2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

関屋晋

1 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/05/16(月) 09:37:52 ID:VWN7orh1 ?
2005年4月9日没

語れ

2 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/05/16(月) 09:44:01 ID:iL0SApVi
>>1は誹謗中傷目的 
死者に鞭打つ鬼畜 

3 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/05/16(月) 11:05:57 ID:VWN7orh1
>>2
自分の腐れた非道な性格をそのまま万人に当てはめないように。

4 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/05/16(月) 11:24:45 ID:iL0SApVi
敬称もつけず個人の紹介もしない>>1を見れば
わかる 

5 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/05/16(月) 15:18:05 ID:LmmzMhKq
合唱板で関屋先生の紹介など無用。
合唱板で、関屋晋「先生」と付けてスレを立てるの?
じゃあクラシック板で「モーツアルト先生」ってスレ立てんのか?
ID:iL0SApViはいちいち因縁をつけてこの板を荒らしていこうという腐れ根性の持ち主だな。
死ね。
お前のようなやつがいるから・・・烏賊ry

6 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/05/16(月) 15:23:39 ID:LmmzMhKq
ID:iL0SApVi

148 名前: 名無しさん@お腹いっぱい。 [age] 投稿日: 2005/05/16(月) 10:16:03 ID:iL0SApVi
> ■重要■ 誹謗・中傷は禁止です
> ・大勢の人が見ている2ちゃんねるに人や団体の悪口を書き込むのはやめましょう

手ぬるい。つーか効果ない。
リアル厨房、工房も見るんだから、
 
友だちや先生、団員や指揮者のことを書きこむのは危険です。
個人名や団体名を出すだけで、誹謗中傷未遂と心得てください。
プロバイダが情報を開示すれば、書き込んだ人は特定できます。
個人情報を書きこんで逮捕された人も少なくありません。
 
くらい書かないとダメ。
それでも監視人がいなければ防ぎようがない。
 
まあ、この板をつぶすのが一番安全。
150 名前: 名無しさん@お腹いっぱい。 [age] 投稿日: 2005/05/16(月) 10:26:43 ID:iL0SApVi
2ちゃんってのはそうだ。
9割が良スレでも残りがひどけりゃその板は悪。
自分らの感覚が麻痺してるのがわからんのか。
2ちゃんねるへの世間の目を考えろ。

こいつはこの板を荒らして、誹謗中傷板に持っていこうとする外道
無視しましょう

7 :1:2005/05/16(月) 15:54:21 ID:VWN7orh1
ま、荒らしに反応するのも荒らし・・・2chの鉄則だな。

俺も何度もこの先生の指揮で歌ってきて、プロの棒振りの凄さを体感した一人である。
これだけ長期に日本合唱界に君臨してきた御仁だ。毀誉褒貶があるのは当然だから、スレが
立っただけでほら誹謗中傷だと噛付く妄想厨がいるのも当然。
そういうのをすべて含めてこの偉大なる指揮者の足跡をたどることも意味があるだろう。

8 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/05/16(月) 15:59:32 ID:UcXDaafi
後を引き継ぐのは全てけいいっつぁんですか?
京都コンサートホールで真正面から彼の指揮を見て、
この指揮はアリなのかしらんと・・・

9 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/05/16(月) 16:00:22 ID:yF788lvC
たしかに嵐だが、なんで「誹謗中傷板に持っていこうとする」ことになんの?
口調はきついが、言ってることはまっとうでしょう。
それに、ここの>>1は追悼の意を示すくらいはして当然だよ。
 
>>5
日本人をスレタイにするなら「さん」付けしてもおかしくないと思う。
「死ね」とか書く人のほうが、どうかしてると思いませんか? 


10 :1:2005/05/16(月) 16:27:22 ID:VWN7orh1
まあこうやって勝手に妄想を形成して食ってかかる厨房がいるとは思わなかった俺もアフォかも知れんが、
追悼は
【訃報】合唱指揮者の関屋晋氏急逝【合掌】
http://music4.2ch.net/test/read.cgi/classical/1113114464/l50
こっちであったんでな。いまさら悲しい悲しいでもあるまいて。
これをはじめっから貼っときゃ良かったな。ちょっと反省。
でもはじめっから食ってかかっても荒れるだけだぜ。
ちなみに「死ね」ってのは俺じゃないよ。

11 :1:2005/05/16(月) 16:30:09 ID:VWN7orh1
あと合唱の板で、こういう伝説になった人物を語るのに敬称をつけるのは却って失礼なんだよ。
日本語を知っているのならな。

日本人なら、文学板で、「夏目漱石さんを語れ」、とか「志賀直哉先生を語れ」とか書くか?
それは却って失礼なことなんだよ。

12 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/05/16(月) 16:35:15 ID:1szv2sGW
三回忌が済む位までは>>1の考えはちと苦しいかも。


13 :1:2005/05/16(月) 16:37:15 ID:VWN7orh1
>>12
そうだな、はじめっからけんか腰で来る厨房にとってはなw

14 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/05/16(月) 16:37:39 ID:yF788lvC
おい・・・。
 
歴史的人物なら不要だが、先月まで存命だった人だから。
漱石だって没後しばらくは「夏目先生」だったよ。
分かると思うけどね、日本語を知っているのなら。
 
あっ、「合唱の板で」っていうんだから、この板のローカルルールか?


15 :1:2005/05/16(月) 16:39:54 ID:VWN7orh1
じゃあもう一つけんか腰の奴にもわかるように問うが、

クラ板で
「小沢征爾先生について語る」
とやるか???
そういう失礼なことを。


16 :1:2005/05/16(月) 16:42:51 ID:VWN7orh1
くどいようだが、その分野での大御所はたとえ生きていても敬称抜きで評価されるのだよ。それが大御所に対する敬意だ。

政治板で「小泉純一郎先生」
野球板で「鈴木一朗先生」
サッカー板で「中田英寿さん」

と書かないのと同じことだ。

17 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/05/16(月) 16:43:20 ID:1szv2sGW
>>15 おそらくこんな事だ、と理解して栗。
この「合唱板」にやってくる輩の何割かは
関屋先生に関係ある人物ってこと。

18 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/05/16(月) 16:47:30 ID:yF788lvC
だーかーらー。
 
最初に、普通に追悼や敬意を示すカキコがあればよかったんだよ。
あなた、実生活でも自分は正しいと思ってて煙たがられるタイプね。

19 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/05/16(月) 16:48:50 ID:xhVzGFCp
>>10
いやあ、そういうスレタイも困るんだよな。
1年位してから浮上されたりすると。

20 :1:2005/05/16(月) 17:20:31 ID:VWN7orh1
だからどんなスレにしようとも、どんな>>1の内容にいちゃもんをつけようと思えば、いくらでもつけられる。
ヤクザな奴はどこにもいるわけだからな。
単にそれだけの話。
合唱板がけしからん、というなら来なければいいだけ。
どうしても気に入らなければ削除依頼を出したら?
なんならひろゆきにたいして訴訟を起こしてこの板を潰してもらったら?

21 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/05/16(月) 18:05:44 ID:1mjkkoCD
とりあえず、1氏は喧嘩腰すぎですな。
荒らしだと思ってるならスルーすりゃ良いのに。
ちなみに自分は、芸能人だろうと政治家だろうと、敬称をつけるのは当然だと思ってる。
バッハをバッハ氏というのは苦しいけど、小泉首相とは言うし。

あと、>>11で言ってる「合唱の板で、こういう伝説になった人物を語るのに敬称をつけるのは却って失礼なんだよ」
これの根拠はとりあえず示しとこうよ。
根拠の証明もなしに「日本語を知っているのならな」ときちゃ、荒らしてくれと言わんばかりだよ。


…ネタにマジレスかー。格好悪くて申し訳ない。

22 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/05/16(月) 18:08:51 ID:1a3D65Nv
>>21
>>2を読んでから言えよ。

23 :21:2005/05/16(月) 18:26:58 ID:1mjkkoCD
 当然、読んでから言ってます。>>22
 あんなもん、風物詩みたいなもん(スレが出来た時の)ですし、スルーが基本だと思うんですが違うんですか?
 ちょっとスレを消費しすぎかと。

 ちなみに自分は、コーラスは楽しいを読んで、カルミナブラーナをCDで聴いたぐらいの縁です、関谷先生とは。
 ほぼ縁なしなんで、これ以降は書き込まんとは思います。

24 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/05/16(月) 18:37:03 ID:xhVzGFCp
住人の多い板だと「次スレで直せばいいや」、って感じで
結構寛容なんだけどねえ。

25 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/05/16(月) 19:22:54 ID:1a3D65Nv
>>23
結局いい散らかすだけかよ。
自分のレスはスレの消費に入らんの?

>>2のように勝手な思い込みで人を鬼畜呼ばわりするやつに対し、
言葉は悪くてもきちんと説明する>>1がよりけんか腰なのか?

>…ネタにマジレスかー。格好悪くて申し訳ない。
最後にこう書けば自分の発言が正当化されるとでも思ってんの?

とことん自分に甘いやっちゃな。つーか鬼畜呼ばわりが風物詩ってw
>>3はお前にも当てはまるんじゃないの?

26 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/05/16(月) 19:38:54 ID:J4C4SjEp
だれもまともに語らんのかw
まあここは俺が書いておこう。

関屋晋、合唱をかじった事がある人間ならば一度は耳にする、まあカリスマだったといってもいいでしょう。
私も関屋先生に練習をつけてもらったことが何度かあります。ほんとにプロの指揮者ってのはすごいなあって
思いました。いつも下手で周りに迷惑をかけていたような自分でさえ、関屋練ではすごく上手くなったような
気がしたし、現に周りの人間からも、いつも下手なお前も関屋練のときはましになる、といわれていたものです。
こういうカリスマが亡くなってとても寂しい半面、これからが日本の合唱界の正念場だと思います。
クラ板で、この人がいたから日本ではプロの合唱団が育たなかった、という意見を述べた人がいますが、
それまではマンセー一本やりだった私も、なるほど、そういうことかもしれないとも思いました。
毎日のようにあそこの合唱団、ここの合唱団、と巡っていらっしゃったようで、その地域のアマ合唱団は確かに
そこそこ育っていった、その功績は認めるべきだと思いますが、今考えてみれば一つところに落ち着いてプロの
合唱団を育てていたら、関屋さんのことだから世界に冠たるプロ合唱団に仕立て上げられたかもしれないな、
とも思ってしまいます。そしてもしそうなったのであるならば、関屋亡き後の日本の合唱も安泰だったんじゃないかな
とも思ってしまいます。
まあ妄想の範疇を出ませんが。


27 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/05/16(月) 19:44:57 ID:1szv2sGW
「晋友会」が「小澤征爾」から絶大なる信頼を得た経緯を
教えてください。

28 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/05/16(月) 19:48:35 ID:J4C4SjEp
他に無かったからなんじゃないの?
東混なんかなかなか引っ張り出せなかっただろうし。

29 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/05/16(月) 19:51:48 ID:J4C4SjEp
あ、あと21にレスつけとくと、練習をみてもらった私もスレタイは「関屋晋」で敬称なしでいいと思いますよ。
11とか16に説明があるように。合唱において大御所なんだから、合唱板に単独で立てるにはこうあるべきでしょう。

おっとくだらん燃料を入れちゃったかなw

30 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/05/16(月) 20:18:21 ID:1mjkkoCD
関屋先生は、具体的にどんな演奏をされる方だったんですか?
レッスンどころか、演奏すら直接には聴いた事がないので、ご教示いただけますと幸いです。

松原混声合唱団は、新しい歌とせんねんまんねんの演奏をCDで聴きましたが、あれは清水先生の指揮でしたし。
まあ、関西の人間なんで、なかなか縁がなかったのもあるんですが。

31 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/05/16(月) 20:19:38 ID:gldjJbhq
武満のCDを聴いたら「晋友会って酷いな〜」と思いました。
関屋晋本人いついてはどうとも思いませんが。

32 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/05/16(月) 20:22:33 ID:J4C4SjEp
確かにこの人は聴く人よりも、演ずる人を感動させた人だったかもしれませんね。

33 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/05/16(月) 20:40:02 ID:1mjkkoCD
折角なんで、久しぶりに海鳥の詩(ビクターのやつ)を聴いてみてます。
悪いとは思わないんだけど、ずば抜けて上手いとも思えない。
どちらかと言うと、昔の演奏を聴いてるような、ノスタルジックな気分になる。
でも、カルミナブラーナは、かなり巧いと思うんだけど。うーん。

って、録音が81年か。そりゃ昔の演奏だよな。

34 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/05/16(月) 21:17:11 ID:1mjkkoCD
あ、海の匂いの演奏は良いと思った。

35 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/05/16(月) 21:33:56 ID:Lo4cTdk3
81年ていうと、発表されて間もない頃だよね。
人気曲の海鳥はあちこちで歌いこまれてきたから、現代にその当時の演奏を聴くとちょと違和感があるのはやむをえないだろうけど、
それを割り引いてもいい演奏だと思うよ。
それから>>34「海の匂い」は「海の詩」だよ。

36 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/05/16(月) 21:36:26 ID:x71U+fFn
ああ、愚かで非礼で好戦的な>>1をお許しください・・・ 
 
ところで、関屋氏ってどんな練習をしたの?
どうも耳がいいってタイプじゃなさそう、というか
音程とか和音を郵船するタイプじゃなさそうなのですが

37 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/05/16(月) 21:55:39 ID:Lo4cTdk3
一番ひどいのは>>2だよ。↑あんた>>2だろ。


38 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/05/16(月) 21:57:54 ID:1Ecq/Cf6
>>2は言論弾圧を狙う腐れ外道。
この板とスレの存在を否定する>>2にレスをつけるな。

39 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/05/16(月) 22:16:15 ID:BAf9k9d8
まあまあ、せっかく正常な方向に行きかけたんだから、荒らしレスは無視してマターリいきましょうや

40 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/05/17(火) 00:24:49 ID:teNwxLJU
今年のはじめにあった関谷先生の合唱講習会に行けばよかったと、今更ながら後悔してます。
来年も来るよ、なんて甘い考えだったなぁ。

41 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/05/17(火) 02:09:26 ID:TQF03NOZ
>>35
 あ、海鳥の詩ってのは、ビクター発売のCD(海鳥の詩、海の詩を収録)を指したつもりでした。
 わかりづらい書き方でスイマセン。

 関谷先生のご逝去のことは、京都でのジョイント(松原混声合唱団、京都エコー)に行った連中から聞きました。
 少し高かったけど、やっぱり行けば良かったと後悔した。
 最後にお作りになられた音楽を、受け取れなかった(そのチャンスがあったのに)ってのが、後悔の種です。

42 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/05/17(火) 02:12:45 ID:kwKInpoc
私は関西人なので練習を受ける機会がなく、どのような練習をされたか気になります。
私も36さんのような気がするのですが、どうなのでしょうか。

>音程とか和音を郵船するタイプじゃなさそうなのですが

43 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/05/17(火) 08:43:53 ID:TXp5WA8T
そーいやうちにレコードで(笑)ヴィクターの海の詩・海鳥の詩があったな。
また聴きなおしてみようと思ってもプレーヤー蛾ぶっこわれてるw

44 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/05/17(火) 19:10:20 ID:fWSbXt9r
>>1は見苦しいね、嵐の思うつぼだ 
代表的録音って、小澤との桶ものになるのか? 

45 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/05/17(火) 19:31:22 ID:afM7OBVM
>>1だの>>2だの、いいかげんにやめれ。
せかっくちゃんとしてきたのに。
死ね44=2。

46 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/05/17(火) 19:40:32 ID:HpOCx17c
>>2=ID:iL0SApVi=>>44はかなりの粘着厨だからな、自治スレでの異常な粘着振りを見ればわかる。
荒らしは無視すればいいとは言えど、こうも粘着するってのは精神に異常を持ってる人だね。>>45ももう怒るな怒るな。
精神異常者は刑事処分さえ免れるんだからさ( ´,_ゝ`)プッ

47 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/05/17(火) 19:41:37 ID:fWSbXt9r
勝手に決めつけるな。無視すりゃいいんだよ。
藻前こそちゃんと議論に参加汁。
「死ね」とか書いてる時点で負け犬よ。

・・・あ、漏れも無視すりゃいいのか

48 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/05/17(火) 19:43:08 ID:HpOCx17c
んでこれ以降>>1はヴァカだの>>2は基地外だの言うことは亡き関屋さんを冒涜する行為とみなします。
皆様、マターリ語ってくださいませ。

49 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/05/17(火) 22:03:52 ID:qbfKo191
( ´,_ゝ`)プッ

50 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/05/17(火) 22:45:35 ID:XiAGr4LS
私の出身大学の混声合唱団はずっと前から関屋先生を定期演奏会の客演として毎年お迎えしていました。
上にも書いてあったように、数少ないのだけれど関屋先生の棒で歌うと数倍も上達したように感じられ、魔法の
指揮棒なんじゃないかななんて感動しました。
でもウチの大学、その感動で止まっちゃったんですよね。一年生のときに初めて関屋先生の指揮で歌うとまた
来年、また来年歌いたい、となってしまってずるずると何年もきてしまい、それで満足してしまったためにコンクール
にも出ず、客観的な評価を受けないできてしまいました。
大学卒業してしばらくたってみて冷静に考えてみると、あまりに関屋先生におんぶにだっこで、進歩が止まっちゃった
ような気がしてます。
それだけ凄い指導力だったんでしょうけどねえ。

51 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/05/17(火) 23:41:20 ID:MR16vSQF
先生はねえ、とにかく根性論な人だったよ。納得いくまで、同じ箇所を何回でも繰り返すし。
部員が少ないと意地でも集めなきゃ、俺はふらねえみたいなこと言うし。泥くさいイメージだな。

練習以外の部分だと、40人くらいの飲みで全部奢ってくれたり、一緒に雀荘いって麻雀うったりw
気さくでいい人だった。音大、芸大出身の先生とはひと味違うと思われる。

52 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/05/18(水) 00:11:57 ID:1S1/H4k8
工エエェェ(´д`)ェェエエ工工
7年前に先生の指揮で歌ったことがある…優しい先生でした。
ご冥福をお祈りします…

53 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/05/18(水) 09:47:16 ID:SX644SmB
歌う側にとってはネ申だったんだけど・・・
一般には殆ど知名度がない。
このギャップはなんだったんだろう。

54 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/05/18(水) 11:38:21 ID:p2zTuMy6
>>51
3回やってダメだら次に行く、とかご本人が書いてたと思ったけど。
いつごろの話? 

55 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/05/18(水) 12:59:52 ID:/AjY7yq6
どんなに関屋氏がんがってもプロ集団(東混)にはかなわない。これはやむをえない。
日本合唱ももうアマチュアが支える時代は早く終わらせなければならない。
そしてヴェルディのオペラなんかがもっとどんどん国産で演奏できるようにならなければ。

56 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/05/18(水) 13:02:41 ID:e3I6+XZn
>>55 功を得るため、コンクール偏重になり、
演奏者にとって合唱は芸術ではなく競技になってしまう現状。

57 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/05/18(水) 13:46:56 ID:47xbg9iL
うちの合唱団の指揮者のお師匠さんだ
俺はよく知らないんだけど凄い絶賛されてるね。俺も会ってみたかったなあ。

58 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/05/18(水) 15:17:29 ID:7qC06hir
結局音大出じゃなかったかんなあ、プロ合唱団を作る、みたいなファイトはなかったんだろうけど、
それでもやって欲しかったな。この人がやらんきゃ誰も闘魂以外のプロ合唱団なんかできねえと
思ってたんだ。

59 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/05/18(水) 16:09:23 ID:p2zTuMy6
つーかプロじゃ儲からないでしょ、それどころか持ち出しになりかねない。
桶だってアマチュアで十分という姿勢だから。
オペラなら深刻の合唱団?もあるんでわ 

60 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/05/18(水) 19:10:50 ID:q0GY0wMM
   合唱で人生を狂わされた香具師   
http://bubble3.2ch.net/test/read.cgi/chorus/1115500736/l50

ってスレがあるが、この人もその一人だったんだろうなw。もちろん狂わされて喜んでるんだろうけどね、今も草葉の陰で。

61 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/05/19(木) 16:54:54 ID:9qKumU7O
客演のステージ料高かった・・・
と当時は思ったが、今考えると安かった。。。(つД`)

たしか若い頃胸を悪くされた、ときいたことがある。それが突然の逝去につながったのかなあ・・・




62 :51:2005/05/19(木) 22:51:01 ID:nxswic2E
>>54
僕が教わってたのは、7,8年前くらい。ちょうど、著作を出した頃。

それは岩波の本に書いてあったことでしょ?あの本はお上品すぎて当人の印象とは微妙に違うかもよw
まあ、うちの団だけ違ったのかもしれんけど・・・

63 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/05/19(木) 23:15:51 ID:cK+V1JIQ
ほんと、もっともっとご指導をお願いしたかった。
怖くはなかったけど、厳しさを感じたなあ。

64 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/05/20(金) 00:57:43 ID:s4vVOTeF
>>51
東Kグリーですか?
麻雀@交差点地下のロン

65 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/05/21(土) 00:40:40 ID:/gXZUAOT
オヤジなぁ。

無駄がなかった。どの歌い手よりもパワフルだった。
そして一切妥協しない。ダメなら最初からやり直し。

でもなぁ、理不尽に感じなかったなぁ。
あの厳しさは、こちらへの愛情と熱意の裏返しって肌身に感じられたからだろうなぁ。

66 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/05/21(土) 21:55:49 ID:jvQItRsC
高田三郎みたいにモノが飛んでくるような指揮者も、また熱意と愛情がありまくりなんだろうけど。

67 :51:2005/05/22(日) 22:13:26 ID:SIqhw5yN
>>64
ビンゴですね。 というか、あなた、私の知ってる人ですよね?ww

>>61
失礼かもですけど、客演のステージ料っていくらくらいだったのですか?
差し支えなかったら教えて下さい。

68 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/05/23(月) 22:50:09 ID:bOeFEP0q
この人早稲田出た後なにしてたの?
そのあたり謎なんだけど

69 :61:2005/05/23(月) 22:52:39 ID:soa6LYr3
>>67
内緒にしときますわ。
もし、関屋先生よりも高く取ってる人がいらっしゃって、
「関屋先生が××円らしーのにー」
みたいになったら問題でしょw

70 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/05/24(火) 00:42:15 ID:PMRRSPIp
>>69
そんなのよくあることじゃないかな?

とりあえずは比較はしない方がいいよ。
良い演奏会を催したかったら・・・



71 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/06/03(金) 02:58:06 ID:wpPAeP8s
教育テレビに出演中 

72 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/06/03(金) 10:38:55 ID:J6vcVYjl
とりあえず今日晋友会のドイツレクイエム聴きに行ってきます。

73 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/06/07(火) 13:57:54 ID:2MZfIKl6
>>72
どうでした?


74 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/06/08(水) 07:47:35 ID:zyZMGJwy
拍手は師を亡くされた事への同情かな?
まあ女声がオバサン声で高音届かないし。
テンポが速かったのでかえって救われた。

75 :72:2005/06/08(水) 10:59:31 ID:VkLMMQkB
アルブレヒト指揮、読売響でした。
最初に珍しいアカペラの曲をやって、これはなかなかよかったです。
ドイツレクイエムは、若干テンポが速かったような・・・?


76 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/06/08(水) 22:27:55 ID:JEzuKGTy
sage

77 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/06/08(水) 22:56:23 ID:wzS99Nv+
6/1のサントリー聴きに言ったけど、確かにソプラノが不揃いで醜かったね。
“ルネッサンス・バロックだろうと、新古典派だろうと、わが道を行く”みたいに、
落ち気味のハスキーな声と、強いビブラート歌声が入り混じってって気持ち悪かった。

あと、全体的にはレヒナーとブラームスで同じ人数(90人弱?)だったけみたいだけど、
アカペラのレヒナー(ステージ上)は密集体型でゴチャゴチャと人数が多過ぎで、
オケと一緒のブラームス(P席)では、逆に少な目だったんじゃないかなぁ?
弱音部はオケの音がデカすぎた嫌いもあるが、強音部のTuttiは完全に埋没してた。



78 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/06/11(土) 21:14:53 ID:mdxcjg1L
sage

79 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/06/11(土) 21:29:07 ID:j7AoLZiY
誰かも書いていたけれども、あの人みたいなのプロの指揮者っていうの?
知ってる人は書かない。まともに答えて欲しい。
アマチュアを食い物にしてったていうのは言い過ぎなの?

80 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/06/11(土) 21:51:31 ID:IvzI/6m0
>>79
「プロ=指揮活動を本業・生業にしている」と定義するなら、あてはまる。

81 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/06/11(土) 23:20:02 ID:bjL951Aj
>>79

意図していることがつかめないんだけど、
何の疑いもなくプロの指揮者でしょ。
肩書きを知っている人なら誰でも知っていることだから、
いまさらここに書かなくてもいいくらい当たり前のことと思うが。

アマチュアの合唱団を相手にしてたから、現実のお金の流れは
アマチュアからご当人の生活費へ、って側面もあるけど
雇い主であるアマチュアに本質的な意味で嫌われてしまったら、
すぐにでもおまんま食っていけなくなる、かなしい自由業ですよ。
何か別の権力を背景に暴利をむさぼっていたならともかく、
合唱指揮者が合唱指揮者としての仕事をして稼いでたわけだから
2ch上での表現なら「食い物」とかいう言い方をする人もいるだろうけど、
責任のある大人の言葉としてなら、今回は該当しない、
と見るべきかと思います。

ネタにまじレスだったら恥ずかしいなぁ


82 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/06/12(日) 00:40:03 ID:bR3gbIPa
「食い物」にするような人だったら「飯の食い上げ」になってたはずだよ。
俺はこの先生の指揮で歌えて幸せだった。

83 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/06/12(日) 01:46:05 ID:/9rGXNab
>>79
アマチュア上がりのプロということだろう。実際、経歴などは群を抜いているわけだし。
それとも、学歴などの必要条件が整ってないとプロと見なさないとでも言いたいのかな。

食い物にしてた。ってのは、相場より高い金額でやってた。てことを言いたいのかも知れないが、
なんだかんだ言って、それなりの還元はあったのですよ。金銭で還元ということではなくてね。

なんにせよ、合唱界のノンキャリ?としては目標とすべき人物の一人なのでは?

84 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/06/12(日) 02:17:25 ID:8QQ7L/xu
音大出身者じゃないとプロの演奏家を相手に振っちゃいけないっていう
暗黙の掟はあるらしいよ。アマを指導することは全然オッケ。
音大で、指揮科出身じゃなくても奏者から指揮者になってプロ相手に振るって
ケースはいくらでもありえるけど、少なくとも音大は出とかないと
プロを振る資格は与えられないそうな。

85 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/06/12(日) 04:38:23 ID:tePfX7a5
>>84
例外:北村協一
(音大卒ではないが、二期会だか藤原歌劇団だかのオペラを振っている)

86 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/06/12(日) 09:17:04 ID:TLXS0PPh
>>84
超例外:朝比奈隆といえよう。
(若い頃から北ドイツ放響といった外来オケも振っている。

87 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/06/12(日) 10:45:39 ID:vmx6GOmt
石丸寛、前田憲男、ストラヴィンスキー、ビーチャム、
クナッパーツブッシュ、シノーポリも。
音大出ではない指揮者は案外多い。
「音大を出ていない異色の指揮者」だとか書かれるけど、
実はそう例外でもない。

後二者は普通の大学に行くかたわら、音楽院で習った
という経緯があるが。

88 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/06/12(日) 10:59:29 ID:eHZRVkS7
たしか芸大の指揮科ってほとんど学生とらないんだよね。

89 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/06/12(日) 11:18:49 ID:3Dh0gupV
>>87>>88
なんか他に専攻の楽器があって次に指揮科に進む。
佐渡裕は音大でフルート専攻だけど指揮は独学ですよ。
トートツに棒振り回して指揮者になれる訳はないから、
クナやシノーポリはどんな楽器弾けたのかな。

しかし音大出てない指揮者の例に前田憲男とストラヴィンスキー並べるか?


90 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/06/12(日) 11:25:24 ID:eHZRVkS7
>>89
なるほどtonks
関屋の存在ってのは、たとえば小沢征爾みたいな指揮者と存在意義が違うんだろうとおもう。
小沢はプロの楽団を率いて、聴衆に気持ちよい音楽を聴かせるのが第一
関屋はアマチュアを相手に、演奏する側をいかに気持ちよく歌えるようにするか、が第一
のような気がする。まああくまでも俺の勝手な感想で異論はあろうけれど。
でももちろん、そういう存在は貴重だった。

91 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/06/12(日) 11:40:12 ID:3Dh0gupV
>>90
だからアマチュアしか振らない人のことを、プロの指揮者と呼べるのか?
ってことでしょう。

92 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/06/12(日) 12:29:55 ID:z2nZFtGE
>>90
うん、わかるような気がする。
結果的に聞いてるほうも幸せになる場合もあるし、そうもいかない場合もあるけど、
演奏側はほんとに幸せで合唱がすごく好きになる。その功績は大きいと思うヨ。

別に「プロの指揮者」と呼べようと呼べまいと、そんな肩書きは関係ないやね。
あのように合唱音楽とその歌い手に向き合って生きたひとと
同じ時間を共有できたことがあるっていうのが自分にとってのかけがえのない宝物さ。
自分もすごく成長できたと思う。
申し訳ないけど、先生のすばらしさは接したことのない人には上手く説明できないなぁ。

93 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/06/12(日) 17:42:05 ID:eO5RLFlR
関屋晋(フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』)
ttp://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%96%A2%E5%B1%8B%E6%99%8B

もっと書くべきことがたくさんありそうな気がするな。

94 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/06/12(日) 19:29:35 ID:mDcUWyDp
>1994年「藍綬褒賞」2002年「勲五等双光旭日賞」を受賞。
恥ずかしながら知らなかった。

95 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/06/12(日) 21:37:56 ID:hS1oNXOz
今後彼の後は誰が継ぐの?
松原はどーなるの?

96 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/06/12(日) 21:37:57 ID:FNNOK7jM
91みたいなバカには困る

97 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/06/12(日) 22:10:16 ID:l8M0aG0k
>>96
ベルリンフィルの定期で「カルミナ・ブラーナ」の合唱指揮を務める、
っていうのは物凄いステータスですよ。
にも関わらず、関屋晋が在京のオケの定期で「カルミナ・ブラーナ」の
本番に呼ばれことはなかった。客呼べるのにね。

何故ならば、彼にはオケを振る能力も意思もなかったからですよ。
情け無い事だと思う。

98 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/06/12(日) 23:16:06 ID:puy8wo5k
>>97
プロのオーケストラと合唱指揮として協演して評価される、ということはやはりプロだと思う。
「カルミナ・ブラーナ」は晋友会以外にも何回か合唱指揮ならやっている。
関屋晋はプロのオーケストラを振ったこともあるけど、本人が合唱に情熱を傾けていたから
オケを指揮することには強い意志を持っていなかったことは確かだろう。

99 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/06/12(日) 23:19:29 ID:vmx6GOmt
>>97
管弦楽伴奏の合唱曲も(合唱指揮じゃなくて)指揮
したことが何回かあるみたいです。
私が知っているのは、十数年前にデュリュフレの
「レクイエム」を振ったことだけ。

ただしプロオケを指揮したことがあるかどうかは不明。

100 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/06/12(日) 23:29:24 ID:DYS1a1Ne
ていうか合唱指揮でメシを食っている時点で、プロ以外の何ものでもないだろ。
プロであるかどうかと傑出した音楽家であるかどうかはまったく別問題。

傑出していないプロ音楽家など腐るほどいる。当たり前の話だ。

101 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/06/12(日) 23:36:30 ID:/9rGXNab
>>89
確かに。国内と海外ではそもそも違う希ガス。

>>100
全く同意。

102 :98:2005/06/12(日) 23:48:04 ID:puy8wo5k
>>100
確かにそうですね。私は関屋晋は傑出したプロだと考えてます。
>>99
新日フィルを振ったことがある。地方の「第九」公演だったけど。

103 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/06/12(日) 23:50:18 ID:FTlsDAUI
何にしろもっと生きてほしかった

104 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/06/13(月) 00:12:29 ID:zCt7KVai
>>102
そんなに傑出したプロなら、なんで小澤の下振りに甘んじてたの?

105 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/06/13(月) 00:30:11 ID:rXfXM2od
関屋晋は「合唱指揮」担当であって小澤の「下振り」ですらないと思う。

それはともかく、小澤の下働きであることは傑出したプロであることと
何ら矛盾しないと思うのだが。素朴な疑問。


106 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/06/13(月) 00:35:27 ID:07VV5Aqr
>>104
そこにケチをつける意味がわからない

107 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/06/13(月) 00:39:54 ID:rXfXM2od
>>104

松井秀喜は傑出したスラッガーと考えらえれている。
だが大リーグでは松井を上回る選手がいる。
ゆえに松井は傑出していない。

みたいな論理でつか?

108 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/06/13(月) 02:44:32 ID:nd6AephZ
高校時代、部活でお呼びして練習を付けていただきました。
今、考えてみるとすごく歌う感じや疑問点が分かり、大変疲れても格段にレベルアップできた物でした。

こんな所からではございますが、ご冥福をお祈りいたします。

109 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/06/13(月) 03:27:25 ID:zxoC40pu
>>105
合唱指揮者ってのは結局、下振りなんだろうけど
小澤と関屋さんの場合だと、小澤は関屋さんに
いちいち確認していたらしいし、合唱にオケを合わせるって
こともあったらしいよ。

110 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/06/13(月) 08:28:35 ID:gtfWTHYF
小沢征爾は歌が入る音楽を苦手だ、とされているらしいんだよね。
だから傑出したその分野の人に支えてもらう、ということだったのじゃないかな。
サイトウキネンフェスティバルにも一時、関屋が合唱指導に来ていた。

話はちょとそれるが、海外でもビッグネームの小沢はオペラが苦手で、本場でオペラ公演がなかなかできない。
それでサイトウキネンフェスティバルをやる長野県松本市は、小沢の肝煎りでぼろい市民会館を130億円もかけて
すんごいオペラハウスに改装しちゃったんだよね。そこで小沢の腕磨きをしてもらおうと・・・
でも無駄遣いの批判を受け、そのオペラハウスを計画した市長は落選し、長野県は財政事情から、サイトウキネン
への援助を減らしたことから金食い虫のオペラは結局フェスティバルではできなくなってしまった。なんとも皮肉。


111 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/06/13(月) 22:32:31 ID:RMj3/DXr
>>109
小澤って人は、クラシック界の長嶋茂雄とでも言うべき人で、
他人の意見を、その場では納得したような顔をして聞いているが、
いざ演奏が始まると、全部自分の思った通りにやってしまう。
合唱にオケが合わせるなんて、まずありえない。

>>110
今年のサイトウ・キネンは「グレの歌」で、
あの人、ああいう合唱の付いた大曲は大得意ですよ。
「カルミナ・ブラーナ」もそうだけど。

小澤がオペラ下手なのは、歌手の息に合わせられない、
自分勝手にオケをドライブしてしまうから。
だから歌手の生理を無視して作曲された現代物は大得意ですよ。






112 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/06/14(火) 00:22:45 ID:L/ozPC19
>>109
合唱指揮は下振りあるいは下働きとは違うのではないでしょうか。曲における合唱の役割を理解し、
オケ指揮者の要求を合唱団に実現させるのが役目ですから。ソリストが協演するのと
同じ立場かもしれません。カーテンコールで紹介されるのはそれなりの意味がある
ように思います。

113 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/06/14(火) 01:33:04 ID:a/nYzV0T
>>112
禿しく同意



批判的な意見もあるけど、合唱指揮者としてあれほどの功績を残された方であることは
良識ある方々はご理解されていると思う。

オケで指揮をすることよりも、人の声で音楽を作ることを第一に考え音楽を作ることを生業とされた。
そういう方だと思う。

プロとかそういう個人的見解はどうでもいい。

あの方の行跡を見てみれば。
批判もあるかもしれないけど、私は批判できない。
批判できるレベルに至ってないから。


114 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/06/14(火) 16:27:19 ID:T3Etmnz6

団員同士の仲が悪いのはなぜ?

これも故人の教え?

115 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/06/14(火) 19:34:19 ID:Q/oOnJG/
>>112
111に書いたように、小澤は共演者に相談するクセに、
本番ではその意見は無視して、自分の思った通りにする。
協奏曲のソリストや歌手たちはカリカリするんだけれども、
あの人には桁外れのカリスマがあるし、本当にノセるのが巧いから、
小澤だからしょうがないや、と納得させられてしまう。

でも本番に出ないオペラの演出家や下振りの指揮者なんかは堪らない。
何も意見を聞かれなければ、お仕事と割り切れるのに、
なまじ自分の意見を聞かれた上で無視されるんだから、ホントに鬱憤が溜まる。
実際あの人、口先だけは言うんですよ。「ここは、オケが合唱に合わせましょう」
とかね。実行はしません。

だから見栄張ってたんですよ、関屋晋。察して上げないと。
下振りの仕事って、そんなキレイ事じゃないですよ。

116 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/06/14(火) 20:08:46 ID:VIQ8h/tR

↑↑↑ 何を一人で能書き垂れているんだか。。。


117 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/06/14(火) 20:19:47 ID:Q/oOnJG/
>>116
あなたにも分かるように簡単に言えば、
小澤と関屋晋が対等の関係を保っていたというのは、
単なる幻想に過ぎない、ということです。


118 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/06/14(火) 20:49:18 ID:3yJcfFxj
「ここは、オケが合唱に合わせましょう」は、テンポでなく、音色とか表情とかに対する指示でしょ。
どっちかというとオケの問題だと思われ。

119 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/06/14(火) 20:57:04 ID:VIQ8h/tR
誰も対等だなんて言ってないんじゃない?
本棒の指揮者に合わせるのが当然だし。
漏れも激しく>>112さんの意見に胴衣。


120 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/06/14(火) 23:28:47 ID:ZAaPoMrO
>>117
知名度、認知度、行跡等、考えれば、誰も対等だとは思ってないでしょう。

ですが、仕事というか演奏会は一人でやるものじゃないですからね。
広い意味で言えば、ハジッコの観客だって共演者です。
小沢氏のパートナーとしてやっていたのは事実。パートナーにすらなれない人だって大勢いるわけで。

ありままの関屋先生を見て、やはり立派な方だったと思いますよ。

121 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/06/15(水) 08:45:08 ID:PqvBJnMW
…で、「晋友会」はいつまで続けるの?
幾つかの団体では団自体を解散をしたり、
外部から新指導者を迎えると聞いたけど。

122 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/06/15(水) 08:54:52 ID:XImPVFg3
とりあえず清水敬一(字あってる?)が振るんじゃない?>晋友会

123 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/06/15(水) 09:13:20 ID:Gn7kGLCD
性格悪いみたいだから、みんなごっそり辞めそう。


124 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/06/15(水) 10:10:09 ID:v4/4vooX
>121
まあ、ネームバリューとしては断トツだし、
マネジメントの関係で当分続けるんじゃない?
改称したら仕事来ないだろうし。

ただ、演奏水準や人数を確保する為には、
構成団体を補充しないと無理じゃないの。
(単独でのマラ8はもう無理みたいだし)

125 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/06/15(水) 13:20:08 ID:7AeXsg0n
そうまでして名前残さんだろう!

来年の予定はまだ空白らしいから、年内いっぱいまでか、
一周忌とか、三・五・七回忌あたりが節目じゃない?



126 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/06/15(水) 18:02:52 ID:60Mk/yT0
>>125
「セキヤ・キネン・コーラス」にすればいいじゃん。
「晋偲会」とか。

>>123
確かに清水敬一じゃあ、もたんな。
お付き合いないので性格は知らんが。



127 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/06/15(水) 23:06:02 ID:ZJ9BNyWS
>>123
別に悪くないだろw むしろ気さくな人だ。
ただ、歌ってる方はけいいちさんじゃなくて、オヤジを慕って集まってたわけだからな。
そこを納得するかどうかが、一番の問題じゃないの?

128 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/06/15(水) 23:30:46 ID:mdsuMkNN
あのイヤミが気さくかぁ???

ようやく自分の天下になったから今後誰に遠慮することなく
嫌いな奴や気に入らない奴をトコトン攻撃しはじめるだろうな。


129 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/06/16(木) 00:16:19 ID:6HoNVRxM
確かに傲慢で人を見下してる様なところあるね。

そういえば、ここの女声って挨拶しない(できない?)よね。
こちらから挨拶しても、無視する人が多い様な気がする。
派閥あるし排他的で人の悪口多いし。これって伝統?


130 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/06/16(木) 00:31:02 ID:IunDvFc7
2ちゃんで匿名性を利用して悪口書くのと同レベル

131 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/06/16(木) 09:27:20 ID:Oq7iEJ04
結句晋友会関係者ここ見てるのかな?
俺は知り合いがいるんだけど。

132 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/06/16(木) 11:45:35 ID:lCmjhru5
>>130
あれ? ここはどこ? それともツリかネタで言ってるのかな?
はたまたDAT落ちしそうなクラ板の方にも書き込めって誘導か?

>>131
カキコの半分は関係者じゃない?

133 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/06/17(金) 00:00:51 ID:aKIUqz50
うちの団の指揮者敬一先生なんだけど…
気さくでおもろいしとってもいい人だと思うんだけどなあ…( ´・ω・)

134 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/06/17(金) 00:04:50 ID:1pDdFNgG
清水敬一先生の良いところを知らない人はその程度の方と言うことで・・・
おつかれさまでしたm(_ _)m

135 :130:2005/06/17(金) 00:15:25 ID:+XwCycyr
>>132
そんなに簡単に釣られないでよ…

136 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/06/17(金) 01:06:43 ID:mdDA20ad

>>134
> 知らない人はその程度の方

コーマン臭プンプンだな

137 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/06/17(金) 01:52:17 ID:/uWdXAff
>>133-135

僅か15分でキャラとIDを巧みに変えてのsage進行、乙です。
大変勉強になります。

>>136

腐ったチーズ系の匂いですか?(…って、下ネタかよっ!)


138 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/06/17(金) 01:57:57 ID:1upkLIx8
酷いスレですね。俺まで自演扱いかよ。
まあいいけど( ´・ω・)

139 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/06/17(金) 08:41:57 ID:2nya8Wj2
酷いスレですね。私までマンガ扱いかよ。
まあいいけど( ´・ω・)


140 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/06/17(金) 10:00:20 ID:rTmINlg0
>>137の釣りとノリツッコミが
まったくおもしろくない件について

141 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/06/17(金) 10:09:06 ID:tfIRk9Dz
でも勲章をもらえるくらいだから、意外に合唱というもんはお偉いさんにも認知されてるんだな。
俺の周辺では合唱をやってる、ってのは変人にみられちゃうんだけどw

142 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/06/17(金) 11:02:19 ID:WW5oMeuT
女性がコーマンチキなのは、言わずと知れた一部の団だけでしょ。
ガンは取り除かれたかと思ったんだけど最近再発したみたいだし。
他の人もみんな、新人の頃は正常でも感染していくみたい。  

143 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/06/17(金) 17:36:47 ID:NWHRmuS9
負の遺産なのかもしれませんが、関屋先生から話が微妙に逸れてきましたねぇ。
的外れな長文能書きたらたら君がやってきて振り回されるのもご勘弁ですが…。 

144 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/06/17(金) 19:43:47 ID:10zjS8Hl
関屋先生亡くなったの!?
二年前に会った時はあんなに元気だったのに・・・。
ご冥福をお祈りします。

R.I.P

145 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/06/17(金) 20:16:51 ID:AMUUrJKA
>>140
痛いところを突かれた様だね!

>>143
うん、アソコのアレね!

146 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/06/17(金) 20:20:07 ID:AMUUrJKA

>>143ぢゃなくって、>>142だった!


147 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/06/18(土) 10:09:06 ID:DKInq6YV
今日藤沢行く人、感想ヨロ。

148 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/06/18(土) 22:56:25 ID:yQF2uq3l
>>147
一言で言えば、「エレクトーンが壊れた」。
これに尽きる。

149 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/06/18(土) 23:12:19 ID:El6iOdwi
2ch風に

エレクトーン蛾ぶっ壊れた

150 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/06/18(土) 23:28:54 ID:vF32fKMw

…で、どうしたの?

151 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/06/18(土) 23:36:34 ID:ShaLdIFA
話を戻すが、晋友会は続くと聞いたがな。

……だが、もう関屋氏がいた頃の音楽は、もうどうあっても再現不可能だ。
どれだけ同じ練習をしようと、同じ発声をしようと、
あの人の下で、あの人が聞いてなければ出来上がらなかったものがあるからな。
そういう意味では、もう、晋友会はちょっと間は続けるにしろ、内部の人間が違和感を感じ始めるだろうし、
消滅に向かっていくような気がする。

先年、ウチのT先生が亡くなられた時に実感したことだが。
そこを自分で自覚するにせよ、認めるのが辛かった。


152 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/06/18(土) 23:44:53 ID:jV1C1ImK
別に戻さなくていいよ。流れを嫁!

153 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/06/18(土) 23:54:30 ID:h7qlGLVf
まあせっかく脳餓鬼が戻ってきたんだから聞いてやれや。
またお得意の的外れ連発で楽しませてくれるかもしれんし。



154 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/06/19(日) 00:25:57 ID:yXMD0m4o
>>151
うーん、そうだねえ。晋友会の人間でも、この先どうなるかわからん。って言ってたから、本当に不透明なんだろうね。

でもさ、あれだけの人材達がいきなり合唱やめるとは言わないと思うし、
消滅というより形を変えていくと言った方が正しいんじゃないかな。

155 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/06/20(月) 20:49:56 ID:T8RfLMkv
同意。
関屋さんが望んでいるとしたら会の存続云々じゃなく、そこにいる人たちが歌を続けてくれるかだろうしね。

156 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/06/24(金) 11:11:41 ID:RLgtHJ2E
>>31にもあるけど、
武満のレコーディングは正直ひどかった。
あの頃はもう斜陽だったと思う。
カルミナでフィリップスに信用されたからといって、
アカペラで和物はきついと思う。武満さんも
お世辞を言ってくれたけど、満足していないことが
よくわかった。高音ピッチ下げてる人もいたし、
フィリップスの人が、「あーあ」って感じだった。
いざCDが出来てみると、明らかに下がっていた一小節が
完璧になっていた。操作したに違いないと思ってしまった。

晋友会は本当に素晴らしかったと思う。「音楽の友」の、
「好きな合唱団」のアンケートで、一般のクラシックファンに
ウィーン少年合唱団や二期会に続いて、確か8位ぐらいに
入っていたと思う。本当に客を喜ばせている手応えがあった。
でもいつからか、オヤジは歌を忘れたカナリアになった気がする。
人間としてのパワーは衰えてなかったかもしれないけど。
あんまり書くと俺の顔割れちゃうなw

157 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/06/24(金) 16:10:06 ID:J3zTXZ7u
>>156
武満のレコーディングメンバーだった方ですか?
それともメンバーに成りすましたニセ者ですか?



158 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/06/24(金) 17:05:39 ID:RLgtHJ2E
>>157
ホントかウソかは読む人の判断に任せますw

49 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)