2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【シルク】喜多郎【ロード】

1 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/05/30(月) 22:24:46 ID:gqrF99jE
ぶっちゃけシンフォだろ?

2 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/05/30(月) 22:41:41 ID:1pr4q0Fu
父さん!

3 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/05/30(月) 22:46:48 ID:2mCTSQwR
シルクロードのCD多すぎてわけわからん。

4 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/05/31(火) 23:50:00 ID:0En+k5UD
結構プログレだと思う。当たり外れ多いけど。

5 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/06/01(水) 11:02:18 ID:1/GfbVJ7
まず、自分で自分の曲をチャンポンにして新曲としているケース。

前半「水に祈りて」 + 後半「Journy to a fantasy」 = 「大地の囁き」

もろ他人のパクリ。

「Strength」 = 「火星」(グスターブ・T・ホルスト作曲「組曲・惑星」より)

6 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/06/01(水) 11:04:23 ID:1/GfbVJ7
喜多郎使い回しフレーズ集!
喜多郎の作品には同じフレーズが頻繁に出てくる。
では、その”ほんの”一部をご紹介しよう。

メロディーパート「タララタララタララタララ」:
(こう書いただけで喜多郎ファンは何のことかわかる人も多いだろう)
「大銀河」(天空)、「黎明」(古事記)、「Kokoro」(Mandara)他にもあったかな?
ライブではこの「タララタララ…」がより多くの曲に臆面も無く出てくる。

バッキングパート「タララララララー」(ストリングス):
「Kiotoshi」(Gaia)、「水に祈りて」、
「Maya magic」(An ensient journy)他にもあったかな?

バッキングパート「アアッ」(コーラス):
「Sampona danse」(An ensient journy)、
「Cocoro」(空海の旅)他にもあったかな?

ライブアルバム「daylight, moonlight Kitaro live in Yakusiji」
に収録されている拍手や歓声は全て後から重ねられたものです。
当日、あのような盛大な拍手や歓声はありませんでした。
「Kitaro live in America」の拍手や歓声を持って来たものと思われます。
聴衆の拍手や歓声まで使い回し!

「Mysterious triangle」(Ancient)の「プルルルルルルーゥェイーン」というフレーズ、
「観音」(空海の旅2)も全く同じフレーズが使いまわされています。

7 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/06/01(水) 11:05:38 ID:1/GfbVJ7
仙台に行ってきたんだが、
141(いちよんいち)って所でかかってる喜多郎の曲、
アルバム「西方」に入っている「吉祥」をちょっといじくって、
別の曲に仕立て上げているだけだよ。

諸君、もし譜面を書けるのなら両曲のメロディーパートを採譜してみよう。
あるいはDTMやっているのであればシーケンスソフトにメロディーを打ち込んで、
ピアノロール譜を見てみよう、一目瞭然だよ。
喜多郎がメロディーメーカーとしていかにインチキな存在か痛感できる。

単なるリアレンジだと作曲料って発生しないのだろうか。
だから元ネタの曲をちょこちょこっといじって新曲作ったように見せかけてるのかな。
喜多郎もやっぱりお金ほしいんだね、せこい話だが…w。

アルバム「飛雲」の「絵巻(パノラマ)」とその次の曲「オリオン」に、
ピチカートのサンプル音による同じようなフレーズが入っているね。
連 続 し て 使 い 回 し w 。

「Spirit of water」(Thinking of you)って曲の、
石笛のフレーズが「インカ」(An ancient journey)で、
バッキングが「ワンダーランドII」(An ancient journey)で使い回されてる。
これは1つの曲を割って2曲で使い回したケースだ。

8 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/06/02(木) 16:35:39 ID:LJFIHBYO
>>6
>>7

レポートご苦労さん!


9 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/06/02(木) 18:05:06 ID:7D2t+N3Y
http://www.gimotown.jp/rankblog.htm

10 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/06/03(金) 13:29:00 ID:Xen230bp
自作フレーズの使いまわしなんて
バッハ・ベートーベン級から現代の下々に到るまで普通に誰でもしてるんだけどね。

著作権の概念が希薄な時代の人たち、
例えばハイドン・モーツァルトなんて他人の曲をアレンジ変えただけで、
自分の作曲として発表した楽譜が現在まで残ってたりもするから。

11 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/06/03(金) 17:20:25 ID:lz0KZUtO
楽器の特性によって使える音階に限界があったり、
著作権なんか確立されていない時代のこと引き合いに出されてもねえ。

喜多郎はちょこちょこって変えただけで作曲料貰ってるんだろ?
「空海の旅」「空海の旅2」なんてプロのメロディーメーカーの仕事じゃないよ、あれは。
何で音階の自由なシンセの鍵盤使って同じようなフレーズしか作れないかねえ喜多郎は。
作曲家じゃないね、彼は。それにアレンジセンスは貧相だし、
演奏技術をほうするってタイプでもない。一体どこがいいんだい?
ただ、音は素晴らしいと思うけどね。

12 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/06/03(金) 20:04:34 ID:iYwOTrc/
キーボードマガジン1982年2月号は喜多郎の特集だったんだけど、
かなぁ〜り長い年月バックナンバーが手に入った。よっぽど売れ残ったんだろうね。

13 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/06/03(金) 20:05:58 ID:iYwOTrc/
で、その後2度と巻頭特集が組まれることは無かった。

14 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/06/04(土) 07:03:44 ID:SEfI2hvY
コード進行が定石的、というより、ギター始めたばかりの人間並みに陳腐。

それでも鍵盤奏者? 喜多郎さん。

15 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/06/04(土) 21:45:23 ID:cShAbmQ/
喜多郎に向って言ってるつもり?

16 :ゲゲゲ:2005/06/06(月) 22:44:11 ID:BQTp4z+d
大アジア主義

17 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/06/16(木) 00:00:05 ID:U+MnWwun
シルクロード^^

18 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/06/17(金) 16:54:09 ID:9bE9s6uA
ファブリーズしても消えない胡散臭さ

19 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/06/22(水) 21:45:02 ID:RNZxH6Kj
宗二郎って、喜多郎意識した名なの?
オカリナの生音あんなに電気的にいじってるんじゃ、シンセと変わんない。
シンセだったら、わざわざオカリナいくつも作って使い回しする必要もないのに。

20 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/06/24(金) 10:13:15 ID:VqcQx6z9
喜多郎って、随分変わった名前だけれど
名前の由来は何?
まさか、「ゲゲゲの○○○」ですか?

6 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)