧しかったが皆元気に
遊んでた!夢があった。

251 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/04/17(日) 18:01:51 ID:+MyeY+XS
>>250
夢があったわりにはこういう事してたんだねw
http://kangaeru.s59.xrea.com/26.htm

252 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/04/17(日) 19:03:25 ID:Z2T8P+nJ
まだ小学生だったので、こんな事件のことは全く知らなかった。
平和でしたね。知らなくて良かった。

253 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/04/18(月) 17:01:02 ID:+xblrNs4
我々も思い出される時が来る。
下を見てください。

http://tear.maxs.jp/log05_oetsu5.html
の604から608

http://yasai.2ch.net/sake/kako/977/977201195.html
の566と172

254 :ななし:2005/04/18(月) 19:06:08 ID:oGBxCzqU
南から、南から、飛んでくるくる、わたりどり
懐かしいなオカッパル

255 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/04/20(水) 22:01:38 ID:LgxgPtMr
22年生まれよく母が「これこれ野田の案山子さん西へ行くのはこっちかえ」
なんて歌っていました。
あの頃良く歌われた歌って?



256 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/04/20(水) 22:58:47 ID:Q8GiuMxl
不思議な歌がありました。

♪コッコッコッコ・・コケッコー・・わたしぃーはミネソタのぉー卵売りぃーー



257 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/04/21(木) 00:06:23 ID:XHZMTsnS
↑続き
 
♪わたしは町中の人気者〜
 卵はうみたて いかがです〜

258 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/04/21(木) 00:47:45 ID:XHZMTsnS
×わたしは町中の人気者
○町中で一番の人気者〜 だったかな?

259 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/04/21(木) 22:33:37 ID:Tm77BGwx
三国人が大暴れw

260 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/04/21(木) 23:52:59 ID:qbVuVjqB
「岸壁の母」「星の流れに」 実に時代を映した名曲でした。
菊地章子さんの絶唱です。

ところで、なんで双葉あき子が「岸壁の母」を歌うんだ。
お涙頂戴のくどい歌い方が安っぽくてかなわん、ヘルスセンターででも歌っとけ。
名曲に対する侮辱だぞ。

ああ、あの歌が流れていた昭和20年代、ラーメンがご馳走でしたね。

261 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/04/22(金) 00:36:41 ID:LuK35muv
双葉あき子さんではなく 今歌っているのは二葉百合子さんですよ。

262 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/04/22(金) 09:27:22 ID:t5ijWP9a
「朝日」が立派に育てた中国「反日暴徒」
 「靖国参拝」も「教科書問題」も、

火付け役はアサピー(-@∀@)だった ←今まで反日を煽ってきた張本人
             ↑↑↑
http://www.shinchosha.co.jp/shukanshincho/


(-@∀@)売国無罪 
(-@∀@)売国無罪 
(-@∀@)売国無罪


263 :260:2005/04/22(金) 11:20:23 ID:fnkj/Y5l
>>261
すみません、あまりにも腹が立って、ミスしました。

私の経験からすると、辛い記憶ほど他人にはあからさまに話せるものではない
ですね。
ですから、あの二つの歌は菊地章子さんの歌い方しかないと思うんですよ。
歌手である以上商業性を無視は出来ず、菊池章子さんだって、その制約から逃
れることは出来ないことは、私も承知はしてますがね。

264 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/04/24(日) 21:03:25 ID:uWBxSMBU
20年代の人の思い出の歌は何ですか?

265 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/04/25(月) 23:11:34 ID:/BXZXZTB
>>260 >>263
なんで一人でいきりたってるのよ? 二葉百合子の歌だってよろしいじゃないか。
ツライ記憶と菊池の歌い方とどういう関連性があるのか全然理解できないよ。

>>264
敗戦後すぐ町中に流れた「リンゴの唄」、しばらくして笠置シズ子の「東京ブギウギ」
の強烈なリズムが流れました。

266 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/04/26(火) 19:58:43 ID:8XzCUm4z
春日八郎の歌、三橋美智也の歌とか{とんびがくるりと輪を書いた、ほいのほい」
なんて思い出しますね。

267 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/04/29(金) 19:53:55 ID:fbUX4VXI
なんかのんびりしてましたね。
でも子供の頃、人攫いとか、サーカスに売られちゃうとか本当に心配しました

お手玉、おはじき、毬つき・・暗くなるまで遊びました。

268 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/05/01(日) 21:11:36 ID:A30X92WI
昭和20年代つて、飢えていた時代ですね。
でも子供だった私は何故か、貧しくても幸せだった。
今のほうが幸せから遠い気がします。

269 :とうりすがり:2005/05/02(月) 17:55:09 ID:PPsV5tkD
昭和二十何年だったかある夏の夕暮れ都会の原っぱでトンボを取って遊んでいると
トンボの大群が飛んできて手でつかんだ思い出がある。
あのころは焼け野が原でいっぱい自然があり、俺たち子供は貧しかったが
元気に飛び跳ねていたな〜
楽しかった。

270 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/05/02(月) 18:08:09 ID:uViCBJnt
トンボ  自然  焼け野が原 貧しい  楽しかった

発想が貧困(童謡の歌詞かよ!!)

271 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/05/02(月) 18:38:29 ID:ZpYUUiw8
>>270
発想? 妄想ですかw
「思い出」なんだよ

272 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/05/02(月) 19:51:42 ID:cF+SbnhY
5歳くらいの頃
近所の悪たれガキは 上は10歳くらいから下は3・4歳ごちゃごちゃと
交じり合って遊んでたね
中にはオシの子や 女形の子(この子は踊りの先生になった 本物だった)
ちょっと オカシイおじちゃんも
近所のどぶさらいなんか手伝って小銭もらってた
偏見差別が あっても
みんな 折り合いをつけて暮らしてたような気がする

273 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/05/02(月) 20:45:45 ID:QRfe4O5X
リンゴの唄 東京ブギウギ サーカス 岸壁の母 星の流れに
笠置しず子 月がとっても青いから 徳川無声 ザリガニ
鐘の鳴る丘 君の名は ボンネットバス ミゼット 傷痍軍人
フラフープ ダッコちゃん 屑屋 再生便所紙 モクひろい
冒険王 雑誌の付録 カストリ雑誌 焼け野原 闇市 三国人
進駐軍 パンパン 原色スカーフ 量り売り化粧品 一升瓶
くず鉄 銅線 停電 街頭テレビ 力道山 シャープ兄弟
若乃花 栃錦 チロリン村とくるみの木 ジェスチャー にこいち長屋 
あけっぱなしの玄関 無施錠の玄関 缶けり 鬼ごっこ 十円はげ
輪っか廻し 赤とんぼ 子守り アオッパナ DDT ズック靴 半ズボン
ランニングシャツ 新聞紙の包み紙 経木のフネ 八百屋のザル 農耕牛 
七燐 未舗装路 トロリーバス 蒸気機関車 銭湯 野外映画 タンボ 小川
集団就職 若い根っこの会 歌声喫茶 だいはち車 エンジン付き自転車 
練り天花粉 ヘチマ水 肝油ドロップ どんぐり飴 駄菓子 ご近所相互助け合い
米穀手帳 配給米 路面電車 貧乏 お下がりの服 大学帽 白いブラウス
メリヤス 徳用マッチ 富山の薬うり 野菜、魚の行商人 豆腐屋のラッパ
紙芝居 米持参の修学旅行 帝銀事件 国鉄総裁轢死事件 国鉄脱線事故
木犀号墜落 東京オリンピック 新幹線開通 名神高速道路開通・・・・・・
・・・・・・

昭和20年代〜
適当に組み合わせたら今日からあなたも見事に50代以上になれるかも・・・・ナンチャッテ

274 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/05/03(火) 02:34:37 ID:QteYENBc
吉展ちゃん事件、狭山事件 「トニー谷」子息誘拐事件、美空ひばり硫酸かけられ事件
ギブミーチョコレート、MP、GHQ、売血、尋ね人の時間、君の名は、ピカドン
アプレゲール、ミステーク、和文タイプライター、ガリ板、デュプロ、青焼きコピー
文化住宅、ルンペン ヒロポン、闇市、傷痍軍人、ポニーテール、エリザベスサンダーホーム
、天国に結ぶ恋、造船疑獄、公職追放、樺美智子さん事件 ジラード事件 木炭車
もはや戦後ではない、星の流れに、岸壁の母、パーマネント、アジャパー、
小学校の給食始まる、湯川秀樹、ニコヨン、森永砒素ミルク事件、水俣病、アメリカザリガニ
二十四の瞳、自転車の三角乗り、三角ベース、ふじやまのとびうお、磁石のついた水筒、
スマートボール、手打ちのパチンコ、オール15 チューリップ、3本立てのエロ映画、
肝心のとこ見せないストリップ、太平洋一人ぽっち、東洋の魔女、アベベ  
円谷幸吉、依田郁子、青函連絡線沈没、小西得郎 なんと申しましょうかねぇ、
嵐寛、月光仮面、赤銅鈴之助、少年画報、ぼくら 漫画少年、アルサロ、ピンサロ。
ヒルサロ、キャバレー トルコ、トリスバー パンマ ステッキガール
大毎オリオンズ、レッドパージ 赤尾敏? ビキニ環礁水爆実験、久保山愛吉さん


みんな覚えてる〜? 


275 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/05/03(火) 04:29:58 ID:uieePH/+
昭和30年生の若造です。この板、大変な時代のわりにマタ〜リしてて好きです。
最近、なんか世の中ますますギスギスしてません?

276 :君の名は:2005/05/03(火) 21:54:31 ID:qe9WbUix
某TV局で、かの有名なドラマの完全リメーク版連続TVドラマを計画中とか。
時代背景は原作のまま。
テーマ曲もそのまま使うとか。

主演俳優、春樹と真知子、とテーマ曲の歌手に決め手がいないとか。
主演は若手を起用したいそうです。

誰がいいと思う? もちろん女優は真知子巻きがピッタリ似合う人。男優はイケメン。


277 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/05/07(土) 23:54:25 ID:YQi0rPxN
20年代時間がゆったり流れてましたね。
今早すぎる・・電化製品の変化の早さもついていけない。
6ヶ月で過去のもの?


278 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/05/08(日) 08:45:04 ID:aDn3lpXJ
20年代は空腹との戦い。毎日のように鮒釣りに行きこれが蛋白質の補給になった。
秋は田んぼでイナゴをとった。時々他人の畑からアスパラガスを失敬した。

279 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/05/11(水) 11:36:33 ID:cemsw4bW
昭和21年4月 給料  45円76銭
昭和22年4月 給料 678円10銭
昭和23年4月 給料1292円 6銭
昭和24年4月 給料3540円

280 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/05/12(木) 00:43:50 ID:m/o5Mcub
一年でずいぶん昇給したのですね。
やはり経済が安定してなかったのでしょうか?

281 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/05/16(月) 00:10:47 ID:/QmIF3PF
皆さん良く覚えてますね。
ああそんな事あったと思いだす。

282 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/05/18(水) 22:33:32 ID:Li4B7Otb
20年代もう遠くなりにけりですね。

283 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/05/23(月) 11:04:05 ID:VJz5gwLG
戦後間もなく大学生だった長兄に連れられて野球を観に行ったことを思い出す。
神宮だったか後楽園だったかは定かではないが、広場には焼け爛れたバスが
ポツンと一台。野球の方は憶えていないが、何故か索漠とした風景だけが
心に焼き付けられた。

284 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/05/24(火) 16:15:33 ID:9xvDwXYs
>>279,280
戦後間もなくは、新円切替えなんかあってものすごいインフレだったからね、
今日と明日じゃ値段が違う。金は紙切れ、物でとっておこうって。

旧十円札に切手みたいな印紙貼って使ったの覚えてる?
貼ってないと使えない(w。


285 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/05/25(水) 15:28:31 ID:xFaXYIZa
北朝鮮の風景が時々テレビで出るねー。
懐かしいなー、あれ見るたびに思い出す。

地村さんの息子が言ったそうだな。
「どーうして、田植えしているのに人がいないんだ」と
丁度帰国1年だそうな。

北朝鮮の一つだけいいと思うのは、ちゃんと育てゝいると言うこと。
もっとも30、40歳位になると、筋金入りの将軍様 崇拝者になるけど。
昨日もやっていたよ。なんだろう朝鮮総連とかは。わからねえー。


286 :とうりすがり:2005/05/28(土) 10:21:44 ID:1IQxjbV7
サマータイムで夜の8時ごろまで外が明るかったからよく遊んだな〜


287 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/05/28(土) 21:45:29 ID:27gwcqsS
昔は良く外で遊びましたね。今は学校の庭も閉鎖・・遊ぶところもなくて
かわいそうですね。危険がいっぱい・・それも・・一番怖いのが人間です。

288 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/05/29(日) 21:08:12 ID:Dh7uEizn
今日もニュースで、子供が刺されたと。夜遅くまで遊んでいたあの頃は
幸せだったな〜

289 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/05/30(月) 05:34:28 ID:v4cc1QmR
でも、昔も変な人が居たよ。
子供がいるとかならず寄って来て変な目で見る奴。

夕食のとき「人さらい」が来るから気をつけろ、と言われたものだ。
オレの村に居たナー、変な男 − それがある日急に居なくなった。
親族が殺したんだと言う噂があった。

290 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/05/31(火) 20:10:58 ID:TkUY0KVR
昔変な人いたけど、今のように毎日殺人事件なんて無かった。
今猟奇てきな殺人事件多いです。
私も小さい頃「人攫いが来る」といわれてましたがそれは親が
言うこと聞かせようと脅かしていたような??気がします。

291 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/06/01(水) 07:01:52 ID:KtuTwS49
1人殺したら無期。
2人以上殺したら死刑。おかしいよ。

292 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/06/01(水) 11:29:21 ID:Q6utpZvx
昭和20年代 ってーと消防だったナア
ええとこのボンボンだったから 紐爺とか感じたことなかった
近所のアパートにスカルノの親戚というのが居て
刑事が24時間張ってた 一日中付き合ったわけではないが


293 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/06/01(水) 22:00:14 ID:kbyjF8kW
死刑が怖いし・・犯罪も少なかったのでは?
人殺しは死刑!  
そう思います。

294 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/06/02(木) 10:43:52 ID:8d5DDYRw
自転車漕いでいた時子供にぶつかりそうになり、あわてて転んだ拍子に
運転していた人が縁石に頭をぶつけてアノ世に行きました
その子供は殺人者でつか

295 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/06/02(木) 19:21:48 ID:NyLy7a/N
自転車漕いでいた時子供にぶつかりそうになり
あわてて転んだ拍子に
その子供がショックで身罷りました
その年寄りは殺人者でつか


296 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/06/02(木) 20:23:45 ID:dUlKwPQf
幼い頃の最も古い記憶は母の膝の上で

「島倉千代子ショー」を見た2歳半のものです。

母が歌を聞きながら涙ぐんでいた事を覚えています。

297 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/06/03(金) 00:26:16 ID:cURshZY/
↑30年代でしょ、ここは20年代

298 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/06/03(金) 00:40:06 ID:J09whHHM
殺人。過失の殺人とは違うと思う。
でも、1人、2人とは関係なく。悪意の殺人はやはり、いけないのでは
今、人を殺すこと甘く見ています。

299 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/06/03(金) 06:30:23 ID:OLUhU0U8
「リンゴの唄」以外に昭和20年の流行り歌って何がありましたか?
軍歌は別儀ぢゃぞゑ。

300 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/06/03(金) 07:18:57 ID:5Dy9nqkm
いつも庭を荒らす犬がいて、今日もやってきました
棒で追い払おうとしたら 突然噛み付かれました
頚動脈だったので、あっけなく その人はあの世のものとなりました
その犬は「殺人」に該当しますか
つかまったら 死刑ですか

301 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/06/03(金) 08:03:51 ID:Zm0XnvNY
遺体写真うp、放尿、放射性物質垂れ流しのアフォ医師祭り。

http://news19.2ch.net/test/read.cgi/news/1117746626/l50



302 :23年生まれ:2005/06/03(金) 09:42:40 ID:P4YD7YOz
幼いころ、熱海から新宿下落合の祖父母の家に
連れられていくとまず感じるのは、石炭の煙の匂いでした。
東京の、殆んどの自宅の風呂は、石炭燃料だったのでは。
熱海では、石炭なぞ使わず山からの雑木をマキ割りして
燃やしていたので、東京の石炭の匂いは都会の匂いと思いました。
おばあさんが、空襲の時は焼夷弾の燃え残りを拾って、風呂を
沸かすのに使ったと良く話していました。そのころ、その焼夷弾って
何だろう。きっとよほど良いものだろ。熱海にもあったらなーと
思っていました。

回りの家々でも、空襲で焼け残りの屋敷も累々とありました。

303 :22年生まれ:2005/06/03(金) 15:16:18 ID:a9D0/R4e
信州。小学校へ行く前に近くの河原へ流木拾い。燃料にする為。
春は山菜取り、夏から秋は蝗狩り・茸狩り。全て自宅用。
木炭バスからガソリンバスへの切り替え時だったが、貨物輸送は馬車が多かった。
父親は戦前からの大企業の地方工場に通っていたが、弁当は飯盒の中に茹でたジャガイモ。

ただ戦争の跡は全然見えなかった。

304 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/06/03(金) 16:56:05 ID:nZAdgl6J
>>299
昭和20年と言っても、戦中7ヶ月半、戦後4ヶ月半だからな、
前半は軍歌が殆ど。戦後は歌作りどころじゃなかったから、殆どない。
出始めたのは翌21年からだね。
「りんごの歌」だって映画は10月だったがレコード発売は21年じゃないかと思われ。
21年ならイパーイあるよ。
東京の花売り娘、青春のパラダイス(岡晴夫)、かえり船(田端義夫)、
愛のスイング(池真理子)、悲しき竹笛(奈良光枝)、等など。

305 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/06/03(金) 22:33:23 ID:7Jigta5M
何か変なのが一匹か二匹入りこんでるな。

306 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/06/04(土) 06:59:17 ID:2ZmGlme+
人ころしは死刑

現在の医療科学では回復の見込み無き植物人間
最愛の妻だとしたら・・・

307 :23年生まれ:2005/06/04(土) 11:45:33 ID:i7LuXlBK
海のそばで育ちました。今の様にスーパーに行けば
なんでも売っていて、またなんでも買える時代ではありません。
子供とて、季節季節の食べ物を採取し、家族の食卓に乗せました。
春には、ワカメ。へその辺まで海水に浸かりクワでかき集め、
日に干して保存しました。
初夏には、とこぶし取りです。大潮の時やはりヘソまで海水に
浸かり、水中メガネでゴロタ石を探し、それをひっくり返し
石の裏についている、とこぶしを拾い集めました。唇が紫色になりました。
夏は、さざえ、あわび、イセエビ、真タコ、渡りカニ、ヒジキです。
2月の寒い日に、岩場でのハバ海苔採りはこたえました。
江戸海苔のように上品でなく、ごわごわしています。
さすが30センチくらいのイセエビを持って変えると
父に頭をなでられました。味噌汁のだしにしてすすりました。
釣りも良くしました。山から調達した細い竹竿に道糸と針だけです。
夏はキス、イサキ、カサゴ、アジ、イワシ、ソウダカツオ、アオリイカ
ワカシ、イナダ、ワラサ、カンパチぐらいでした。
秋から冬は、アカイカ、するめいか、ヤリイカ、アマダイ、ホウボウ。
イカなぞは、安く食べるために生で食べました。
山でも調達させられました。秋が多かったです。
アケビ、ウベ、山栗、柿、みかんでした。
みかんなぞあまり食べ過ぎて下痢をおこしたくらいです。
父からマツタケを採ってこいと言われ、探しましたが
シイタケ、キクラゲ、ナメコばかりで、今でもすまなかったと思っています。
春のワラビ、ぜんまい、ノビル、サワガニ採りはらくで楽しかったです。
野菜なども自家で調達していました。
あのころはこんな貧しい食生活をしなければなりませんでした。

308 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/06/04(土) 12:24:46 ID:Uf/ljVQC
テレクラ機能つきサイト☆女の子は無料☆H画像もみれちゃうよ☆優良サイトで有名だから一度のぞいてみて損はないよ♪私もちゃっかり電話してます(´∀`)ノ気に入った相手のH画像みるとやけに興奮するよ‥
http://www.happymail.co.jp/?af1357514

309 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/06/04(土) 15:49:09 ID:CNASaTMn
昭和30年(1955)生まれですが話題になんとかついていけます。それは
昭和40年頃までは時代の変化がゆるやかだったからでしょうね。当時の流行歌
もだいたいわかります。ただ好みとしては私は昭和初期の「アラビアの唄」
「君恋し」「道頓堀行進曲」などが好きなのですが。昭和20年代は戦前からの
大家といわれる文学者や芸術家や芸人諸氏がまだまだ元気に活躍していた
そういう意味では良い時代ですね。小林秀雄、吉川英治、桂文楽、宇野浩二、
中野好夫、小津安二郎、まだまだ書ききれないほどの方がこの頃の
の日本にはいたぼですね。今は文化人と言える人が少なくなりましたね。


310 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/06/04(土) 17:11:12 ID:W3rokPUr
昔は時がゆっくり流れた・・生活が今のようにくるくる変わらなかった
歌ものんびりしていましたね。
私の学校ですが秋、ぼや拾いがありました。石炭ストーブの種火ようです
背負子背負い、縄を持ち一人二束くらい・・でも授業もしないで
ぼや拾い楽しかった。あれは落葉松の落ちたのでした。
ストーブの周りにお弁当ぶる下げて、さめないようにしていたのも
思いだします。

311 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/06/05(日) 10:53:49 ID:84JWaHHg
ポン煎餅買ってくれ

312 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/06/05(日) 12:26:49 ID:KkHwZzgD
てかポンセンベイ焼き業、繁盛してたな、
米、うどん粉なんかと、焼き代持ってって焼いてもらった。
最初の頃はぐるぐる回すハンドル式だったが、其の後井戸のような棒状のてこが主流になった。


313 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/06/05(日) 19:48:30 ID:/c4N4rjJ
「酋長の娘」の歌詞は?
子供の頃よく聞いた「私のラヴァーさ〜ん♪酋長の娘〜♪・・・」
という歌の正式な題名と歌詞を教えて下さい。
最近はトンと聞かなくなってしまいました。
たしか、「色は黒いが南洋ぢゃ美人〜♪踊り、踊れ。踊らぬ者にゃ〜・・・♪」
と続いていた様に思いますが・・・

314 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/06/05(日) 23:15:37 ID:G2Fd7kXJ
ぼや拾い・・したした・・!そんな時代だった!

315 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/06/06(月) 08:22:14 ID:J8luL224
アンタの給食はこっぺパンでしたか
田舎だからお弁当かしら

316 :???:2005/06/06(月) 20:51:08 ID:WPEj4/kV
>313
著作権の関係で歌詞を全部掲載するのは
非営利であってもJASRACが乗り込んでガタガタ荒らし回るので
ここでは避けたいのです。
けんりを行使できない弱い権利者を代弁せず、
権利を主張して金を巻き上げるゴロツキ集団のJASRACは「公認暴力団」と同じだ

317 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/06/06(月) 21:55:29 ID:rgB+wlNs
私の給食こっぺパン。でしたが中学校はお弁当でした。
新聞紙で隠しながら食べました。たまに買うパン、美味しかった。

318 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/06/06(月) 21:58:18 ID:hoVIuCPm
>>313
昭和24年生まれですが、

そのまま、「酋長の娘」でよかったかと。
♪赤道直下のマーシャル群島〜

子供の頃、歌って母親によく叱られた。

319 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/06/06(月) 23:58:59 ID:u85qED81
「酋長の娘」の歌詞の続きを教えて下さい。
JASRACが乗り込んで来ても無視致しましょうゾ。

320 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/06/07(火) 00:45:19 ID:0Vc3aBJ5
私のラバさん 酋長の娘 色は黒いが 南洋じゃ美人
赤道直下 マーシャル群島 ヤシの木陰で テクテク踊る
踊れ踊れ どぶろくのんで 明日は嬉しい 首の祭り


321 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/06/07(火) 06:51:34 ID:iPinjoKE
踊れ踊れ 踊らぬものに 誰がお嫁に 行くものか
昨日浜で見た 酋長の娘 今日はバナナの 木陰で眠る


322 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/06/07(火) 08:14:10 ID:ughL5f1j
はのはの薬が好いな

323 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/06/07(火) 09:05:08 ID:nOTdQgkS
この間若いヤシが(といっても30代だが)
「ハノハのくすり〜」と歌いながら歩いていた、びっくりした。


324 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/06/07(火) 09:14:04 ID:nOTdQgkS
わっはっは、わっはっは、わっはっは〜のはのはのは、
笑って暮らせば世の中は、
わっはっは〜のはのはで楽しいな、
今年も来ました「はのはのくすり」
ロッパだったっけ、うろ覚えで間違ってたら直してくれ。



325 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/06/08(水) 08:39:53 ID:g9nT8dh5
笛吹童子ってこのころでしたっけ

326 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/06/08(水) 12:56:21 ID:7Scpjf59
「昔から笑うかどにはラッキー・カムカム〜♪」
  これは笠置シヅ子の歌(題名は忘れた)

327 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/06/08(水) 12:58:57 ID:7Scpjf59
「暁テル子」って芸名の唄歌い、
 ここ最近トンート見ないけど、死んだのか?

328 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/06/09(木) 06:41:43 ID:Gixi0ws8
>>326
ヘイヘイブギ

329 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/06/09(木) 06:44:00 ID:Gixi0ws8
生きてても、人前に出られないだろう、いくつだと思ってんだ。

330 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/06/09(木) 06:46:23 ID:Gixi0ws8
ミネソタの玉子売りだよな、テル子。

331 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/06/09(木) 06:56:28 ID:Gixi0ws8
Come, come everybody.
How do you do, and how are you ?
Won’t you have some candy,
One and two and three, four, five
Let’s all sing a happy song
Sing   trala la la   la.

Good-by, everybody,
Good night until tomorrow.
Monday,Tuesday,Wednesday,Thursday, Friday, Saturday, Sunday.
Let’s all come and meet again
Singing  trala la la.  la


332 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/06/09(木) 07:07:12 ID:hHfUbVK6
暁テル子って云えば、「東京シューシャイン・ボーイ」
が懐かしい。宮城の「ガード下の靴磨き」よりも好きだったナ。
よく靴磨きに磨かせながら口ずさんだものぢゃて。
「リオのポポ売り娘」とかもあったナア。

333 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/06/09(木) 08:34:55 ID:uM8MbEBk
二宮尊徳の歌を父が口ずさんでいたのですが 知ってる人いたら
ヨロピク

334 :昭和23年生まれ:2005/06/09(木) 09:22:06 ID:yyKMwpBM
小学校の時、廊下で「バナナボート」の唄を
思いっきり大きな声で唄いました。
♪ デーオ イデデエーオ コンミソ タリマン 
マンコ オホー♪

先生がすっ飛んで来て、頭をひっぱたかれました。
なぜひっぱたかれたのか、未だに謎なのです。


335 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/06/09(木) 09:34:01 ID:hHfUbVK6
「スウィングの女王」と云えば、池眞理子ですが、
『バッテンボー』(「ボタンとリボン」?)と
『愛のスイング』の他には、どんな唄が印象的でした?

336 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/06/09(木) 11:26:43 ID:9CZ1xdfC
いででおウウウウウ

337 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/06/09(木) 18:44:41 ID:AOQ5qtcw
リアルタイムで20年代を知らないので間違っているかもしれないが、戦後
公開された映画で「卵と私」というのがある。若くして農村で暮らすように
なった主婦が苦労しながら養鶏などをする話らしい。ベティ・マクドナルド
の実話を映画化したもので、主演は大女優のクローデット・コルベール。
もしょかしたらこれに触発されて「ミネソタの卵売り」が作られたのでは
と想像してみる。
平野愛子「港の見える丘」「君待てども」灰田勝彦「東京の屋根の下」
 映画では「銀座かんかん娘」「野良犬」「お嬢さん乾杯」
 作家では江戸川乱歩、坂口安吾、女優では原節子、津島恵子、などが20
 年代というと思い浮かぶ。
 

338 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/06/09(木) 18:54:17 ID:tAbJaNhu
>>334
「今月ア足りない、借りねばならぬ♪」って歌ってたよ、都区内。
(コンミスタ タリマン タリニバナーナ)


339 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/06/09(木) 19:01:29 ID:tAbJaNhu
平野愛子「港の見える丘」「君待てども」灰田勝彦「東京の屋根の下」
全部漏れのカラオケ持ち歌。愛子の歌はキー変えるけどね。
ハイカツは昔、一緒に仕事してたから全部おK。
バタビヤ‥だけはNG。

340 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/06/10(金) 07:14:51 ID:7rKVbX7X
上海帰りのリル
当時は 意味が解らなかった
今でも 充分理解したとは思えないのが 残念

341 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/06/10(金) 09:14:36 ID:2PoitqGp
「上海帰りのリル」「風の噂のリル」映画が二つ出来た。
津村謙も出演、歌っているが・・・テレビがない時代は顔やルックスは
どうでもよかったんだなあ、という印象。
 
この歌は「リ〜ル〜、リ〜ル〜」のところが苦しい。一度下げてる。


342 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/06/10(金) 10:37:37 ID:xgBPy5Xu
>>333
二宮金次郎・・・懐かしいね小学校校庭に銅像が建っていた、歌は少し覚えています

芝刈り縄綯い草鞋をつくり 親の手を助けおとと(弟)を世話し
兄弟仲良く孝行を尽くす 手本は二宮金次郎

今でも厚木小田原道路を走って、二宮を通過するときこの歌を思い出す
二番以下は忘れました



343 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/06/10(金) 11:20:52 ID:7aW+Xavk
チョット話題は変わるけど、
「ウッカリ夫人とチャッカリ夫人」という番組は
皆さん誰しも憶えておいでで御座居ましょう?
だけど宝塚少女歌劇の出の二人、
淡島千景とヨッたん(久慈あさみ)のうち
どちらがウッカリ夫人で、どっちがチャッカリ夫人の役
だったのでしょうか?
御存じの方が居らしたら、教えて下さい!

344 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/06/10(金) 11:39:27 ID:cqVeR1dx
343
アント 涙がこぼれました
歳とって涙腺ユルユル ン

345 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/06/10(金) 13:02:12 ID:cqVeR1dx

342の間違い スマ祖
年取って2と3よみちがえてもた

346 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/06/10(金) 17:49:56 ID:Yc7TgCDx
>>343
二人のキャラクター、ようく考えれば分かる。
ウッカリ久慈、チャッカリ淡島

347 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/06/10(金) 17:54:02 ID:Yc7TgCDx
>>342
運動場にいた時、突如艦載機来襲。
とっさに金次郎の陰に隠れたぞおおおおおおおお。


348 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/06/10(金) 21:58:02 ID:yjtC5YFW
私19年生まれですが
二宮金次郎のうた明治生まれの母から聞いたことが
あります。今は亡き母ですがもっといろいろな事
聞いておけば良かったと思います。

349 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/06/11(土) 13:00:16 ID:dWQiMbbt
子供の頃、「ツーツー♪、レロレロ、ツーレーロー♪」
という唄を歌っている大人たちを見かけました。
あれは何かの唄の一節なのでしょうか?

350 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/06/11(土) 13:42:43 ID:w4Vj5x7N
YES
つーつーれろれろつーれーろ
つーれーられとれつれとれしゃん
つれらーとれしゃんらんらん


351 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/06/11(土) 14:53:28 ID:dWQiMbbt
して、この曲の題名は何と申しますぞ?

352 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/06/11(土) 15:53:54 ID:IRM792Fk
シャンランぶし byみち奴

353 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/06/11(土) 17:07:27 ID:wzpw9Jbv
クダラン節 byびちやっとこ

354 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/06/11(土) 17:16:09 ID:dWQiMbbt
美ち奴って、たしか「うちの女房にゃ髭がある」を
杉狂児と掛け合いで歌った浅草芸者だったっけ?

355 :昔の人:2005/06/11(土) 18:55:09 ID:hwnNtLIL
>>349,350
補足

つーつーれろれろ つーれーろ
つれられとれ つれとれしゃん
つれられとれ しゃんらんらん

う〜ち〜の〜かあちゃーん せんた〜く〜すきよー
よ〜る〜の〜よなか〜に〜 さおさ〜がし さおさがし♪

つーつーれろれろ つーれーろ
つれられとれ つれとれしゃん
つれられとれ しゃんらんらん

う〜ち〜の〜とおちゃーん きつね〜か〜 むじな〜
よ〜る〜の〜よなか〜に〜 あなさ〜がし あなさがし♪

まあ、「ひとつでたほいの よさほいのほい」同様、
飲んだとき、みんなで唄う唄だな。

356 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/06/11(土) 19:28:59 ID:dWQiMbbt
女の唄歌ひで想ひ出したれど、
「赤い靴のタンゴ」などを歌ふて居た奈良光枝も
近年ほとんど見かけなくなったが、息災にして居るのであらうか?


357 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/06/11(土) 21:06:19 ID:Jde49hus
今日も暮れ行く異国の丘に・・異国の丘・・こんな歌もありました。
まだ終戦のこんな時代に私は生まれました。
親はどんなふうにして食べさせていたのだろう?感謝です。
何も無くても、美味しかった。私もなかカレーを思い出します。

358 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/06/12(日) 02:00:03 ID:KUymQYlm
子供の頃よく聞いた、NHKの素人のど自慢の定番。

異国の丘、黒バラの歌、イヨマンテの夜。


359 :昔の人:2005/06/12(日) 04:20:56 ID:rnVrEKw4
>>356
光枝タン、30年ほど前に亡くなられました。
>>358
黒バラの歌?誰の唄ですか、
織井ちゃんの「黒百合の歌」なら知ってるけど‥。

360 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/06/12(日) 10:56:27 ID:dYJgydlj
戦前からの唄歌いで現今も活躍ないし存命して居るのは、
双葉アキ子ぐらいのものでしょうか?(メイ子ちゃんの様な子役は別儀ぢゃ)
「夜のプラットフォーム」や「水色のワルツ」など懐かしい曲が
沢山あるというのに、当節は余りお目に懸からなくなってしまったは残念な限り。
男性歌手に至っては、おそらく全滅状態でしょうナ。

361 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/06/12(日) 17:26:21 ID:dYJgydlj
訂正ぢゃ。
戦前からの女唄歌いでは、李香蘭が存命して居りました。
しかし、「夜来香」も随分と久しく聞いては居りませぬノウ。

362 :昔の人:2005/06/12(日) 17:54:51 ID:qXoHLoA0
二葉あき子(本人に失礼、ちゃんと書いてください)
もう90歳、たま〜にテレビで見たが、もう声は出ない、音程はめちゃ。
時間の問題だな。
李香蘭も85、あの絹のような声は?恥さらしはやらんじゃろう。
久保幸江の「ヤットン節」聞きたいなあ、パチンコ屋でよく流れていた。
男では田端義夫、岡本敦郎が健在。
少し後では青木光一「おふくろも〜お〜やじも、み〜んな達者だぜ〜」



363 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/06/12(日) 17:59:50 ID:dYJgydlj
久保幸江は若いから、「トンコ節」は、まだ歌えるであろうに。
特需景気の頃によく流行りましたのう。
「上も行く行く、下も行く。上も泣く、泣く、下でも泣くよ♪」
て歌詞が好きぢゃった。

364 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/06/13(月) 11:46:53 ID:t1BGpDAR
緑の丘の赤い屋根とんがり帽子の・・・
こーいった歌がイイナー
白粉くさいのはもう秋田

365 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/06/13(月) 11:47:25 ID:8t6nYQg6
締め切り迫る!みんな早く書き込もう!

http://www.nhk.or.jp/bsdebate/

366 :昭和30年生まれ:2005/06/13(月) 15:09:28 ID:rF5KamsF
昔から戦前戦中戦後の流行歌が好きだったのだが、最近は昭和40年代の
歌謡曲も好きになってきた。昭和30年生まれの私にとっては小学校在籍
時代の曲なのだが。昭和20年代ということになると美空ひばりの「東京
キッド」、それから「山小屋の灯火」「誰か夢なき」「イヨマンテの夜」
「365夜」「連絡線の歌」「君の名は」などが好きである。ただ、どちらかと
いうと戦前の曲の方に惹かれてしまう。20年代の外国曲では
ドリス・デイ「アゲイン」ナット・キング・コール「トゥ・ヤング」
ハンク・ウィリアムス「ジャンバラヤ」(カーペンターズがカヴァーした)
シャルル・トレネ「ラ・メール」などがお好みであります。
奈良光枝さんは私の親戚のすぐご近所の方で、私は直接お会いしていないが
母やおばの話では、おどろくほどの美人でかつまた上品な方だったそうだ。

367 :昔の人:2005/06/13(月) 18:53:52 ID:NIRPtvKa
>>365
スレ違い、ほっとけ。
>>366
そうね、細身の美人、二葉あき子とは対照的。
「美人薄命」ね、皮下脂肪多い女性は長生きね。
ドリス・デイもいいけど、パティ・ペイジも聞いてくださいね。


368 :昭和30年生まれ:2005/06/13(月) 21:30:31 ID:rF5KamsF
パティ・ペイジもジョー・スタッフォードも、ダイナ・ショアもジュディー・
ガーランドもディアナ・ダービンもミルドレット・ベイリーも、ビング・
クロスビーもヴィック・ダモンもアル・ジョルスンもアンドリュース・
シスターズもヘレン・ウォードもみんな好きですよ。このあたりになると
スレ違いになりそうなので、このあたりで止めておきますけど、小生
もともと戦前戦後のジャズ・ポップス派でして、なにしろ昭和46年
高1の時に初めて買ったレコードが1930年代のカウント・ベイシー
楽団ですから。昭和20年代というとナンシー梅木も好きですね。

369 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/06/13(月) 22:51:31 ID:urMOh/B5
松竹少女歌劇のターキーも存命中でした。
小夜福子が早く亡くなったので、つい失念して居った。
ちなみに、ディアナ・ダービンで想い出すのは、
『オーケストラの少女』とかいう活動だけど、
その後、彼女はジュディー・ガーランドの陰に隠れて
どこへ行ってしまったのでせうか?
皆目、消息を聞きませぬが、息災であらば何よりぢゃて。

370 :昭和30年生まれ:2005/06/14(火) 00:11:08 ID:vogRWdXF
ディアナ・ダービンは若い内に引退して、パリで悠々自適の生活をしている
というのを聞いたことがあります。

371 :昔の人:2005/06/14(火) 03:08:08 ID:RlaKi4qK
30年生まれでベイシーとは頼もしい(w
『オーケストラの少女』はビデオ持ってますよ。息災はちょっとね。
私、宝塚(アーニーパイル)出身なもんで松竹は詳しくありません、東宝なら。
春日野八千代、淀かほる、寿美花代、浜木綿子の頃から分かります。でも、小月、水之江ぐらいは
分かります(w

>>368
年代もピッたし、こちらにもドゾー。57ボクでつ。
ttp://bubble3.2ch.net/test/read.cgi/cafe50/1114442442/l50

372 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/06/14(火) 06:51:27 ID:mAwiwKTT
宝塚少女歌劇のメムバアで懐かしいと云へば、天津をとめ、
新しいところでは、葦原邦子や初音礼子、千石規子
といったところでせうか。
皆さんも大略、似たようなものでせう?

373 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/06/14(火) 07:02:25 ID:XwUSPqr6
笛吹童子とか赤胴鈴之助とか登場せんのかい
白粉臭いのはゴメンダヨ

374 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/06/14(火) 11:04:48 ID:oZ+deAxs
>白粉臭いのは

東映時代劇の白粉べったりの東千代の介、伏見仙太郎等々を
思い出してしまった。

375 :昭和30年生まれ:2005/06/14(火) 18:58:21 ID:vogRWdXF
だいたい私は子どもの頃から両親につきあってテレビの洋画を見ていたのです。
昭和30年代から40年代初頭のテレビの洋画ですから古いものに決まって
いるのですよ。今のように、つい先ごろ公開された映画が放送されるような
時代ではなかったですからね。そして幼い私はそれらが古い映画だという
ことを知らなかったのです。「幽霊西へ行く」「オーケストラの少女」
ゲーリー・クーパー、ダニー・ケイ、ボブ・ホープ、これらの人や
作品は古いと知らずにインプットされたのです。最初から古いものだ
と知っていたら興味が持てなかったかもしれません。
そういうこともあって私は時代感覚が欠落したまま成長したのです。
夏目漱石、谷崎潤一郎、長谷川一夫、ビング・クロスビー、
ロナルド・コールマン、榎本健一、服部良一、桂文楽、三笑亭可楽
こういう人たちと同時代人を同じラインで認識するようになって
しまいました。昭和15年と言われても、そんなに古くないやんか
という感じですね。江戸時代だってつい先日っていう感覚ですね。
歴史学者にも僕のような人がいるということを聞いたことが
ありますかけどね。私はいちおう学問に従事していますが歴史関係
ではありません。が、僕のようなタイプは歴史学者にいそうですね。

376 :昔の人:2005/06/14(火) 20:24:31 ID:fzXkiTi/
現在時間昨日と今日、BS2で片っ端からやってるよ懐かしミュージカル。
「ザッツ・エンターテインメント」。


377 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/06/15(水) 08:45:52 ID:xaRLjlfh
375
小出しにしろ
誰も読まないよ

378 :昔の人:2005/06/15(水) 09:33:28 ID:fbc2vKSd
小出しに・・・・・・アボット・コステロ

379 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/06/16(木) 07:11:42 ID:8h1tZKWz
戦後、最初に観た活動は何だった?
自らの場合は、グリア・ガースン主演の
「キュリー夫人」であったぞゑ。

380 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/06/16(木) 07:12:50 ID:RKgeG1KH
378
バツド・アボット ルー・コステロのことかい
あのころは3本立て55円だったなーー
イカン 思い出しちまった
ボブ・ホープの長い鼻

381 :昔の人:2005/06/16(木) 10:26:50 ID:LeBbtzCD
凸凹空中の巻は3回見ちゃった、
娯楽に飢えてたからな当時は、これじゃ負けるの当然だとオモタな。



382 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/06/16(木) 11:09:51 ID:BsfB1ycG
なに言ってんの?頭大丈夫か?w

383 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/06/16(木) 11:28:12 ID:OaxBZdEm
381
成城だよ
382
何一点の 身体ダイジョービかいな

384 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/06/16(木) 11:36:08 ID:LeBbtzCD
身体ダイジョービだけど、CGはガキだから知らないだけ。
EMは成城。

385 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/06/16(木) 12:27:51 ID:fhX4vabZ
アント
寝る

386 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/06/17(金) 07:07:02 ID:ZY8keyae
オーイ 起きたかい
電話番号教えれば起こしてあげますよ

387 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/06/18(土) 21:36:49 ID:qtiT+rWq
ああ・・永久に寝る日も近いかも?

388 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/06/19(日) 06:49:02 ID:C7NloDX5
ウッス
今起きた
今日は何曜日だい

389 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/06/19(日) 09:22:37 ID:1I76zyLa
皆様方。
『安城家の舞踏會』は御覧遊ばしました?
       (原節子より)

390 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/06/19(日) 23:12:02 ID:qkCZ18oB
すかぱーでまだやらない。

391 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/06/20(月) 07:06:22 ID:8x5EfJYJ
「どこを〜♪ねぐらの〜今日の宿〜♪・・・」
  菊池章子

392 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/06/21(火) 11:29:21 ID:JV5+4iyZ
アメリカ映画『大平原』昭和22,3年頃と思いますが
新宿の武蔵野館か帝都座で観ました、初めて観た西部劇で
こんな面白いものはないと思いワクワクしました
今両館ともとっくに無くなりました、隔世の感。

2、3年前BSTVでやっているのを録画して観たら大して
面白くもなくガッカリでした、まあ懐かしさは有りましたがね

393 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/06/21(火) 12:41:05 ID:lElqf9XS
小学校で行った映画思い出したよ
ダ ン ボ

394 :昔の人:2005/06/21(火) 17:08:14 ID:DuRtNGlz
>>392
そうなの、同感!!
「地上より永遠に」も最近見たら涙も出なかった。
当時は大感激したのに・・・・・
お互いにスレッカラシになるのね(w
昔は(若い頃)オンナも天使に見えたけど、
今はいやらしい動物に見える。

395 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/06/21(火) 18:24:24 ID:PDD3ywEL
「會議は踊る」も戦前に映画館で観た時は、
たいそう面白く思ったのに、最近DVDで見直して
みたら、少しもイイと感じなかった。

396 :とうりすがり:2005/06/21(火) 20:02:13 ID:YNXm7MqS
小生は小学生のころジャンバルジャンという映画を学校から見に行った記憶があるが内容が思い出せなくて・・
日本名はあ〜無常だったか?それから路傍の石とか観にいったっけ

397 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/06/21(火) 20:37:08 ID:TQhHEcle
子供のころ良く学校で映画教室ありましたね。
ここに泉あり??とか・・

398 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/06/21(火) 22:25:30 ID:I9Y9zkaE
あん

399 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/06/21(火) 22:47:53 ID:draOrph/
「のんちやん雲にのる」鰐淵晴子さんの映画を
見たような・・・・学校だったのか映画館だったのか
授業がカットになったのも楽しみでした。

400 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/06/21(火) 23:16:38 ID:O0ldKETF
>>396
私も「レ・ミゼラブル」を学校で見に行った。今考えるととんでもなく
遠い映画館で1時間近く歩かされた。内容はかすかに覚えているのは、
教会で燭台を盗むところ、しつこい刑事が彼をつけ回すところなど。

401 :392老人会長:2005/06/22(水) 22:49:42 ID:mHzD7Gk2
>>394
確かモンゴメリー・クリフトだったですね、あれはその後観てないんですが
当時良かったと印象に残っている映画です

それからエリザベス・テイラーと共演したドライサー『アメリカの悲劇』
映画の題名はど忘れしました、貧乏な青年を演じてとても良かったです


402 :昔の人:2005/06/23(木) 08:15:36 ID:idxkl9WZ
キリンのCMで「ケ・セラ・セラ」使ってるのがイイな。

トヨタプレミオCMで
「煙が目にしみる」Soke gets in your eyes 使ってるのがイイな


サントリー烏龍茶のCMのチェンジング パートナーもイイな。




403 :昔の人:2005/06/23(木) 08:17:17 ID:idxkl9WZ
↑ m が抜けたorz


404 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/06/23(木) 08:42:41 ID:bpk5bnHy
何で昔の歌がいいのでせう
さいきんのはダメなんですね そうですか
mよりも腰が抜けたよ

405 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/06/23(木) 15:54:01 ID:8+fnBR6i
そのまま立たないでよし。(知らないんで悔しいのはわかる)
さいきんのは、50年後にCMに使われますか?
         ID ブリジット・バルドー


406 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/06/23(木) 15:55:39 ID:8+fnBR6i
↑マチガタ

407 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/06/24(金) 00:49:53 ID:mu/AybRR
今の歌は横文字でわからん!

408 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/06/24(金) 07:26:02 ID:2WVk/juP
歌うとる本人にも分かっとらんから
どうでもエエんぢゃワエッ!

409 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/06/24(金) 08:05:19 ID:yHdzojuF
高石かつえ。
おさげがみのよく似合う女学生の役は絶品であった。
田舎の中学にはまずいなかった。

おらぁ〜東京さ行ってみたかったよ。
あんな女学生たちがいっぱいいると思っていた。
若かった。

今は、町役場勤務。残すところあとわずか。


410 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/06/24(金) 09:17:38 ID:Kl4IixZy
はやくイッてくれることを切に願うものであります

411 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/06/24(金) 17:08:47 ID:2/kov43S
ちょっと暑いとやれ「熱中症」だの何だのって騒ぎ出す、
昭和20年8月、「熱中症」なんて言葉さえ無かったぞえ。
物凄い暑さだったけど熱中症より敵機が怖かった。
ひ弱な現代人め、くたばれ。
ちょっと地球環境が変われば、全滅だな(´,_ゝ`)プッw




127 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)