2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

宗教曲総合

1 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/05/08(日) 12:57:31 ID:/14cA3TC
古代中世から近現代まで
グレゴリアン・ミサ曲・モテット・
HYMNS・PSALMS・カンタータ・SPIRITUAL等々

2 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/05/08(日) 13:02:59 ID:/14cA3TC
等々の中に
レクイエム(葬儀ミサ曲)
クリスマスキャロル
ゴスペル

追加

3 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/05/08(日) 16:16:09 ID:SKyPXzuB
パレストリーナ保全

教皇はマルチェロかマルチェリウスかマルケリウスかと

4 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/05/08(日) 19:02:40 ID:mUeF85JT
切り絵


5 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/05/08(日) 22:09:17 ID:2X0IgxdK
天のいと高きところには神に栄光

6 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/05/08(日) 22:28:46 ID:NwYrHJl1
地にはみこころにかなう人々に

7 :竹田友一 ◆RQ008/En46 :2005/05/08(日) 22:32:58 ID:Y6FsWjXP
よき行いをもたらす

8 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/05/09(月) 05:44:39 ID:eWBW6TYF
めんでるすぞー--ン!

9 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/05/09(月) 07:24:41 ID:jbEmUUQN
メンデルスゾーン歌っている時期に就職活動していた先輩が
「面接でずどーん」って言ってたの思い出した

10 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/05/09(月) 07:34:24 ID:nU6OU6qm
クラ板でやれば? 

11 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/05/09(月) 13:16:04 ID:rGcTKeSl
去年のNHKの課題曲の「信じる」は?
ピアニストに叙情性が求められるけど、いい曲だよ。

12 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/05/09(月) 13:16:44 ID:rGcTKeSl
スレ違い、スマソ↑

13 :SKI ◆oXCHORUSlQ :2005/05/09(月) 19:30:47 ID:AJ7/aeWl ?#
>>10
宗教合唱曲を扱うスレという事で。

14 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/05/09(月) 19:54:08 ID:1NEQLnwY
ミッシェル・コルボ最高!

15 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/05/09(月) 22:05:13 ID:S55U/P8l
古今のレクイレムのディエス・イレのなかで一番カコイイのってなによ?
俺的には

モーツァルト>>>ヴェルディ>>>>>ブリテン>>>>>>>オネゲル

うはwwwwwwwwこれだけしか聴いてないwwwwwwwwwwwwwwwっうえ

16 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/05/09(月) 23:26:26 ID:1YJuLF/H
前法王の追悼ミサの合唱は
CDになったりしないのかな。
曲名など知りたい。

17 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/05/10(火) 01:19:41 ID:0pPWkoOY
>>15
バカ大爆発が好きならベルリオーズもいいよ。

18 :SKI ◆oXCHORUSlQ :2005/05/10(火) 01:32:45 ID:x+Ui8YQB ?#
>>15
そんなあなたに。
ttp://www.takashiyoshida.com/mozreq/02.mp3

19 :15:2005/05/10(火) 06:09:37 ID:9vq7KhTC
俺よく考えたらベルリオーズの聴いてたわww
あとシュニトケも。
ところでペンデレツキのポーランド・レクイエムが気になってんだけど、聴いたことある人いる?

>>18
サンクス。何度聴いてもカコエエ

20 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/05/10(火) 11:23:04 ID:orv3t9Pr
「宗教曲」って。。。。。
こんな大きな括りのスレ立てるなよ。
まあ合唱板できて浮かれるのは分かるけど。

21 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/05/10(火) 12:08:15 ID:0N7FDZKm
くくりが大きくて困るか?

22 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/05/10(火) 19:24:27 ID:0ufWoAkG
中世以前はほとんど宗教曲。世俗モノもあるけど。


23 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/05/10(火) 19:28:02 ID:0ufWoAkG
そう詳しいわけじゃないので、ちがってたら突っ込んでください。
でも合唱曲はそっち系が多いような気がする。


24 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/05/10(火) 21:44:11 ID:ABXsuCSc
シューマンのミサ・サクラ萌え

25 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/05/10(火) 22:06:40 ID:P8tUZ/ea
御踊

26 :SKI ◆oXCHORUSlQ :2005/05/10(火) 22:08:00 ID:x+Ui8YQB ?#
>>25
プロジェクトX見たでしょ(笑)

27 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/05/10(火) 23:22:55 ID:BALhqMzz
おらしょ

28 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/05/11(水) 00:16:10 ID:+Pqe5Yq0
むむむ・・・おらしょまで宗教曲に含める?深いな・・・

29 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/05/11(水) 00:25:41 ID:i9rhVzER
えっ、ダメなんですか?>>28
土着のキリスト教信仰としては、もろに宗教曲だと思ったんだけど。
千原作品は、キリスト教を根本に置いた作品も幾つかあるし、これも宗教曲(異端かも知らんけど)で良いかな、と。

異端じゃないのを選ぶと、ブストのアヴェマリア、ミシュキニスのカンターテドミノ、デュブラのサルヴェレジーナなんかが好きだ。

30 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/05/11(水) 04:23:34 ID:rePhE6sF
ラッソの宗教的マドリガーレ「聖ペテロの涙」って
宗教曲ですか

31 :竹田友一 ◆RQ008/En46 :2005/05/11(水) 08:36:28 ID:8EY+H8zn
>>27
それが罷り通ったら声明も東洋のグレゴリオ聖歌になっちまうなw
まぁ実際そのとおりだと思うけど。

32 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/05/11(水) 09:00:36 ID:gIUaZ9c7
そのうち必要に応じて分化するでしょ。
声明の単独スレってのは考えにくいけど。

33 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/05/11(水) 13:29:06 ID:dfUtnCkm
千原秀喜「おらしょ」や大島ミチル「御誦」を入れるんなら、
柴田南雄「修二会讃」とか三木稔「合唱 般若心経」とか高橋悠治「慈経」とか
清水脩らによる仏教讃歌なども含めていいってことだよな?

34 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/05/11(水) 13:45:27 ID:cENdn2zB
バッハのモテットが好きだ〜

35 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/05/11(水) 14:18:53 ID:gIUaZ9c7
>>33
クラシック板ならどうかと思うけど、
合唱板ならいいんじゃない?

36 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/05/11(水) 17:45:33 ID:Lm70Ibuh
>>19
ローマ法王の死去のときに同じポーランド出身ということで
ペンデレツキの「ポーランドレクイエム」流せばよかったのにね

37 ::2005/05/11(水) 20:30:32 ID:ZHrj6Qh2
>>33
仏教スレについては
誰かが駄洒落で立てたスレを活用してそういう方向にしようと思いますが
http://bubble3.2ch.net/test/read.cgi/chorus/1115538707/

スレ立てたときの意図としては「キリスト教合唱曲」というくくりのつもりです
一般に「宗教曲」と言えば当然そうだと思っていましたが

38 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/05/11(水) 21:15:43 ID:bghKNBuD
だから宗教曲じゃなくて、教会音楽って呼び方を定着させた方が混乱を招かない

39 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/05/11(水) 21:25:15 ID:ab5xMmTa
教会を離れたところのキリスト教音楽もあるから

40 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/05/12(木) 01:54:03 ID:fgTnYR2J
ロッシーニの「信仰」っていう歌の入ったCDとか楽譜とか
どこで手に入りますか?

41 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/05/12(木) 02:00:59 ID:7ZrH0iEx
日本のものでもけっこうあるよね。
「オラショ」とか





高田三郎聖書3部作とか(イザヤの預言・争いと平和・ヨハネによる福音)





つーかブルックナーのTe Deum最凶!!!!!!!!!!!
覚えとけ!!

42 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/05/12(木) 03:10:26 ID:qUylOcgr
>>33
入れたところで話題に上ることは少ないだろうと…

43 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/05/12(木) 05:54:10 ID:S0eeu50U
ペンデレツキのマニフィカト最高!

44 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/05/12(木) 07:03:52 ID:QlmzgAHE
>>38
基本的に教会で演奏しない宗教曲もあるが。
オラトリオとか。

45 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/05/12(木) 21:13:13 ID:Oo0vYnID
>>41
ブルックナーはEcce Sacherdus(綴り自信ない)がカッコいい

田三部作はクリスマス前とか復活祭前に聴くとじ〜んと来るね

46 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/05/12(木) 22:34:38 ID:Oo0vYnID
>>41
高田のテ・デウムもいいよ
まったりしていて

47 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/05/13(金) 10:09:39 ID:G0HLjHTL
アンドルー・ロイド・ウエッバーのレクイエム萌え。

48 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/05/13(金) 12:39:23 ID:NK/hpCiy
教会で演奏しなければ教会音楽で無いと考えているのは素人

49 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/05/13(金) 21:50:21 ID:gYQWSNl9
キリスト系の歌ってたけど正直訳なんてしないで歌ってた。

50 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/05/13(金) 22:00:45 ID:X2lc9AW9
じゃあ天理教の教会で歌う歌だって教会音楽だよということになるから
議論は堂々巡りする

51 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/05/13(金) 22:14:26 ID:X2lc9AW9
>>49
訳さなかったら 
詞の精神的な抑揚がわからなくて音楽の表情がつけにくいと思うのだが

52 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/05/13(金) 22:21:39 ID:mH59UFRH
ジョスカン・デプレ = ネ申

53 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/05/15(日) 12:22:11 ID:PuJKz1zb
聞いてくれてありがとパレストリーナ

54 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/05/15(日) 12:42:29 ID:XK5v8KZQ
>>51 
漏れは詩から「抑揚」を感じるのって、かえって危険だと思う。

音符を丹念に辿るように演奏すれば、
作曲者が「言葉」から受けた「印象・感情」が
自然に表出されると思う。

木下牧子は「詩と音楽の関わり」について語っているよね?

55 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/05/15(日) 13:29:25 ID:qw/k6Wn7
>>54
木下さんの場合はほとんど日本の近現代詩でしょ?
ラテン語の宗教曲ってかなり歌詞と音楽が密接な関係だと思うよ。
「Deus=主」が大きめで「nobis=我々」が小さめとか。
もちろん譜面通りにやることはすごく大事だけどね。
木下さんは合唱祭の講評でよく「気持ちを込める前に、もっと譜面
を読んでほしい」って言ってるw

56 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/05/15(日) 16:02:16 ID:XK5v8KZQ
>>55ローマカトリックの教会音楽を考えた場合、
基本はグレゴリアンにあるものと、漏れは理解している。
(グレゴリアンの演奏法にも物議があるのを承知で)
「言葉を無視しろ」までは言わないが、
「気持ちを込めろ」という指導法も問題ありだと思う。

しかし「教会音楽」を歌うのであれば、聖書を紐解く位の心意気は欲しいわね。

57 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/05/15(日) 16:34:45 ID:400JSsVv
日本語とラテン語じゃ、1単語の音節数が違いすぎる
当然音符一つ一つの表現の濃さも変わってくると思うが

58 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/05/15(日) 16:43:10 ID:XK5v8KZQ
>>57は釣りじゃねーよな?(w
↓についての議論だよ。

>>49 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/05/13(金) 21:50:21 ID:gYQWSNl9
キリスト系の歌ってたけど正直訳なんてしないで歌ってた。



59 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/05/15(日) 17:47:27 ID:dehIKm2s
訳して言葉の意味を掴む、までは誰もが納得しうることだけど、それ以上の「気持ちをこめる」ってのは難しい問題だと思う。
作曲者はみなクリスチャンだったかどうか、
作曲された時代、キリスト教は人々の中でどのような位置にあったか、
その言葉(歌詞)に対する普遍的な概念が存在しうるのかどうかなどなど。

かなり大雑把な話になるけど、
天動説が絶対とされていた時代と地動説が周知の事実となっている現代では何か違うところはあるだろうし。
そもそも宗派が分かれてる時点でかなり難しい問題だと思います。

そういう細かい話じゃなく、キリスト教としての大きな普遍的共通理解があるんだ、それを理解するんだ、となると、
かなり表面的で適当な理解になる危険は大きい。
というか、それこそクリスチャンでない人間にはとても難しいことなのでは?
というわけで、「感情を込めろ」という指導は表面的なものに留まると思います。

とかなりズレまくりのレススマソ。
とりあえず

 ジ ョ ス カ ン デ プ レ は D e u s 

60 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/05/15(日) 18:00:54 ID:vcemzrrF
たとえばバッハのマタイ受難曲で、福音史家が何を語っているか分からずに合唱が歌えるかと

61 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/05/15(日) 19:42:27 ID:uXHt1DKu
タヴナー(20世紀の人)の The World is burning という曲は、
あまりに単純すぎて陳腐な曲だけど、何故か感動する。

タヴァナーとタヴナー、ややこしい。

62 :51:2005/05/15(日) 22:02:31 ID:UNaCFEl5
適切な言葉が思いつかなくて精神的な抑揚なんて使っちまったけど
「気持ちをこめる」とかそういう精神論的な問題じゃなくてな

たとえば
「栄光あれ 天においては神に」「平和あれ 地においては善意の人に」
の2句が対になってることを理解していれば表現もしやすい
作曲家はたいてい対になることを意識した作曲をしているだろうし
「栄光」は強く明い音色で 「平和」は静かな明るい音色で とはなるだろう
(グロリアの出だしは先唱ソロが多いよというつっこみはなしにして)

まず詞の意味をおおよそ理解していれば強弱緩急記号がなくても自然にそういう表現ができる
たとえそれが作曲者が意図した強弱緩急表現にならなかったとしても
そういう演奏はそれはそれで可というかな

63 :51:2005/05/15(日) 22:05:28 ID:UNaCFEl5
まああんまり難しいこと言いたかったわけじゃなくて
「訳さず意味もわからず歌えるのか」とむしろ素朴に疑問に思っただけのことです

64 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/05/15(日) 22:30:02 ID:qw/k6Wn7
マルタンのミサの「Agunus Dei」はずっと「miserere nobis」が
続いて最後に一回だけ「dona nobis pacem」なんだよね。
これで歌詞の意味を知らずに歌って(聞いて)たら曲の真価は分からないような。

65 :59:2005/05/15(日) 23:27:37 ID:dehIKm2s
難しいこと言ってスマソ。
歌詞訳を理解しとくってのは最低条件でFAでよいですね。

66 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/05/15(日) 23:43:22 ID:G9gzG2Nz
>>64
誰のミサでもそうだよ

(司祭または助祭または信徒代表先唱または全員)神の子羊
(会衆)世の罪を除きたもう主よ われらをあわれみたまえ

これはもともとはパンを裂く儀式の間じゅうなんかいでも繰り返す
さてこれで終わりだなという最後の一回は

(会衆)世の罪を除きたもう主よ われらに平安を与えたまえ

になる

現代ミサはパンの象徴として小麦せんべいを使うから裂く時間要らないから
作曲者も2回繰り返して最後1回というのが定番
ことばの典礼(ミサ曲を用いない場合のミサ)でもほとんど2回の定式になってるな

67 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/05/16(月) 07:14:56 ID:WhYvjoVg
究極的には信仰がないと・・・。

68 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/05/16(月) 08:15:24 ID:pKVuu9QD
まあ確かにその気もないのに
「私は唯一の神を信じます」とか高らかに歌われても
という気もしないでもないが

かといって恋愛の経験もないやつだって恋の歌歌うときもあるし
それが芸術性が低いかというとそうともいえないから
結局どっちでもいいと思う

69 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/05/16(月) 11:29:36 ID:bNW0fSKh
>>66
thx それでバードとマルタンのミサはあんなに「dona〜」の回数が
違うわけね。
それにしても合唱団Kyoのマルタンは糞だったなー。

70 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/05/16(月) 11:57:43 ID:vdn8rt6t
>>69 五つの動画はどうでしたか?

71 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/05/16(月) 12:48:32 ID:bNW0fSKh
>>70
カンタートでの印象です。
単独演奏会は来月ですね。前回の「童画」はそんなに悪くなかったような。

72 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/05/16(月) 15:54:39 ID:UcXDaafi
この間、みんなのコーラスで厨房がエレミア哀歌を歌ったのが流れてて、
講評で「ユダヤ民族の嘆きが良く表れてた」的な発言があって、
そこにすご〜く違和感を感じた

73 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/05/16(月) 16:28:36 ID:1szv2sGW
>>72 講師は誰だった?そいつフリーメーソンリーだよ(w

74 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/05/18(水) 11:39:18 ID:OZF6myA8
谷川の水を求めて あえぎさまよう鹿のように 神よ わたしはあなたを慕う

75 :竹田友一 ◆RQ008/En46 :2005/05/19(木) 10:44:14 ID:r6NeZ49y
>>74
しーくっと ちぇーるぶす でじーでらっと あど ふぉーんてす あくぁーらーるんと♪

76 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/05/19(木) 11:20:00 ID:d1/z6Xgl
課題曲を思い出した。

77 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/05/19(木) 19:40:15 ID:zGxfh5is
かみさまへのてがみ

78 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/05/20(金) 14:01:53 ID:l1GQONXO
詩編42は復活祭・洗礼式に用いることもあって
また喩えとしても好まれることもあって
古今東西名曲が多いね

Like as the hart desireth the waterbrooks,
so longeth my soul after thee, O God.

79 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/05/21(土) 08:10:37 ID:Vq9MjbLM
>>78
あ、ミサ答えの練習しなくっちゃ。

80 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/05/21(土) 18:09:26 ID:qaqF5oGC
ミサ答えってなに?

81 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/05/22(日) 17:15:33 ID:6leHiRJ1
カンプラのレクイエム最高!

82 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/05/22(日) 21:14:22 ID:F40pLrnw
カトリック教会のミサに出てみたけど、歌が単調でガッカリしました。
メロディがお経みたいで、一つの音で朗読するような歌でした。

83 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/05/22(日) 21:34:09 ID:uvkZd3en
>>82
いわゆる
詩編唱:プサルモディア
という作曲技法というか演奏技法というか

歌のうまい教会に行ったかどうかにもよりますし
歌のうまい教会ですと高田派,アンチ高田派,賛美歌崩れ派,旧聖歌派などさまざまで


84 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/05/23(月) 21:31:44 ID:ZV0q52I5
>>36
遅レス
レクイエム自体を第2バチカン公会議で廃止してしまったので
第2バチカン公会議の体現者・実行者であるJP2の死に際して使うのは
かえって問題があるような

85 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/05/25(水) 01:54:56 ID:4XMeRfLn
プロテスタント系という事になるだろうけど、
黒人霊歌とかを歌う教会の聖歌隊もあってほしいな。

86 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/05/25(水) 16:48:05 ID:0kOWYQ2/
『讃美歌 第二編』(1967年刊 いわゆるプロテスタントが用いる歌集)の
172番から180番までが黒人霊歌の訳詞歌ですね
日本語の訳詞で歌う以上 もともとの味は半減しますが

172 Go tell it on the mountain
173 Lord, I want to be a Christian
174 When Israel was in Egypt's land
175 Deep river
176 My Lord, what a morning!
177 Were you there
178 Swing low, sweet chariot
179 Steal away
180 We are climbing Jacob's ladder

外国語曲を好んで歌う教会なら黒人霊歌も含めて歌うでしょうね
いや実態は全然知りません
資料としてたまたま『讃美歌』楽譜を所持していたので参考までに

87 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/05/25(水) 20:16:39 ID:QIUp72mN
>85
立教の礼拝堂では結構歌ってるよ。池袋のほうね。

88 :85:2005/05/26(木) 01:58:26 ID:QwHDidZk
いや、その、「宗教曲」と言うと、だいたい、
カトリック系のミサ曲が出て来ると思うんだけど、
プロテスタントの特に福音派の人達には、
それ程は馴染まないだろうなって思ってね。

「福音派」って、アメリカの人口の4割ぐらい居て、
ブッシュもその立場らしいんです。
良くも悪くも聖書原理主義の人達の事ね。
自分も、昔、その立場だったから、何か歯がゆくてね。
カトリック系の高田三郎とか好きだけどさ。

と思ったけど、メジャー所で、
バッハのマタイ受難曲とかもありましたね。

ま、いいや。独り言、独り言・・・

89 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/05/27(金) 21:13:09 ID:15ivW7J7
ルター派はルター自身が音楽好きなうえ
シュッツとバッハを輩出したからな

90 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/05/28(土) 04:08:21 ID:77wkyp+j
ルター派の中にも、福音派とリベラルがあるんだけど、
福音派だと、シュッツとかバッハとかじゃなくて
ゴスペルとかばっかり歌ってそ。

91 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/05/28(土) 11:28:50 ID:O3SaiYwP
>>90
もうちょっと詳しく
日本におけるルター派?
いわゆるアメリカ系とドイツ系ってやつ?

そりゃカトリックだって教会でパレストリーナ聴いたことないから
その辺は同じような状況だとは思うけど『讃美歌』の類よりゴスペルが多いの?

92 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/05/29(日) 03:25:42 ID:mjeqN3It
>>91
・プロテスタント(ルター派、改革派(カルバン主義)、アングリカン、メソジスト、組合派…)
・カトリック
・東方正教会(ギリシャ正教、ロシア正教等)
これを、分類における縦軸としましょう。

横軸に来るのが、まあ、
・福音派(ファンメンタリスト、原理主義、伝統的信仰)
・リベラル(自由主義神学、ヒューマニズムの流れ有り)

という事で。他にも右翼系か左翼系かとか色々分類方法はありますが、
「心と宗教」板でも覘いてみてください。

プロテスタントにおいて、リベラルでは、賛美歌を主に歌う事が多く、
福音派では賛美歌も歌うけど、ゴスペルとか、ギター片手にフォークソング
みたいなのを歌って礼拝してたりする場合が結構あります。
どういう系統の音楽を礼拝で主流にするかについて、
時には教会の中で揉めてる場合もあります。
という訳で、クリスチャンだからって賛美歌や「宗教曲」の類ばかり
歌っているとは限らない。

信仰心無くして宗教曲を演奏するのは云々という話があったけど、
信仰心持ってる人達にとっても、ここで述べているような宗教曲は
結構遠い存在だったりもする。と言ってみたかったのです。(笑

93 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/05/29(日) 07:35:47 ID:aPbUHVtk
ちょっと解説希望の論点が通じなかったみたい
現代日本ルター派の現状について興味があっただけなんだが

94 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/05/29(日) 10:21:31 ID:i0idtGds
話の腰折って悪いがおまいらリストとレーガー忘れてませんか?
宗教曲つったら彼らを外しちゃああかんよ

95 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/05/29(日) 21:04:09 ID:R0uqYU33
ヴィクトリア好きは?

96 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/05/31(火) 02:44:14 ID:SPhIzjvm
>>95
18世紀イギリスのヴィクトリア朝?

福音主義が台頭していた時期だね。

97 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/05/31(火) 23:52:21 ID:ELDmr3y2
>>94
聴いたことない

98 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/05/31(火) 23:55:51 ID:3TEDeyAU
>>96
あれ、T. L. de Victoria のことじゃないんだ。

99 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/06/01(水) 00:01:48 ID:ELDmr3y2
ボケにマジレス
健全な板なんだな

100 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/06/01(水) 17:18:51 ID:zj8RS76I
つうかヴィクトリア女王は19世紀だし。

101 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/06/03(金) 17:13:00 ID:H0bXJEYv
このスレでちょろっとしか名前が出てないなんて。
ブリテンがかわいそうすぎる。
戦争レクイエムは十九世紀のレクイエムのなかで最高だよ。テンポといい音の使いどころとか和音とか。
すべてが斬新。

102 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/06/05(日) 00:05:27 ID:ZQWiRQK3
レクイエム(゚听)

103 :96:2005/06/05(日) 00:11:55 ID:uKJF8Zis
間違えた。ハハ!!

18世紀は、イギリスなら、メソジズムだね。
ま、チャールス・ウェスレーの賛美歌かな。

104 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/06/05(日) 13:37:42 ID:Ldm91lYH
ビクトリアはスペインですが。

105 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/06/05(日) 16:37:24 ID:JbgfuU64
JCAのハーモニーに米で宗教曲(Kyrie)で作曲賞をとった日本人の子の事がのってたね。
個人的にはすごく聞いてみたい。

106 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/06/05(日) 19:44:22 ID:tU6CfHAs
へー

107 :竹田友一 ◆RQ008/En46 :2005/06/05(日) 23:18:38 ID:0SsgqjI0
テデウムならブルックナーだけど、
ドヴォルザークのテデウムもなかなか楽しいよね。
ヴェルディも最初聞いたとき心臓が飛び出すかと思った。ドびっくり。
あとリストのテデウム聞いたことある人いる?

108 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/06/05(日) 23:45:42 ID:QctpbCwe
高田三郎のテデウムがまったりしてて好き
歌うと激ムズだけど

109 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/06/06(月) 10:44:08 ID:C9PUWh5z
>105
記事見たよ。・・・なんか嬉しいね。

110 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/06/06(月) 14:44:30 ID:fCumg3Io
>>101 釣れますか?ブリテンが19世紀?ワロス

111 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/06/10(金) 00:30:13 ID:ycFw4jtP
今日 Kingdom of Heaven 見たんだけど
あれ劇中音楽どういう歌使ってたんだろう
バッハの受難合唱曲のメロディしかわからんかった

112 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/06/11(土) 17:21:25 ID:8CwCZK8u
さて明日ミサ行ってくるわ

113 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/06/13(月) 02:13:40 ID:xGPBNSNH
グレゴリアンチャントについてなのですが、現代風にアレンジされた曲が
CDで出たりしてるのを見て聞いてみたところ、よくあるタイプのボヤーっとした雰囲気の曲でした。
映画やゲームに使われるような、早口でサッサと1文を歌うタイプのはグレゴリオ聖歌とは違うのでしょうか?
詳しい方いませんか?

114 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/06/13(月) 16:30:22 ID:ryLtfAXM
早口では普通歌わないよ。たとえばAgnus Dei だと
ソソソララー、ラララソラシソラシー,ソラシソラソソー
と3回繰り返すよ。日本では中継されたかどうか分からないけど、
前法王の葬儀のとか、それを前後してのマスとかを見ていれば雰囲気がつかめるんじゃないかな?










115 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/06/14(火) 11:48:03 ID:gHQjFVUs
>>114
レスありがとうございました。
海外のページで、グレゴリアンチャントを歌っているシーンの映像を探してみます。
てっきりゴスペルの昔版、ヨーロッパ版みたいな感じでイメージもっていたので、
法王の葬儀などにも歌われるとは知りませんでした。

116 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/06/14(火) 12:15:26 ID:Un1gD12F
どういうのを早口と言ってるのかわからんが
ある程度早いテンポでフレーズを歌う曲もあるよ

とりあえず「ソレム唱法」ってなってるのを聴け

117 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/06/14(火) 13:56:22 ID:iHDcPLHg
ラテン語の聖書ってどこかで手に入る?
エレミア哀歌の歌詞で確かめたい部分がある

118 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/06/14(火) 20:28:00 ID:6tk6zl/e
>>117
ほとんどの原語の聖書はネット上にあるので検索してみ

119 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/06/14(火) 21:44:20 ID:X/XxPZfe
スタバトマーテルが正しいのか,
スターバートマーテルが正しいのか
そもそもStabat Materには「母親が立っていた」
という意味しかないと思うのだが。
(117とは別人です)

120 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/06/14(火) 21:59:07 ID:5HqtAz7G
カタカナで書く以上どちらも誤り
そりゃ意味は英訳すればstanding mother だよ
歌詞の冒頭をとって曲名として扱うからなだけだし

121 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/06/14(火) 22:01:55 ID:skxrD79t
>>119
後段は仰るとおりです。

正確には、Stabat Mater dorolosaで
「悲しみに暮れる聖母は立てり」。

でも、ただ「聖母は立てり」だと情緒もへったくれもないので、
詩全体の意味合いから「悲しみの聖母」にしたんだと思うよ。

ちなみに、Stabat Mater speciosaという聖句もあるらしい。

122 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/06/14(火) 22:05:39 ID:skxrD79t
>>121
うは。間違えた。

dorolosa→dolorosa

123 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/06/14(火) 22:07:21 ID:6tk6zl/e
statio の過去だからstabatの第2音節は長母音になって第3音節は短母音になるね。
だからどちらかというとスターバト・マーテルが正しいかと思う

一応外国語板のラテン語スレで聞いてみるといいかも。

124 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/06/14(火) 22:11:54 ID:5HqtAz7G
だな まあ スターバトだと思うけど「ト」がもう誤りだから
50歩100歩

125 :119:2005/06/14(火) 22:14:36 ID:X/XxPZfe
サンクスです。
Suoer flumina(パレストリーナが有名)で
tui Sionとあるけど,「あなたのシオン」なのか
「シオン,おまえを・・・」なのかいまいちわからぬ。
邦訳には,両方ある。

126 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/06/14(火) 22:14:45 ID:6tk6zl/e
ID:5HqtAz7G
は作曲家の名前をカタカナ表記することもしないんだろうな〜
尊敬するわ。

127 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/06/14(火) 22:16:42 ID:6tk6zl/e
不勉強でそのテクストは知らないのだが、
そこだけ読むと tui は属格だから「あなたのシオン」が良いかと思う。

128 :119:2005/06/14(火) 22:16:54 ID:X/XxPZfe
Superのミスタイプでした

129 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/06/14(火) 22:18:19 ID:6tk6zl/e
ああ、Super flumina Babilonis かw

130 :119:2005/06/14(火) 22:18:49 ID:X/XxPZfe
>>128
そうなのですが,思い出す原因は属格をとるし
シオンがラテン語の語尾で変化するとも
考えられず・・・

131 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/06/14(火) 22:18:50 ID:5HqtAz7G
あー もう一点「正しいラテン語」というもの自体が議論がわかれるわけだから
カタカナでどう記述してもどっちでもいい

>>126
カタカナ表記するよ どっちでいい どうでもいいっていう主張 

132 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/06/14(火) 22:27:25 ID:5HqtAz7G
とりあえず参考

カトリック詩編委員会訳
バビロンの流れのほとりにすわり,
柳に竪琴をかけ,シオンを思い,すすり泣いた。

岩波訳
バベルの河のほとりで,
そこにわれらは座り,かつ嘆いた。
シオンを思い起こして。

キングジェームズ版
By the river of Babylon, there we sat down, yea, we wept,
when we remenberd Zion.

133 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/06/14(火) 22:28:48 ID:6tk6zl/e
>>130
>そうなのですが,思い出す原因は属格をとるし

それなら「シオンよ、あなたの事を思って」で良いんじゃないの?
詩篇の文脈にもこっちの方が合いそうだし

134 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/06/14(火) 22:35:17 ID:6tk6zl/e
ググってみたが tui, Sion で「シオンよ、おまえを思って」と解釈しているところが多いな。


こんなのもあったので参考程度に
ttp://www.littera.waseda.ac.jp/faculty/tokuyam/02lat9.htm

135 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/06/14(火) 22:55:33 ID:NPZaQhLx
>>113
早口のはある。ただし、聖務日課に多い。
ソレムだろうがドイツ系だろうが1音節が1音のシラビックなら同じ。
早口、テンポの速い聖歌=大抵長い、長いものは基本的にシラビック。
詩篇とか福音書を唱えるものはとにかくただ読むだけでも長いから
メリスマよりシラビックが多いんだよね。
でも、その音源が見つかるかどうかはわからん。
何しろ聖務日課は基本的に非公開だからね。

136 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/06/15(水) 00:44:43 ID:cCF8BPH9
グレゴリオ聖歌を教えてくれる指導者にはどんな方がいますか?
おすすめの先生っている?

137 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/06/15(水) 01:20:30 ID:Cre0uQCB
>>136
ぐぐれ。

138 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/06/15(水) 02:27:25 ID:drQNLDxj
定番な所では、金澤正剛先生と皆川達夫先生でしょうか。
関東近郊にお住まいであれば、中世音楽合唱団に入団すれば、皆川先生直々に教えていただけるかと思います。
私も留学前に少しだけご指導いただきました。

139 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/06/15(水) 08:01:24 ID:Ul1cPkkU
片山みゆき先生(皆川先生の弟子筋)を追加。

140 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/06/15(水) 23:35:14 ID:ZlW8zyfo
エルサレムよお前を忘れるよりは 私の右手が萎えたほうがいい

141 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/06/16(木) 00:25:34 ID:5OjvE4fY
先生にブルックナーをやるには君たちは若すぎるって言われたお

142 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/06/16(木) 00:54:16 ID:2Dzkzep1
>>138,139
教えていただいてありがとうございます。
金澤先生、皆川先生は本も出している超大物なんですね。片山先生という方も
よく名前をお聞きします。
やっぱり、教えてくれる方は数が少ないんでしょうか。こんな大物の先生の
ところに入るのは緊張しますね。

143 :138:2005/06/16(木) 05:20:32 ID:Td1cDIdj
中世合唱団なら、片山みゆき先生がヴォイトレやってますので、一石二鳥かと思います。

144 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/06/16(木) 15:15:27 ID:YYsTt7fX
>>143
最近演奏会あったんだね。気が付かなかった。

145 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/06/17(金) 15:49:15 ID:qoY2O/ae
>>135
>>何しろ聖務日課は基本的に非公開だからね。

聖務日課は普通に売られてるけど。

146 :ザンクト・ガレン:2005/06/17(金) 16:36:51 ID:supzx1Wy
>>136さん
私は、東京都東久留米市の、「聖グレゴリオの家 宗教音楽研究所」
橋本 周子 先生 を推薦させていただきます。

皆様周知のことと存じますが、グレゴリオ聖歌の研究及び解釈は、
特に第二ヴァチカン公会議後飛躍的に進み、「古楽譜記号解析解釈学」
すなわち「グレゴリオ聖歌セミオロジー」によって、中世最古写本
(9世紀末〜11世紀)のネウマを直接解析・解釈し、汲み取って歌う
ことが可能になりました。

つまり、今日、教会のグレゴリオ聖歌演奏では、いわゆる「ソレム唱法」
から発展し、最古ネウマによりリズムの修復・復元が行われ、まさに
「ロマネスクの調べと響き」をある程度よみがえらせることが可能になって
いるのです!

またこの研究成果によって、8つの教会旋法
についても、終止音やドミナント(主音)の修復・変更!がなされ、
〔とくに第3旋法(正格テウテルス)のドミナント(主音)は、
【ド=音名C】から【シ=音名B】に修復・変更されている!!!〕
これと音部記号付き古ネウマ写本〔例:ベネヴェント参事会図書館W−34
;Benevento, Bibl.Cap,W−34〕などによって「旋律の修復」も適宜
行われます。

「聖グレゴリオの家」には、こうした解析・解釈の研究資料が豊富に揃って
おり、また橋本先生はグレゴリオ聖歌セミオロジー研究・実践に関して
わが国に於ける第一人者です。



147 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/06/17(金) 17:05:05 ID:6kXjy2Fl
>>145

>聖務日課は普通に売られてるけど。

135です、ごめんマジレス。
普通に売られてるってどこの音源?
使ってる写本と指導者と歌ってる修道院がわかったら教えて。
通して同じ宗派で365日朝課から晩課まで
全部揃った音源があるなら私が欲しい。
「○月○日の○時課」だけとか、復活節待降節みたいな大きなイベントだけ、とかはナシよ。
そういう抜粋のなら大抵のは持ってるから。

148 :ザンクト・ガレン:2005/06/17(金) 17:19:42 ID:supzx1Wy
>>146の続きです。(^^♪
【1】「聖グレゴリオの家」HPは↓こちら。
http://www.gregorio.jp/institute/

【2】また、キリスト教系ラジオ放送局febcで、橋本先生が、『神からの
メッセージ ―グレゴリオ聖歌―』という番組を担当なさっており、
無料でネット放送を聴くことができます。是非お聴きください。↓
http://www.febcjp.com/net/greg_top.html

【3】きたる7月15日(金)〜18日(月・祝)、グレゴリオの家
では「第25回 教会音楽講習会」が行われます。限定40名で
橋本先生による、グレゴリオ聖歌の短期集中レクチャーが受講できる
チャンスです!!!
『心と宗教』板の、『【これで】カトリックの典礼を考える part11』
スレ、>>884〜>>891、にスケジュール等委細をご紹介させて頂いて
居ります。すでに定員締め切りでしたらご容赦ください。(^^ゞ↓
http://life7.2ch.net/test/read.cgi/psy/1102422526/150

【4】また、グレゴリオ聖歌の聖歌集について(入手法を含む)は、同じく
『心と宗教』板の、『☆☆☆お薦めのキリスト教書籍☆☆☆』スレッド、
>>371〜>>375、>>382、>>385、>>387、>>389〜>>393
で、稚拙ながらご紹介させて頂いて居ります。宜しければご参照下さい。↓
http://life7.2ch.net/test/read.cgi/psi/1110509803/150

以上長々と申し訳ありませんでした。お気に障られましたら重ねてご容赦
の程を。(^^♪


149 :ザンクト・ガレン:2005/06/17(金) 17:30:44 ID:supzx1Wy
>>148【4】グレゴリオ聖歌集のスレッド誘導が間違っていました。
ごめんなさい。↓こちらです。<(_ _)>
http://life7.2ch.net/test/read.cgi/psy/1110509803/150

150 :ザンクト・ガレン:2005/06/17(金) 18:06:08 ID:supzx1Wy
>>147さん
私もそれがほんとうで、私に「購入するだけの資産と保存の場所」があれば、
(爆)万難を排してほしいですね!(^^♪

ご存知と思いますが、第二ヴァチカン公会議後の典礼改定で、主日の典礼
がA年〜C年、週日のそれが第T週年、第U週年と祝われるようになり、
聖書、詩篇等の朗唱箇所が広範囲になったのに対応し、ヴァチカン教皇庁
典礼秘蹟省(旧典礼聖省)の委託を受け、フランスのソレム大修道院では
こつこつと地味で困難なアンティフォナーレの改訂、修復作業が延々と
行われ、待ち望む多くの祈りと期待に応える形で、この4月にようやく!!!
その第一集“Antiphonale monasticum T 2005”が刊行され、さらに来年
2006年、この第二集と第三集が刊行される運びとなったのですからね!!!
いや〜〜長かったですよね。(^^♪

フランス語ですが、そのコメントです。あらかじめGoogleの翻訳ツールで
「フランス語→英語」に翻訳すれば、ほぼ英語で読むことができます。
☆☆☆☆☆↓(*^^)v
http://palmus.free.fr/






151 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/06/17(金) 18:19:41 ID:ln/JMQLo
すれとは関係ないが,今のひとたちは英語音名使うの?
146を読んで気になった

152 :ザンクト・ガレン:2005/06/17(金) 18:43:48 ID:supzx1Wy
>>151さん
これ、その改訂が記されている「聖務日課用賛歌聖歌集」とでも
云うべき、
リベル・イムナリウス“Liber Hymnarius”
の『序注』(Praenotanda G)
から、第3旋法に関するコメント(ラテン語!)を適宜直訳的に日本語
にしただけなんですよ。お気になられましたなら、適宜訂正、補足
(ドイツ語、日本語等)なさって頂けると助かるのですが。(^^ゞ

153 :ザンクト・ガレン:2005/06/17(金) 19:52:11 ID:supzx1Wy
>>151さん、>>152
不適切かつ誤解を生じるコメントですよね……。取り消させて頂きます。
ごめんなさい。m(__)m

>>146のコメントを補足・訂正します。ごめんなさい。(^^ゞ
第4段落の3行目をつぎのように訂正:
〔とくに第3旋法(正格テウテルス)のドミナント(主音)
はド=【音名:ハ(日本式表記);C(ドイツ式表記ツェー、
英米式表記シー)】から
シ=【音名:ロ(日本式表記);H(ドイツ式表記ハー);B(英米式表記ビー)】
に修復・変更されている〕




154 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/06/17(金) 22:01:02 ID:x7JYKYCj
主音はトニックちゃうか?

155 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/06/17(金) 22:24:53 ID:MBKMs9NB
教会旋法だと、フィナーリス(終止音)とドミナント(支配音)では?

156 :ザンクト・ガレン:2005/06/18(土) 10:27:58 ID:0vU8GxuS
>>154さん、>>155さん
「ドミナント」の日本語訳用語については、皆様がコレ!とおもう用語
でご随意にどうぞ。(^^♪

要は、グレゴリオ聖歌の第3旋法の「ドミナント」が、「ド」ではなくて、
「シ」だったということを言いたかった。信じられますか???
これ、結構知らない人が多いんですよね。ソレムでは、ミサ聖祭用
聖歌集、とでも云うべき「グラドゥアーレ:GRADUALE」についても、
第3旋法の曲では、ドミナントを「シ」とした改訂・旋律の修復が行われ
ているんですよ!曲そのものがかなり違った感じになりますよね。
【例1】:年間12主日アレルヤ唱;Alleluia,Domine Deus salutis meae
【例2】:終課(寝る前の祈り)最終交唱及びシメオンのカンティクム
ANT.Salva nos, Domine,vigilantes,cum Nunc domittis
(既に先行して、ドミナントが修復され、演奏されているCDもあります!
ご存知の方も多いでしょう。)

尚、音楽史で、第3旋法のドミナントが「シ」から「ド」に変わっていった
のは、かなり早い時期で、ルネサンス期くらいには、「ド」になっていたそう
です。

例えば詩編をアレグリの「Miserere」の様に、グレゴリオ聖歌−多声
と交互に歌ったり、多声の詩編唱曲の前後にグレゴリオ聖歌の交唱
(アンティフォナ;Antiphona)をつけて歌おうとするときなどには、
『旋法によっては改訂・旋律修復後!のグレゴリオ聖歌とは適合しない!』
ということになります!!!
(ほんとうは、第4旋法の終止音についても、一部変更があるのですが、
ここは音楽理論・旋法論スレッドではありませんし、
ここで紹介すると、収拾がつかなくなりそうですので(^^ゞ
興味のあるかたはお調べ下さい。)




157 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/06/18(土) 10:46:53 ID:idqyUOhM
飯田美心チャンの友達で、原畠祐佳チャンて知ってる??
時々ミュージカルに出てるんだケド。。。。
今は池田ジュニア合唱団でがんばってるらしいよ
池田ジュニア合唱団のホームページの2ndstage写真集
ってとこの中盤Tの3枚目の写真の左の子なんだけど。
すっごくかわいくて、歌もうまいよ!!!!
見てみてほしいな、そしてファンになってこの子の名前を広めよう!


158 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/06/19(日) 02:41:27 ID:HShIzYkF
>ここは音楽理論・旋法論スレッドではありませんし、
>ここで紹介すると、収拾がつかなくなりそうですので(^^ゞ

典礼スレでもそれぐらいの節度がほしいもんだな。

159 :ザンクト・ガレン:2005/06/19(日) 16:32:50 ID:6CHR545n
>>158さん
♪Dignare Domine die isto sine peccato nos custodire.
Miserere nostri Domine, miserere nostri.

Fiat misericordia tua Domine super nos,
quemadmodum speravimus in te,

In te Domine speravi:non confundar in aeternum.(^^♪

160 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/06/19(日) 17:44:31 ID:0y5/kaai
>>156
>既に先行して、ドミナントが修復され、演奏されているCDもあります!

具体的にどの演奏ですか?聴いてみたいです。

161 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/06/19(日) 19:26:36 ID:SEgmXcA7
純正な教会旋法よりも,和声学的に修正された方が
きれいに聴こえるけどな。
ただ,半音上げは控えめなほうがよい

162 :ザンクト・ガレン:2005/06/20(月) 00:52:43 ID:fq0uy7L7
>>160さん
輸入版で申し訳ないのですが、南ドイツのベネディクト会
ザンクト・オッティリエン大修道院聖歌隊のCD
(ヨハネス・ベルクマンス・ゲッシェル神父指揮)をお薦めします。

「四旬節第1主日・主の受難」“Erster Fastensonntag ・Passioaszeit”
ドイツCALIG :CAL 50883 の中の8トラック目に、

四旬節第1主日の聖体拝領唱
「主は、その翼であなたを守り給い(詩91、4−5)」第3旋法
Communio:“Scapulis suis obumbrabit tibi (Ps.90,4−5)”Tertia Tonus

が収録されており、ドミナントと旋律の修復がなされています。
解説書の11ページに修復済みのネウマ譜
〔古楽譜、ザンクト・ガレン359カンタトリウム
:Sankt Gallen 359 ‘Cantatorium’のネウマつき〕
も掲載されていますので、修復前のネウマ譜、例えば、
「三種ネウマ併記ミサ聖祭用聖歌集」:“Graduale Triplex”の77ページ
と比較しながら聴いてみるとよいでしょう。






163 :ザンクト・ガレン:2005/06/20(月) 01:01:25 ID:fq0uy7L7
>>160さん、>>162の続きです。

CDは大きなCDショップ、例えば渋谷のタワーレコードなどに
行けば入手できると思いますが、念のため、Amazon の紹介ページ
を張っておきます。↓(^^♪
http://www.amazon.de/exec/obidos/ASIN/B000026TT4/qid=1119190073/sr=1-2/ref=sr_1_2_2/028-2846327-5493365


164 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/06/23(木) 14:43:30 ID:cgNiebvz
160です。遅レス失礼。
ザンクト・ガレンさん、ご丁寧なレスありがとうございました。
CD買って聴いてみます。


45 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)