2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

やっぱり ビデオよりフィルムでしょ?!

1 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/01/01 18:33:00 ID:7rM2Fvrz
 特撮はフィルムに限る。ビデオでフィクションは味わえない・・・・

2 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/01/01 19:07:10 ID:FPNektox
>>1
あたり前田の2ゲット

3 : 【ぴょん吉】 【1601円】 :05/01/01 19:16:10 ID:Glkm+F8W
私にも写せます

4 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/01/08 21:14:51 ID:UYuo67U6
裏の綾小路だけど。なにか?

5 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/01/09 14:05:46 ID:bvIhRM4q
クラッカーについてたスープ旨かったな。

6 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/01/09 19:40:53 ID:kCsJWx4j
今のビデオ撮影の特撮番組見てると二時間ドラマみたいだよ。
フィルム撮影に戻したらいいのに・・・

7 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/01/12 22:03:57 ID:5mDt66FR
比較するなら水戸黄門がいいね。
ビデオになってから軽いことこの上ない。

8 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/01/12 22:16:43 ID:uXeyPD7B
フィルムするとその分金がかかるんだよ。
大きいしアシスタントもいるから人件費もかかるし。

金がかかっても良いから、昔みたいな特撮してほしいな。

9 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/01/12 22:43:48 ID:XF8k0yd9
下らない意見だ

ドラマが面白ければビデオだろうがフィルムだろうが構わんだろ
上っ面しか見ないのか?

10 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/01/13 00:10:41 ID:yNdRCRVN
今の水戸黄門なんか見てたら幻滅するぞ。

●役者の顔を映す為だけに望遠レンズしか使わない
●セットを広く作る予算と場所が無いから広角レンズを使わない
●屋外では何処行っても電線が見えるからアオリの構図が使えない
●耄碌半ばの爺ちゃんに見せる為にヒネリも何もないドラマ

別に俺はフィルムでもビデオでもどっちでもいいと思うが、
それ以外でも徹底的に低予算を極めているのはウンザリだ。

11 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/01/13 07:58:26 ID:z4epy8i8
>>9
いかにも「映像作品」を上っ面でしか見てない人の意見ですなw

12 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/01/13 22:45:11 ID:pXwMzQAd
そーだよなフィルムいーよな。
なんつーか光・空気・世界そのものが違うんだよな
風とか水の匂いみたいなモノまで感じられるもんな

13 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/01/14 01:50:16 ID:6J1Blloo
ビデオ撮影に奥行きが感じられないし。
なんでこうもショボイのか・・・

14 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/01/16 00:37:21 ID:dTGa7aXw
ビデオも昔より良くなったけどな。
昔のフィルムも欠点は多いし。

どっちも好きだが。

15 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/01/16 22:49:36 ID:CDjLqOn8
ビデオでもフイルムでもいいから、2本撮るのに、24日ぐらいかけろ。
13日ではろくなもん撮れん。

16 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/01/16 23:38:35 ID:JNo3oci6
それは予算を倍にしろってことだね。 根本的に無理。

17 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/01/17 08:53:49 ID:hog3uEER
ハリケンジャーの時、西田健が主役の若者達に
「この時代に、フィルム撮影の作品に1年間も出演できたことを
幸せに思わなければいけないよ」と言ってたらしいね。

作ってる側も、フィルム作品の価値を充分わかってるんだと思う。
でもやっぱり予算の問題で……

18 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/01/17 14:39:50 ID:sgtYsL7o
フィルム作品良いよね。今回の西武警察には萎え萎えだったもんな。
悪い意味で綺麗に撮れ過ぎる。 まあ、保存したり、編集したり
なんかの事後処理が圧倒的に楽なのは分かるんだけどな。
だったら、画像処理に、フィルム感のでる処理をして欲しいね。

19 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/01/17 18:37:25 ID:kRY/Exb0
>>18
>画像処理に、フィルム感のでる処理をして欲しいね。

できるよ
しないのは予算削減の為

20 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/01/17 23:02:41 ID:8+Vp37jt
あの独特の「粒子の荒さ」がいいのだよ。
そのまま写真集などの本に掲載すると画像がきたないけどな。

21 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/01/17 23:30:30 ID:Xw9drwLK
去年スカパーのTBSチャンネルで山田太一の
「それぞれの秋」(ビデオ撮り)73/9/6〜12/13見た。
たまに屋外シーンが出てくるんだけ、どこのころの
屋外映像って特撮にしろドラマにしろフィルムでしか
見たことなかったから、ビデオ撮りで
当時の情景を見れて結構衝撃だった


22 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/01/18 21:28:01 ID:uQwugnwT
ビデオになってから、美術さんは、大変苦労して絵を描かれるが、出来た作品みたら、ぺらぺら
苦労の甲斐があまり無い。奥行きを出すためセットはみな縦長、
装置の仕事は増える。
それでも、フイルムの深さはでない。

23 :どこの誰かは知らないけれど:05/01/22 16:09:12 ID:HunieBda
アメリカでのTVドラマは今でもフィルムが主流でしょ。
しかも劇場並みに35ミリを使っていたりする。


24 :どこの誰かは知らないけれど:05/01/22 21:52:08 ID:QK8CpJf2
ビデオ撮影って たいてい照明も悪いんだよね。

25 :どこの誰かは知らないけれど:05/01/23 20:53:39 ID:FxFmIUF6
 平成セブンの出来がよくないのも、中途半端なビデオ撮影も一因だよね。

 あんなぼやけたビデオ映像(完全なフィルムもどき)なら、端っからフィルムにした方がマシ。

26 :どこの誰かは知らないけれど:05/01/26 21:26:45 ID:EhnIVkyC
そりゃフィルムだと感度が肝心だし。
昔よりは感度上がってビデオに近くなったけど。

27 :どこの誰かは知らないけれど:05/01/26 21:45:26 ID:BC8Ovyyl
感度って何ですか?



28 :どこの誰かは知らないけれど:05/02/01 10:53:07 ID:YW4AP6NV
フィルム作品はぼやけてるとか見づらいとか視聴者からクレームつくらしい。嫌な時代だ。

29 :どこの誰かは知らないけれど:05/02/01 20:57:24 ID:sksl7PRI
バカのクレームのせいで程度が低くなるんだよな。

見えにくいからって 暗いシーンは明るくされて 夜中でもフラットな照明になっちゃったし。

程度の低い人間にあわせなければならないテレビって つくづくダメだよな。

30 :どこの誰かは知らないけれど:05/02/03 14:06:38 ID:IDqmqgAt
しかし年中曇りみたいなのも嬉しくは無い。

31 :名無しさん@3周年:05/02/03 16:24:36 ID:WJNPDo83
映画やCMは金かけてるからフィルム使ってるけど、
もうドラマや時代劇、特撮は金無いんだろうな。
アメリカのドラマなんてちゃんとフィルム使ってるから
雰囲気が映画と変わんないもんな。
あとアニメもセルがいい、CGとかデジタル処理は本当に安っぽい。

32 :どこの誰かは知らないけれど:05/02/03 19:26:20 ID:uCjebHzI
板違いだけど、
アニメセルは生産中止でもう買えないんですが……

今にフィルムの買えない時代も来るかもしれん。

33 :どこの誰かは知らないけれど:05/02/03 20:13:20 ID:8qttYwn0
漏れもフィルム派だが、世間のひとはこだわっていないようだ、
というか、そもそもフィルムとビデオの2種類があることすら知らないようです。

「はぐれ刑事純情派」が数年前フィルムからビデオになった。
漏れが友達に
「今度、はぐれ刑事純情派の映像がかわったよね!」と言っても、
「観ましたけどね〜。どこが変わったんですか〜。おんなじじゃないですか〜。」
そのひとの目には同じに見えるらしい。
特撮の話でなくてスマソ。


34 :どこの誰かは知らないけれど:05/02/03 21:18:06 ID:uuj8pbOA
関係者限定スレですね。
視聴者はそこまで見てないが、作ってる側は、こだわるもんね。

35 :どこの誰かは知らないけれど:05/02/03 21:59:05 ID:8qttYwn0
レスどうも。
画質のちがいになんとなく気づくひとも、なかにはいるんです。
でも、素材がちがうんじゃなくて、「古い、新しい」のちがいだと思ってるんです。
フィルムの新作2時間ドラマがあっても、「再放送だな」って思っちゃうんですよ。


36 :どこの誰かは知らないけれど:05/02/03 22:09:21 ID:cZVGEdIP
>>34
「視聴者はそこまで見てない」っていうのは思い上がりだよ。
視聴者をバカにしてるね。
確かに気づく人、気づかない人、古いと誤解してる人と色々いるけどさ。

個人的に一番嫌いなのは、平成ウルトラシリーズみたいな
「なんちゃってフィルムもどき」。
カメラがPANすると画面がブレブレになって人の顔がぼやけちゃうのが嫌。
ああいうところがデジタルの限界を感じさせる。

37 :どこの誰かは知らないけれど:05/02/03 23:51:31 ID:E3n7T0wX
バカな視聴者多いよ。
まともに映像を楽しんでいる人なんて少ないよ。



38 :名無しさん@3周年:05/02/04 09:41:34 ID:Yaa/bLFa
NHKの大河なんてかなり昔からビデオだけど安っぽさ感じさせない
し、ビデオでも違和感無い時代劇もあるから
ビデオ育ちでビデオ撮影になれてるスタッフ陣にはビデオ、
フィルム育ちのスタッフにはフィルムでやらせた方がいいと思う。
照明とか全然違うからフィルム育ちの監督とかにビデオで撮らせると
近年の水戸黄門とかこの前の西部警察みたいな悲惨な事になる。

39 :どこの誰かは知らないけれど:05/02/04 11:03:44 ID:/i+SBNDI
時代劇、特撮、刑事物は絶対フィルム。ホームドラマはビデオ。

40 :怪獣きちがい:05/02/04 11:50:44 ID:CrzpQQS+
>>31アメリカのドラマなんてちゃんとフィルム使ってるから 雰囲気が映画と変わんないもんな。

しかも、海外のテレビドラマは、映画並みにぜいたくに35ミリフィルム使ってる。
日本のドラマは16ミリフィルムが常識なので、画質が落ちる。
コマーシャルが入ると、とたんにきれいな画面になるところなんかが哀しい。

>>38 NHK大河ドラマ

今の大河ドラマのハイビジョン撮影もそりゃ良いけど、35ミリのフィルム使えば、劇場公開しても良いくらいグレードがアップすると思う。
35ミリで撮影したものを、ハイビジョンへ変換とかね。(う、金がかかり過ぎる、、、)


41 :どこの誰かは知らないけれど:05/02/04 18:49:25 ID:D8ygU0Dc
水戸黄門なんか時代劇コントにしか見えん。

42 :どこの誰かは知らないけれど:05/02/04 21:25:21 ID:Bgsc+52g
> フィルム育ちの監督とかにビデオで撮らせると
> 近年の水戸黄門とかこの前の西部警察みたいな悲惨な事になる。

予算と局の意向もあるから一概には言えない。
そんな単純な問題だけじゃないよ。

43 :どこの誰かは知らないけれど:05/02/04 21:32:09 ID:uC/JLE1h
フィルム派ではあるが、山田太一ドラマだけは、ビデオでやってほしいと思う。



44 :どこの誰かは知らないけれど:05/02/04 22:35:11 ID:v6U8k2uo
ここのフィルム派の人たちは映画版デビルマンでもフィルム作品ならOKなの?

45 :どこの誰かは知らないけれど:05/02/04 22:58:35 ID:Bgsc+52g
↑根本的に理解できてないよ、キミ

46 :どこの誰かは知らないけれど:05/02/04 23:26:55 ID:uC/JLE1h
水戸黄門の第一部を再放送で観たことがあるが、あれは後年の「おじーさん向け水戸黄門」とは別物ですな。
単にフィルムであるだけでなく、映画的手法で撮ってあるように思えた。
画面に奥行きがあるのですよ。
まだ、映画の遺産が残っていたからでしょうな。


47 :怪獣きちがい:05/02/04 23:34:02 ID:CrzpQQS+
「水戸黄門第一部」も好いけど「大岡越前第一部〜第三部」の中にもかなりの名作があるよ。
、、、って、ここは「特撮掲示板」ではないの?

48 :46:05/02/04 23:41:11 ID:uC/JLE1h
おっしゃるとおりなので、スルーして。


49 :どこの誰かは知らないけれど:05/02/05 00:17:34 ID:E9xVPMty
CMの場合、フィルム制作とビデオ制作では、前者のほうが圧倒的に反応(売れ行き)が良いそうです。

50 :どこの誰かは知らないけれど:05/02/05 03:07:29 ID:0b2Jj0sv
何の売れ行き?

51 :どこの誰かは知らないけれど:05/02/05 12:47:16 ID:E9xVPMty
分かりにくくてスマソ。 フィルムで製作されたCMのほうが、商品の売れ行きが圧倒的に良いそうです。


52 :どこの誰かは知らないけれど:05/02/06 03:25:47 ID:Z98qeJMZ
具体例とその理由を知りたいところだな。

53 :どこの誰かは知らないけれど:05/02/06 11:26:31 ID:6zT88kdZ
まあ、新聞のコラムの受け売りなんだけどね。
具体例で言うと、化粧品、飲料系(ビールとかも)なんかは顕著らしい。
化粧品CMでの、海外モデルのゴージャスさはビデオでは、ね・・・

54 :どこの誰かは知らないけれど:05/02/06 15:56:27 ID:Vdcl+dyV
もしかすると、ビデオのCMだと、ローカルCMだと思いやすいのでは。



55 :どこの誰かは知らないけれど:05/02/06 16:55:42 ID:5IKQKQzt
予算があるとフィルムを優先して使うだろうし、予算がないとフィルムよりビデオを選択するでしょ。

予算があるということは 放送回数も多いだろうし、そもそもの商品在庫や流通量も多いんじゃないの?

土俵が違うものを単純に比較しているだけだと思うぞ。

56 :怪獣きちがい:05/02/06 17:24:12 ID:i5UZXhQX
>>53ゴージャスさはビデオでは、ね・・・

 なるほど、たしかにビデオの電気的な画像より、フィルムの画像ではゴージャスというか品のよさを感じることがある。
ただし、今は見なくなったが、安い16フィルムで製作されたCFは安っぽさを感じた。おまけにフイルムに雨が降ったり、ほこりが入ってたり、、、いやほんとだって!、昔たしかそんなCF観たことある。

57 :どこの誰かは知らないけれど:05/02/06 20:20:04 ID:xkm92prj
だから、フィルムかビデオかという区別の前に
本気で金かけて良いモノを作ろうとしているか
手抜きで簡単に済ませているか、という事だな。

58 :どこの誰かは知らないけれど:05/02/08 19:05:38 ID:v8bp+Ozr
>>57
hageshiku doui

59 :どこの誰かは知らないけれど:05/02/09 14:25:57 ID:M4vqsDWn
なんせ、一本目が当たったら続編の制作費が逆に下がる、って
構造の日本の映像業界だから、どんどん水は低きに流れていくだろうな。



60 :どこの誰かは知らないけれど:05/02/10 19:05:19 ID:kSK5I06X
次の大奥はどれぐらい視聴率取れるかな。
燃やし杉で、ダウンしたりして。

61 :どこの誰かは知らないけれど:05/02/10 19:37:13 ID:q/LHKU7V
今のシリーズになってから、水戸黄門のビデオ画面がかなり落ち着いた。
なんというか、全体に良い感じでフラット感が出たというか。
少なくとも、石坂〜里見黄門はそれ以前のものとは段違いだし、今シリーズは
さらにその上を行ってる。

…が、>>10氏が書いている事も確かに当てはまっているので、まだまだ発展途上
なのかもしれん。
一応、ビデオ映像の進化の片鱗を見たという事で。

かくいう自分もフィルム派なんだが、デジタル映像至上主義の友人からはとことん
バカにされている。
彼らには、フィルムは単なる粗い画像にしか感じられないらしい。
「像」を写すビデオと「陰影のコントラスト」を捉えるフィルムは、まったく異質の
ものなんだが、どんなに説明しても理解してもらえない。
こういう連中が居ると、たとえ良い点がまだまだ残っていたとしても、それを認め
られる事もなく闇に葬られていく事になるのね_| ̄|○

と、一特撮(&必殺)ファンは思うわけだ。

62 :どこの誰かは知らないけれど:05/02/10 20:08:27 ID:kSK5I06X
3CCDと三管式、温かいのは、どっち?

63 :どこの誰かは知らないけれど:05/02/11 18:41:18 ID:vwf6VJWE
ハリケンの映画見てるとビデオの方が良かったと思うけどね。
いくら陰影が良く撮れても、色自体が際立たないし。要は適材適所でしょ。

64 :どこの誰かは知らないけれど:05/02/11 23:26:36 ID:6hxp58Lt
色の良さと映像としての深みは違う。
少年よ、いつかわかる日が来るよ。

65 :どこの誰かは知らないけれど:05/02/12 00:41:49 ID:9ZZm7Pfb
ビデオの色再現力はまだまだ研究不足の所があるな。
下手な撮り方では疑色とか乗ってしまう。疑色っていうのは
人によっては嫌悪感を感じるのではないだろうか。
コマ単位で疑色消しを行うなんてテレビでは不可能だしなぁ……

色の再現力に関しては、フィルムの方が研究期間が断然長い。
尤も、肝心の戦隊シリーズで、あまり厳密な色再現にこだわって
撮影されていないというのは、やっぱ予算の問題なんだろうか。

66 :どこの誰かは知らないけれど:05/02/12 01:15:06 ID:SfgfTOeO
フィルム映像に味を求めている人達は、実際そんなに色具合の善し悪しなんか
気にしちゃいないと思う(そりゃ良い方がいいけど)。

それ以前に、フィルム映像によって作り出される「なんとなく現実感の薄い世界」
というか、ビデオでは作り出せない「別世界的な雰囲気」に魅力を感じるんだよ。
その境界線に、「陰影を映す」「像そのものを捉える」といった違いがあるだけ。
難しい事はわからない人でも、フィルム作品から漂う独特の雰囲気が好きだって
いう人は結構居る。
結局はそういう事なんだと思うよ。

フィルムの魅力を深く理解している人達は、単に映像が綺麗で鮮明であるとか、
そんな部分だけでは満足できないわけ。
良い意味で現実感を感じさせない「何か」を求めるんだよね。
だから、フィルムより綺麗な筈のビデオ映像に不満を唱える。

例えば、自分が嫌と言うほど知っている場所がロケで使用されたとして、
その映像がビデオだったら「良く撮れてる」という感想程度で済むけど、
フィルムで撮ると、いつもの知ってる場所とは違うようにも感じられる。
その違和感が「味」なんだよね。

で、今のビデオは、その「味」を追求している部分もあるようだね。
いずれ、ビデオがフィルムの持ち味をも取り込む事ができたとして、
その上で色の鮮明さなども追求していけるようになったら、それこそ理想的
かもしれない。

長文スマソ

67 :どこの誰かは知らないけれど:05/02/12 03:43:26 ID:n/mfTUj5
結局は好みの問題か。フィルムにはビデオの味は出せないしな。

68 :どこの誰かは知らないけれど:05/02/12 04:02:07 ID:9LneHrwb
確かにそうだね。
例えばニュースやドキュメント映像なら、嘘臭くなるフィルムよりビデオのが断然いい。
でも、ここの趣旨みたいに「フィクション」映像として判断したらどうか。

平成ライダー各作品をフィルムで撮り、問題が少ない作品を作る事は出来る。
しかし逆に、元々フィルム作品の物をビデオで撮ると、凄まじい違和感が生まれる。
つまりはそういう事。

69 :どこの誰かは知らないけれど:05/02/12 11:50:23 ID:KeasyPtR
違うよ。

ビデオって機材は表現できる幅がフィルムより遥かに狭いってこともあるんだよ。
表現できる幅が狭い=豊かではない=貧しい ってのが嫌なの。



70 :どこの誰かは知らないけれど:05/02/12 11:54:55 ID:K2i7Wg3C
必殺シリーズのような凝りに凝った暗闇の陰影の妙は、ビデオ撮りでは無理だよねえ

71 :どこの誰かは知らないけれど:05/02/12 12:10:43 ID:KeasyPtR
フィルム使っても つまんねぇ画を作ることを要求されたり、つまんねぇ画を作ってるのもあるけど
ああいうのこそ安っぽいビデオの画でやればいいのにね。

72 :どこの誰かは知らないけれど:05/02/12 12:22:59 ID:K2i7Wg3C
>>70に補足して・・・
たとえば、「暗闇」を撮るとすると、ビデオだと、レンズの前の「空気」まで写りこんでしまう。
フィルム表面に「色彩」を定着させたフィルム画像だと、空気感を排除した「漆黒」が表現できる。
日光を撮っても、電気信号のビデオだと金属的な感触になって、軟らかい「色彩」が出ない。



73 :どこの誰かは知らないけれど:05/02/12 12:27:21 ID:O2KrqJuk
>>70
やればできると思うが、じゃまくさいからやらないだけだろ。
ギャラ上げてやれば、みんな動くよ。

74 :どこの誰かは知らないけれど:05/02/12 12:41:25 ID:KeasyPtR
ギャラだけの問題じゃないよ。
まず、撮影期間を延ばさないとね。

75 :どこの誰かは知らないけれど:05/02/12 12:45:31 ID:9LneHrwb
>>69

違うって…
君の好みの話は関係ないんだが。

いや、言ってる事は正しいけどね。

76 :どこの誰かは知らないけれど:05/02/12 12:50:05 ID:9LneHrwb
>>73
それだけじゃなくて、凄腕の照明技師の存在も不可欠だね。


77 :どこの誰かは知らないけれど:05/02/12 23:52:57 ID:O2KrqJuk
凄腕キボンヌ。

78 :どこの誰かは知らないけれど:05/02/13 00:48:08 ID:0wLX+Hju
関連スレ↓

【フィルム】終焉!戦隊まで完全ビデオに【16mm】
http://tv7.2ch.net/test/read.cgi/sfx/1072592801/

79 :どこの誰かは知らないけれど:05/02/18 23:14:45 ID:uEFS4BkB
「水戸黄門」の第4部か、6部の最終回。
特撮シーンがありました。

水戸藩内で、用水路を作る話。
その用水路が開通する瞬間は特撮だった。
土手がボーン!と爆発。堰を切って水があふれ出る。
チープだったが、そのチープさもまたよかった。
あれがビデオ特撮だったら…


80 :怪獣きちがい:05/02/19 15:07:09 ID:gzjF8rG8
ビデオとフィルムの違いは
○モニター画面の透過光に対して、フィルムとは云ってもスクリーンに映写する反射光が前提なのでより手工芸的な感じがする。
画質の違い以外には
○ビデオは画像と音声を直接同時録音で記録、フィルムは同時に録音したものをワンクッション置いて、後でフィルムに同調させるので、その辺から「効果音で音響加工」はビデオよりも多用されやすい。
○ビデオ=重ね撮り出来(予算的に)いくらでも撮りなおせるのでスタッフ、キャストに多少の余裕が発生。フィルム=取り直しのたびに金がかかるという強迫観念からみんな必死になる。
というようなこともあると思うんだ。

81 :どこの誰かは知らないけれど:05/02/19 18:15:23 ID:Pn2bLLFA
>>80
>重ね撮り出来(予算的に)いくらでも撮りなおせるので
>スタッフ、キャストに多少の余裕が発生

現場の撮影(弱小のビデオ業者とか)で働いてみれば現実が解るぞ。

82 :どこの誰かは知らないけれど:05/02/19 19:37:01 ID:5CRYxPd3
時代劇はやっぱりフィルムでしょ。
ビデオになってから、撮り直し多いよ、セットつくる美術のことなんか
後回し、昔より、酷くなってる。
美術無視の進行はイラネー

83 :どこの誰かは知らないけれど:05/02/19 20:30:18 ID:HiTD2pXI
ビデオ撮り時代劇は、カツラの線がくっきり見えちゃう時点で既にダメだな。

84 :どこの誰かは知らないけれど:05/02/19 21:33:39 ID:JZY0NObU
>>80
少しぐらいは勉強してこい。

85 :どこの誰かは知らないけれど:05/02/23 01:15:06 ID:04sKUDK+
サイバーコップをはじめてた観たときのビデオ撮りのショボサ加減は形容しがたいほどのショックだった

のちに水戸黄門で同じ衝撃を受ける

86 :どこの誰かは知らないけれど:05/02/23 11:49:54 ID:asmGYuY8
逆に「仮面ノリダー」とかは、ビデオ撮りでも不思議と違和感が無い。
バラエティーだからか?

87 :どこの誰かは知らないけれど:05/02/23 19:29:43 ID:BZ+NDlQ7
特撮や時代劇、刑事物のドンパチなど非現実的なものがフィルムには合っている。


88 :どこの誰かは知らないけれど:05/02/23 22:50:56 ID:qape5KGx
70年代半ばまでは、ニュースも、屋外の映像はフィルムだったように記憶している。



89 :どこの誰かは知らないけれど:05/02/23 23:10:54 ID:NgNXTSGF
>>87

程度の低い表現はやめれ。 

「創造的な映像はフィルムに合っている。」程度の表現にしろよ。

90 :どこの誰かは知らないけれど:05/02/23 23:44:23 ID:04sKUDK+
ビデオは作り物感が強すぎる
いかにも人が作りましたって印象が先に来て
作品世界に没入できないんだよな

91 :どこの誰かは知らないけれど:05/02/24 19:50:23 ID:TX8MXVIF
douishimasu90sann

92 :どこの誰かは知らないけれど:05/02/25 23:51:10 ID:Cwp+x7x8
>>89
>創造的な映像はフィルムに合っている
念のために言っておくけど、
>>87が言ってることと意味が違ってることは自覚してるよな?

>>90
>作り物感が強すぎる
鮮明に映り過ぎるようなところがあるから。

93 :どこの誰かは知らないけれど:05/02/26 10:04:38 ID:vSO+/KVH
>>92
鮮明な画像に答えるメイクも照明も美術もたとえ技術があっても、
時間と予算が無い。

94 :どこの誰かは知らないけれど:05/03/07 05:48:03 ID:qFacc3bq
>19

>画像処理に、フィルム感のでる処理をして欲しいね。

できるよ
しないのは予算削減の為

疑似フィルムの後処理にそんな予算がかかるわけない。
今やご家庭でもできるお手軽効果だよ。
日本のミュージックビデオの安いやつはその効果を使ってる、
つまり予算がないからやってるわけだよ。

まだまだポスプロに金がかかるからそんなに普及してないけど、
これからはバリカムとかシネアルタとかでの撮影が
主流になって、あの安っぽいビデオ画質のドラマはなくなるんじゃない。

95 :どこの誰かは知らないけれど:05/03/07 14:52:16 ID:pDm5YF+i
>今やご家庭でもできるお手軽効果だよ。

すみません、どうやるのか教えていただけないでしょうか?

96 :+++:05/03/07 15:00:50 ID:3IXq1fX/
ビデオはデフォルトがだめでよい画を撮るにはかなり調整せにゃならんし要求されなければわざわざやらない(それで全シーンやらないといけない)
フィルムは選択示がすくない(感度、と絞りぐらい)、よって照明に大きく左右される。
腕の違いが出やすいのはビデオで、フイルムはしろーとでもいい画は撮れる(いいフィルムを選べばよい)プロは経験によって知っているだけ。フィルムのような画面以外見なければ視聴率稼ぎのために全部そうなるだろう。

97 :どこの誰かは知らないけれど:05/03/07 23:15:34 ID:32deoCB4
> フイルムはしろーとでもいい画は撮れる

いかにも知ったかのよーなことを・・・

98 :どこの誰かは知らないけれど:05/03/08 00:30:36 ID:cVKWz+TS
>>96
ファンコレのウルトラセブンアルバムに載ってる、永井仙吉撮影技師の文でも読んでみろ

99 :どこの誰かは知らないけれど:05/03/08 01:56:04 ID:sSGhPtk9
>95
家でやるならパソコンで出来ます。それなりのソフトが入りますが、
一番きれいに出来るのはエディウスってソフトかな。

100 :どこの誰かは知らないけれど:05/03/08 02:12:23 ID:9Z/evk8f
100

101 :どこの誰かは知らないけれど:05/03/08 02:40:16 ID:plqa5R+0
>>96
フィルムムービーカメラを「うつるんです」ぐらいにしか認識できていないバカだな。
露出計もメジャーも使わずに ピンボケの真っ黒な画でも撮ってろw

102 :95:05/03/08 12:39:43 ID:6MD+uZwF
>99
ありがとうございます。
エディウス調べてみます。

103 :どこの誰かは知らないけれど:05/03/12 18:06:39 ID:/kkc6FYG
CCDには血が通っていないような気がする。

104 :どこの誰かは知らないけれど:05/03/12 18:17:00 ID:bFKsKebm
CCDにもフィルムの銀面にも間違いなく血が通っていないよ。



105 :どこの誰かは知らないけれど:05/03/12 22:48:48 ID:3mO1m/Ox
だが、CCD怪人に内蔵されてるCCDには血が通っているかもしれない。

106 :どこの誰かは知らないけれど:2005/03/23(水) 23:42:31 ID:fnK60mVC
CCDC
CCDCCDC
     ccccDDDDDDD
CddCdc
CccDDDD
DDDD
DD
DD
DD
無理やめた。アスキーアートのマニュアル本のわかり易いのあったら
教えて。

107 :どこの誰かは知らないけれど:2005/03/30(水) 22:33:28 ID:TjU4fm2T
というか、何で他のドラマではビデオ撮りが主流になった後も、特撮は
ずっとフィルム撮りだったんだろう?
漏れは『ウインスペクター』『ジェットマン』あたりから特撮を観始めた
口だけど、どうしてこれらの番組は他のドラマ(もちろん非特撮ね)に
比べて映像があんなに汚いんだろう?と疑問に思ったことが何度もある。

108 :どこの誰かは知らないけれど:2005/03/30(水) 22:48:07 ID:bh7tG+bG
フィルム映像が汚いって感じる感性を疑うよ。

フィルムとビデオの特性知らないだけだろ。
本当に知りたいんなら よく勉強しなさい。

109 :どこの誰かは知らないけれど:2005/03/30(水) 23:46:28 ID:Rz1ZFr+5
日頃からやたらと鮮明なビデオ映像に慣れ親しんでいる人達の中には、
粗いフィルム映像を「ノイズが多い、汚い映像」と受け取る人もいるだろうよ。

後の2行には同意。

110 :どこの誰かは知らないけれど:2005/03/31(木) 00:58:13 ID:DA65gqwo
216 釈迦厨 sage 2005/03/30(水) 23:59:45 ID:OTkfmghB
平成ガメラが現在のお寒い邦画の制作状況を考えればもっとも良く健闘してるのは認めた
上で、しかし邦画黄金期の大映京都特撮の足元にも及ばない事を確認するスレですw。


217 名無しより愛をこめて sage 2005/03/31(木) 00:05:00 ID:HiAiMMbM
BSかハイビジョンかで見たけど
釈迦ってフィルム汚すぎでみれたもんじゃないんだけど。
それに面白くないし←ここ大事 最後まで見なかった。
脳内フィルタかかってないかな。おじさん。



111 :>>110の続き:2005/03/31(木) 01:03:25 ID:+qgTeKMR
219 :釈迦厨:2005/03/31(木) 00:08:09 ID:pqQgYtb6
>>217
馬鹿だな。最後のバラモン神殿崩壊が一番凄いんじゃないか。
一番美味しいとこ観んでどうすんのよ。

>脳内フィルタかかってないかな。おじさん。

ソフト持ってるんで飽きるほど見てますが?w


220 :釈迦厨:2005/03/31(木) 00:10:07 ID:pqQgYtb6
>釈迦ってフィルム汚すぎでみれたもんじゃないんだけど。

単に放映したプリントが保存状態の良くないものだという問題だと
思うが?そんな事作品の評価と関係無いだろ、お子さんw。

112 :>>111の続き:2005/03/31(木) 01:12:43 ID:of6+FQ/v
222 釈迦厨 sage 2005/03/31(木) 00:13:38 ID:pqQgYtb6
あ、ビデオ作品ばっか見てるお子ちゃまは昔のフィルム作品の画像は”汚く”
感じられるという事かな?w
そんな事懐かし邦画板で言ったら笑われるよw。

113 :どこの誰かは知らないけれど:2005/03/31(木) 08:39:13 ID:6rIRmlpl
>>108-109
107だけど、気を悪くしたならごめんなさい。漏れもフィルムの映像は好きだよ。
その頃はまだ小さくて、フィルムとかビデオとかいうのは全然分からなかった
から、当時の正直な感想を言っただけなんだけどね。
別にフィルムを悪くいうつもりは全くなかったので、返す返すも、気を悪く
したなら謝ります。

114 :どこの誰かは知らないけれど:2005/03/31(木) 12:22:27 ID:ywvtNj87
汚いというか暗いけどな。

115 :どこの誰かは知らないけれど:2005/03/31(木) 12:44:13 ID:0YvO+2G+
ビデオ撮影の番組がアホみたいに明るすぎるだけだよ。
暗い部分をあえて作っていないんだよ。



116 :どこの誰かは知らないけれど:2005/03/31(木) 21:46:56 ID:LeTLnWD+
批評する前にぐぐれ

“ラチチュード”

117 :どこの誰かは知らないけれど:昭和80年,2005/04/04(月) 03:17:09 ID:9VLPxidc
アホみたいに明るい方が似合う特撮もあるけどな。

118 :どこの誰かは知らないけれど:2005/04/10(日) 21:53:05 ID:Vfr5BNpu
昔はビデオ撮影だとテープが高くて保管はしないで上書き(重ね録り)が当たり前で、
ビデオカメラが小型化されるまでは、ビデオ撮影はスタジオ内のみに限られていたが、
何時ごろからフィルム撮影よりビデオ撮影の方が安くなったんだろ?

119 :どこの誰かは知らないけれど:2005/04/10(日) 23:01:41 ID:OGnOpjIg
フィルム映像を汚く感じるっていうのは、粒子の粗さのことですかな。
そういう感覚もなんとなく、理解できる。
漏れは、その「汚い」ところ、安っぽいところも含めて、フィルムの方が好きなんだな。
まあ、ひとには押し付けないけど。


120 :どこの誰かは知らないけれど:2005/04/11(月) 11:27:48 ID:CIRbE5a5
漏れは関西出身なんだが、初めてフィルム撮影の特撮番組を見たとき、幼心に「何か
『サンテレビ』みたい・・・」と思った。
要するにサンテレビでは昔のドラマの再放送や映画(もちろんフィルム)を多く
やってたので、それが刷り込まれてしまっていたということなんだろうけど。

別にフィルムを中傷するつもりで書いたのではありません。漏れもフィルムは大好き
ですので・・・。

121 :怪獣きちがい:2005/04/11(月) 21:22:19 ID:j9mKFHSL
特撮ものではないけど「仁義なき戦い/広島死闘編」で終盤のクライマックスシーンをわざと画質を粗く現像した画像にして、ニュース映像の雰囲気を出していたのが、すごく上手くいってた。
『かっこいい』と感じた。

122 :どこの誰かは知らないけれど:2005/04/11(月) 21:36:30 ID:Fk7v5sGb
暗くても写る高感度フィルムは粒子が粗いからね。
更に増感で現像すると 更に荒くなるし・・・

「世界忍者戦ジライヤ」のオープニングのラストのトメ画も
その荒さを利用していたね。



123 :どこの誰かは知らないけれど:2005/04/12(火) 23:06:21 ID:1k/y/aOb
あれですかね、
フィルム撮影のドラマ : 映画会社系の会社が「製作」。
ビデオ撮影のドラマ  : テレビ局系の会社が「制作」。

というような気がするんですが、違いますかね。


124 :どこの誰かは知らないけれど:2005/04/13(水) 04:30:18 ID:9buzpBv+
ベーカムが出来て ビデオカメラがスタジオから出たのが ビデオドラマの表現の幅を
広げたんだけどなぁ・・・

もっといいビデオカメラ開発してくれよな。
それと、民生機にも×4倍程度の高速度撮影ができるようにしてくれ・・・


125 :どこの誰かは知らないけれど:2005/04/14(木) 11:37:30 ID:p1aHvRoa
>>121
あれはいいね。俺もすごく好き。
逃げ惑う北大路欣也の心象をそのまま焼き付けたような緊迫感がある。
今はあんな画像効果も簡単に作れるんだろうけど、なんか違うんだな。

あと、手ブレのあるなしっていうのもかなり大きいと思う。

126 :どこの誰かは知らないけれど:2005/04/14(木) 23:09:27 ID:lPPfwDfv
フィルムではHな気分になれないね。
なんか作品を鑑賞するという感じになってしまって。
やはり抜くならビデオ撮りでしょう。


127 :どこの誰かは知らないけれど:2005/04/17(日) 04:56:24 ID:usH0xKq/
>124
欲しいね、高速度撮影専用でかまわないから欲しい。
40万ぐらいで業務機として出せば結構需要あると思うけど。

バリカムは2倍で撮影できるらしいね。

128 :どこの誰かは知らないけれど:2005/04/20(水) 00:59:44 ID:NdAEIzzb
あのー、いまやほとんどのハリウッド特撮映画はハイビジョンのビデオで撮ってるんですけど

129 :どこの誰かは知らないけれど:2005/04/20(水) 07:09:50 ID:4ztN8kbX
だから?

130 :どこの誰かは知らないけれど:2005/04/23(土) 21:06:33 ID:Ohuvc2ur
水戸黄門もハイビイジョンで撮ってますが、なにか?

131 :どこの誰かは知らないけれど:2005/04/23(土) 21:58:54 ID:p3q+t1Wr
もはや後処理でビデオで撮っても、かなりフィルムライクに出来るようになって来たからね。
質感出そう思ったら照明なんだけど、これも単に明かりを当てるだけの問題じゃなくて
例えばナイトシーンだったら地面ぬらすとか、セットのクオリティあげるとか
いろいろやらなきゃ行けない。当然金もかかるがそれくらいやらないと映画的な質感はでないよ。
あと、重要なのがレンズ。フィルムは単焦点が基本だが、ビデオの場合安易にズームレンズを使っていることも多い。
同じミリ数でも単焦点とズームレンズじゃ全然映像の切れが違うよ。

132 :どこの誰かは知らないけれど:2005/04/24(日) 00:09:02 ID:0DS7gUgm
うん、実相寺監督もむかし同じこと言うとったね。

133 :どこの誰かは知らないけれど:2005/04/24(日) 20:11:03 ID:mf8VNTXC
最近のレンズは糞。

いつ頃だったか、安くて高倍率ズームでコンパクトで軽い
レンズが発売された。解放F値が暗すぎる糞レンズだったが、
それが「素人は写ってれば十分」とバカ売れしたんで、
他のレンズメーカーも商売の事を考えて糞レンズしか作らなくなった。

クラシックカメラ屋でオールドレンズ(但し、カビの無いモノ)を
発掘して写してみると、唖然とする事の方が多いぞ。

134 :どこの誰かは知らないけれど:2005/04/25(月) 08:58:16 ID:4xROJtbz
最近はテレビなんかでもPD170のような半業務用のカメラで撮影することが多いんだけど、
記録部はそれなりの作りなんだけど、ENGに比べるとやっぱりレンズがダメ。
ところが、ビデオ育ちのカメラマンはそのことに気付いてない奴も多い。
ビデオの場合レンズが悪くてもそりなりにクリアに写るからなんだろうけど、
ちゃんとしたレンズで取ると全く違うし、
同じバストショットを撮るのにも望遠で撮るのと、広角で撮るのとでは全く違う絵になるっていう
カメラマンとして基本的なことがわかってない奴が多いんだ。とくに報道出身のカメラマン。
カメラクルーも照明さんもフィルム育ちの人は仕事が丁寧な人が多いよ。時間はかかるしガラは悪いけど。

135 :どこの誰かは知らないけれど:2005/05/05(木) 09:27:47 ID:hiMKV3rN
ガラは悪いけど。ワロタ

136 :どこの誰かは知らないけれど:2005/05/05(木) 13:51:49 ID:ozlCPUCQ
>>24
禿同。街道を行く旅人の背後の青い空と富士山は、フィルムじゃないとダメ。

137 :どこの誰かは知らないけれど:2005/05/06(金) 11:36:23 ID:AYGMzbbF
ビデオ映像の特質
・セットが安っぽく見える。
・女優の肌が意外と荒れているのがわかってしまう。
・富士山が雄大に見えない。
・人物の動きに躍動感がない。
・ズラはそのまんまズラに見えてしまう。
・特撮のスケール感は、フィルムじゃないと出せない。>>107


138 :どこの誰かは知らないけれど:2005/05/06(金) 13:35:13 ID:Z62t+p1r
水戸黄門。ビデオ放映になって以来、観たことない。

139 :どこの誰かは知らないけれど:2005/05/06(金) 15:08:03 ID:7hWEIaC5

・セットが安っぽく見える。
・女優の肌が意外と荒れているのがわかってしまう。
・ズラはそのまんまズラに見えてしまう。            ← 以上、美術と照明の問題でもあるんだよね。

・富士山が雄大に見えない。 ・人物の動きに躍動感がない。  ← 主観の問題だね。

・特撮のスケール感は、フィルムじゃないと出せない。      ← 意味不明。ビデオだと高速度撮影が出来ないことを言ってるの?



140 :どこの誰かは知らないけれど:2005/05/06(金) 15:55:25 ID:wzguZZaN
時代劇とポルノは、昔からフィルムと決まっておる。
ビデオじゃたたん。

141 :どこの誰かは知らないけれど:2005/05/06(金) 17:01:07 ID:ff0cAbiO
フィルムさいこー

142 :どこの誰かは知らないけれど:2005/05/06(金) 17:51:16 ID:ckkynP6M
ビデオの時代劇は、ちょっとねー。

143 :どこの誰かは知らないけれど:2005/05/06(金) 19:25:32 ID:5FnIHGR5
低予算でビデオ映像しか作らせてもらえないなんて、泣き言いうな。

144 :どこの誰かは知らないけれど:2005/05/07(土) 13:48:41 ID:Bu1R4NLY
>>10
今の水戸黄門なんか見てたら幻滅するぞ。
●役者の顔を映す為だけに望遠レンズしか使わない
●セットを広く作る予算と場所が無いから広角レンズを使わない
●屋外では何処行っても電線が見えるからアオリの構図が使えない
●耄碌半ばの爺ちゃんに見せる為にヒネリも何もないドラマ
別に俺はフィルムでもビデオでもどっちでもいいと思うが、
それ以外でも徹底的に低予算を極めているのはウンザリだ。

スレ違いになりますが、最後の一行なんか特に激しく同意します。


145 :どこの誰かは知らないけれど:2005/05/07(土) 13:50:07 ID:Bu1R4NLY
その点、中国なんか最近は時代劇にかなり金をかけるようになってきたみたいです。
↓参考に天龍八部という時代劇の画像貼っておきます。
http://www.estarsky.com/non-cgi/usr/1/1_287_7.jpg
http://www.estarsky.com/non-cgi/usr/1/1_100_1.jpg
http://www.estarsky.com/non-cgi/usr/1/1_188_11.jpg
http://www.estarsky.com/non-cgi/usr/1/1_290_5.jpg
http://www.estarsky.com/non-cgi/usr/1/1_295.jpg
http://www.estarsky.com/non-cgi/usr/1/1_295_1.jpg
http://www.estarsky.com/non-cgi/usr/1/1_38.jpg
http://www.estarsky.com/non-cgi/usr/1/1_58.jpg
http://www.estarsky.com/non-cgi/usr/1/1_541_8.jpg
http://www.estarsky.com/non-cgi/usr/1/1_295_12.jpg
http://www.estarsky.com/non-cgi/usr/1/1_295_3.jpg
http://www.estarsky.com/non-cgi/usr/1/1_295_2.jpg
↑ところで、この静止画で撮影方法って分かりますか?

146 :どこの誰かは知らないけれど:2005/05/07(土) 17:59:48 ID:e+0kSCEl
>>145
全部は見てないけど、とりあえず上から3番目の感想。

この構図撮ったカメラマン、根性あるな!
これだけの広角レンズでここまで踏み込んで撮影出来る様な奴が
日本にも出てほしい。変にズームレンズでラクしようと思ってると
こういう発想が枯渇してしまうからな。

あと、顔もロクに写ってないのに文句言わず参加してくれる
群衆役の人も偉いよ。こういうのは最近全然見ないからなぁ。

ビデオVSフィルム論争にはあまり関係ないし、アラを探せば
レンズの周辺描画性能が劣ってるってのはあるけど、
やる気が伝わってくる。

147 :どこの誰かは知らないけれど:2005/05/07(土) 19:49:54 ID:lM3EZ0ph
あのー、いまやほとんどのハリウッド特撮映画はハイビジョンのビデオで撮って
後処理でフィルムっぽくしてるんですけど、、、

148 :どこの誰かは知らないけれど:2005/05/07(土) 19:53:29 ID:BAAGCap2
費用が安かったらフィルム廃れなかったの?

149 :フィルムっていいよね:2005/05/07(土) 23:39:43 ID:AA11xAPa
 私は8ミリとDVカメラを愛用しておりますが、同じディズニーランドを撮った映像でもかなり印象が違いますね。ただ、8ミリはサイレントなので、
映像を観る時に想像力をかき立てられて、それがフィルムの魅力を一層引き立てていますよね。それに対してDVの方はマイクがショボいせいもありま
すが、音が貧弱でやすっぽさを強調してしまうような気がします。

 ビデオは画素が固定されているのに対して、フィルムは粒子の配列が不規則(ですよね?)なので、風景や静物を撮影しても映像に微妙な揺らめきがある。
つまり、1秒間24コマ撮影すれば、その1枚づつがすべて違う映像になってしまう。「フィルムは生きている」という言葉はそんな感覚をあらわしている
のでしょうか?

150 :どこの誰かは知らないけれど:2005/05/07(土) 23:59:04 ID:fHqHEK/O
8ミリフィルムの上映は、部屋を暗くしたり、いろいろ手順があって、パイプで煙草を吸うのに似た
儀式的な楽しみがあるね。
ビデオは紙巻煙草の手軽さか。 なんか連想したので書いてみた。

151 :どこの誰かは知らないけれど:2005/05/08(日) 17:53:11 ID:5qqh2aAA
>>149
ビデオの同録なんて殆ど使い物にならないのでは?
音響担当の人が専用マイク持って走ってもらうとか、
或いは現地の音を諦めて全部アフレコした方が良いのでは。

152 :フィルムっていいよね:2005/05/08(日) 22:46:53 ID:34YdzME0
>>151
私の場合旅行に持っていくので、音響担当をたのむというとカミさん・・?
そういえば20代の会社の同僚に8ミリの映写機見せたら「これってAV端子はどこですか?」って言ってました。知らない人にはそんなもんでしょうねえ。私はまだ30代ですが。

153 :http://www.geocities.jp/shouhishahogo/:2005/05/08(日) 22:56:25 ID:jCwVysIg
そうでしょうね

154 :どこの誰かは知らないけれど:2005/05/08(日) 22:58:26 ID:zPmxv8Xk
>>153 おう、楽天スレでよう見かける人じゃん

155 :どこの誰かは知らないけれど:2005/05/08(日) 23:46:28 ID:GhEs6acq
正直、ビデオとフィルムの違いなんてわからないよ。
お前等も本当は違いなんてわからないんだけど、通ぶって
わかったふりしているだけなんだろう

156 :どこの誰かは知らないけれど:2005/05/09(月) 00:04:03 ID:qWymx9YK
>155
ビデオとフィルムの違いが解らないお前は目がおかしい。
絶対解るよ、24Pで撮影されたものか、後処理されてる映像以外は。


157 :どこの誰かは知らないけれど:2005/05/09(月) 00:31:52 ID:FBAXXdQS
>>155 目も頭も悪いお前のよーなバカは黙ってればいいんだよ。

158 :どこの誰かは知らないけれど:2005/05/09(月) 00:52:41 ID:UVK1zP+c
うーん、いちオーディオマニアの例えとしては、やはりアナログLPレコードと
CDの違いと云おうか…

159 :どこの誰かは知らないけれど:2005/05/09(月) 07:11:11 ID:FBAXXdQS
下手な例え話。

160 :どこの誰かは知らないけれど:2005/05/09(月) 10:15:09 ID:IJ8tGRVl
>>152
面白すぎるw
今日納戸から映写機探し出して子供達に見せてみよっと。

161 :どこの誰かは知らないけれど:2005/05/09(月) 21:09:18 ID:nuVBZjWo
もう特撮の話題ないねw

162 :どこの誰かは知らないけれど:2005/05/13(金) 14:44:00 ID:RpxkC9IQ
今時こんなこといってるのはアマチュアだけ。
ビデオで撮っても何時でもフィルムのように加工できるのでプロの現場では
収録時にはそれほどこだわってない。

163 :どこの誰かは知らないけれど:2005/05/13(金) 16:22:43 ID:DJGMOERJ
論点ズレまくりでアホらし

164 :どこの誰かは知らないけれど:2005/05/13(金) 17:54:49 ID:ROD2cUSv
判ってないからしようがないよ。

165 :どこの誰かは知らないけれど:2005/05/13(金) 18:13:56 ID:+llpBr/q
骨董品の三管式使ってみたら考え変わるよ。

166 :どこの誰かは知らないけれど:2005/05/14(土) 16:30:24 ID:G/NZzwsK
人間歳取ると懐古趣味になってなんでも「昔はよかった」とまかり通る。
昔はビデオが発達してなくてあなたたちはフィルムで育ってきたから
フィルム>ビデオとか抜かしているけど、
ビデオで育っていたらビデオ>フィルムと抜かしているだろう。
実際、フィルム>ビデオという根拠が全くない。
年寄りは「新作をフィルムで撮れ!」とか抜かしてないで
昔の作品だけを見て自己満足の世界に浸ってください

167 :どこの誰かは知らないけれど:2005/05/14(土) 17:30:23 ID:92ewJL5D
>>166
頑ななおっさん達を見て煽りたい気分はわかるのだが、
ここは昔の作品だけを見て自己満足の世界に浸る板だから・・・。
確かにキミの言うことにも一理あると思うよ。

しかしながら
やっぱり ビデオよりフィルムでしょ?!

あともうちょっと作文の勉強するか、推敲のスキルを身につけようね(w

168 :どこの誰かは知らないけれど:2005/05/14(土) 19:01:19 ID:G/NZzwsK
だからなぜビデオよりフィルムなんですか?
単に個人の主観な問題ですか?
フイルムがいいという理由を具体的に述べてよし
質感がいいとかビデオはくっくりすすぎ(いいじゃないか)
とか訳の分からないことはない


169 :ワイルド星人:2005/05/14(土) 19:34:37 ID:Va0n5YU0
ビデオでは命を写すことが出来ないではないか!

170 :どこの誰かは知らないけれど:2005/05/14(土) 19:39:41 ID:dM5Aq5j0
>>168
ここは「やっぱり ビデオよりフィルムでしょ?!」スレだから。
俺は167じゃないがあんたの言っていることはよくわからん。

171 :どこの誰かは知らないけれど:2005/05/14(土) 20:07:44 ID:EPjPzJFT
単純に、頑ななおっさん達を見て煽りたいビデオマンセーくんなんでしょ。

そうではないなら、
場所(スレ、板)をわきまえない訳が無い。


172 :どこの誰かは知らないけれど:2005/05/14(土) 20:10:45 ID:EPjPzJFT
考えてみれば、
「やっぱり フィルムよりビデオでしょ?! 」というスレが
ここか「特撮!板」に有ってもいいとは思うのだが、
なぜ存在しないのかが不思議。

173 :どこの誰かは知らないけれど:2005/05/14(土) 21:12:05 ID:2VYSL0U6
> フィルム>ビデオという根拠が全くない。

過去ログぐらい読んだら?

消極的で不勉強なうすらバカには 馬の耳に念仏 かもしれんが 

174 :どこの誰かは知らないけれど:2005/05/14(土) 21:13:42 ID:dM5Aq5j0
>>172
特撮!板のほうはdat落ち
【フィルム】終焉!戦隊まで完全ビデオに【16mm】
http://tv7.2ch.net/test/read.cgi/sfx/1072592801/

175 :174:2005/05/14(土) 21:20:00 ID:dM5Aq5j0
完全にぼけたレスをしてしまった。
スルーしてください。

176 :どこの誰かは知らないけれど:2005/05/15(日) 00:50:27 ID:mexfaA72
>162
そんなこたあ無い!
予算が許せばフィルムでやりたいってプロだって思ってる。


177 :どこの誰かは知らないけれど:2005/05/15(日) 06:44:39 ID:NQknvBMt
>>176
予算の中で作るからプロなんだろ?
予算が許せばフィルムでやりたいっていうのはアマチュア寄りの考え。

178 :どこの誰かは知らないけれど:2005/05/15(日) 08:13:49 ID:UBLWQSQt
アホか。
予算なりの仕事をするのはプロだよ。 
でもな、できればいい仕事をよりいい条件でしたいと思うのがプロなんだよ。

179 :どこの誰かは知らないけれど:2005/05/15(日) 08:37:59 ID:NQknvBMt
>>178
>でもな、できればいい仕事をよりいい条件でしたいと思うのがプロなんだよ。

そんなのはプロアマ問わずあたりまえの話であって
今回の場合だったら
「予算の範囲内でビデオで撮って、しかし可能な限りフィルムの質感に合わせていく」のがプロであって
「予算も無いし、本物のフィルムをつかえないからこれはダメだあ、もっといい条件で仕事がしたいよう」といっているのはプロではない
こういう話。


180 :どこの誰かは知らないけれど:2005/05/15(日) 10:02:07 ID:UBLWQSQt
可能な限りフィルムの質感に合わせていく > これは予算とリンクする話だね。

「予算も無いし、本物のフィルムをつかえないからこれはダメだあ、もっといい条件で仕事がしたいよう」
って思うのは カメラマンや演出家が思うのは自由だよ。

何か勘違いしているね。

お前さんの言っているのは製作側が条件提示する時の詭弁に過ぎないよ。




181 :どこの誰かは知らないけれど:2005/05/15(日) 19:02:44 ID:ggKjtCz3
まあ、ドラえもんも、近年のパターンだったAパートの再放送(フィルム)とBパート(デジタルビデオ)の
質感の違いに関して、けっこう苦情の電話は多かったらしいしね。
水戸黄門の場合は苦情殺到ってレベルだったそうだけど。 (新聞に出てた話題ですが)。

182 :フィルムっていいよね:2005/05/16(月) 00:19:10 ID:xkGq0rs+
フィルムがダサいなんて言ってるあなた!だったらテレビCMを全部ビデオ撮影してみなさい(含むなんちゃってフィルム処理)。ダサくて見れたもんじゃないぜ!

183 :どこの誰かは知らないけれど:2005/05/16(月) 00:30:05 ID:WRhcrXXU
肉眼で受像する感覚に近いのは明らかにフィルムなんだよ。

ビデオは適正露出の上下を受像できる許容範囲が非常に狭い。
少しでも暗ければ黒くツブレる、少しでも明るければ真っ白にトンでしまう。

ビデオでもデジカメでもいいや、真夏にアオリ気味で 青空をバックに人物を撮ってみ。
人物に露出を合わせたら 青空が青空に映らないから。
逆に青空に露出を合わせたら 人物真っ黒けだからね。

それを補正するのにレフを使うんだが・・・ ま、いっぺんやってみりゃ判るよ


184 :どこの誰かは知らないけれど:2005/05/16(月) 17:36:51 ID:Dl9F1y6X
フィルムで撮りたいってことにプロもアマもない。


185 :どこの誰かは知らないけれど:2005/05/16(月) 22:02:47 ID:av3sT9K6
ラティチュードってやつね。
今は専門学校の生徒でも知らないらしいから。
レンズだって、絞りと被写界深度、明るさや解像度よりも
気になるのはズームの倍率だけだもんなあ。

186 :どこの誰かは知らないけれど:2005/05/16(月) 22:09:33 ID:nG4mUJmu
今は映画はどんどんフィルムカメラの変わりに、バリカムというハイビジョンカメラで撮ってるよ。
素人には見分けはつかない、編集は楽、最終的にフィルムカメラはほとんど置き換えられていく。

187 :どこの誰かは知らないけれど:2005/05/16(月) 22:13:04 ID:WRhcrXXU
素人に映画の美術も照明も判らないのは昔からの話。

でもそこを拘るのは作る側の話。

「素人には判らないから」なんてのは 表現者としては自分の首絞めているのも同じだよ。

188 :どこの誰かは知らないけれど:2005/05/16(月) 22:18:11 ID:nG4mUJmu
その辺のこだわりはデジカメとフィルムカメラのこだわりと同じということでいいですか?

189 :どこの誰かは知らないけれど:2005/05/16(月) 22:36:49 ID:WRhcrXXU
写真と映像とは全く違うよ。

わざわざ比較対照する意味が判らない。

190 :どこの誰かは知らないけれど:2005/05/16(月) 22:45:41 ID:nG4mUJmu
バリカムのことを良く知らないようなのでココを読まれたらいいですよ。

http://panasonic.co.jp/ism/varicam/varicam1.html

いまはまだフィルムとの差はあるんでしょうが
スチルカメラのときと同じようにどんどん改良されていくでしょう。
残念ながら、ほんとに今までのフィルムカメラは無くなりつつあるんですよ。

191 :フィルムっていいよね:2005/05/16(月) 23:06:38 ID:xkGq0rs+
>190 
確かにハード面ではデジタル化が進むのは時間の問題でしょうね。松下のウン十万するやつじゃなくて、もっと安いカメラでフィルムライクな撮影ができるのが出たら、私も欲しいかも。でも8mmはフィルムを直接手で触って編集するのが楽しいんですけどね。

192 :どこの誰かは知らないけれど:2005/05/17(火) 01:12:08 ID:Oaon8L5d
私は一応プロのビデオカメラマンですが
最近仕事で昔の8ミリフィルムの映像を数本続けて見る機会がありました。
そうしたらもう、その質感とか温かみとか情緒感にすっかりやられてしまい
中古のカメラと映写機を買い揃えてしまいました。
当分、仕事はビデオ、趣味はフィルムでやって行こうと思います。




193 :どこの誰かは知らないけれど:2005/05/17(火) 03:36:50 ID:QdZKjLQ/
いままでのレス読んでいて
ビデオ>フィルムなんて書いている奴はネタだろ
どうもつられている奴らが多い。

194 :どこの誰かは知らないけれど:2005/05/17(火) 17:44:33 ID:smnVHuRl
おまいらどこかで待ち合わせて、タイマン張れよ。

195 :どこの誰かは知らないけれど:2005/05/17(火) 18:46:47 ID:Biuow5U5
192みたいな書込があるからフィルムは懐古趣味とかいわれるんだよなぁ。


196 :どこの誰かは知らないけれど:2005/05/17(火) 18:49:24 ID:HqIJqTcO
>185
> 気になるのはズームの倍率だけだもんなあ。
マジでそうなの?
それじゃだめじゃん!!


197 :どこの誰かは知らないけれど:2005/05/17(火) 19:38:30 ID:o52IM1/B
>>196
アマチュアカメラマン以下だな

198 :どこの誰かは知らないけれど:2005/05/17(火) 20:51:14 ID:aZQrk5VY
専門学生どころか現役プロカメラマンでさえ、そう。
あ〜

199 :どこの誰かは知らないけれど:2005/05/18(水) 04:48:05 ID:kQJMckrd
それだけ今のレンズは高性能になって
よけいなことを気にしなくてもよくなったんだよ。
少しは最新の機器の勉強しろよ。ポンコツども

200 :どこの誰かは知らないけれど:2005/05/18(水) 08:10:32 ID:IdxkUajT
>186
確実にそうなるでしょうね。
この間バリカム使いの阪本さんの撮影現場を覗かせてもらったけど、撮ったもの全てHD落としにしていたのには驚き。
モニター観ててもフィルムとの違和感は簡単には分からんよ。

現場では潤沢にフィルムが使えるんだったらそれに越した事はないそうで、環境問題も含め今後を考えるとビデオへ早めに移行出来たら良いと思って、阪本さんなんかがバリカム開発に参加したんだってね。

好きずきで言ったらやはりフィルムかな。
バリカムをビデオとして捉えるなら自分はなんら問題ないです。

201 :どこの誰かは知らないけれど:2005/05/18(水) 09:53:34 ID:AaW07YQV
>>199
×>今のレンズは高性能になって
○イメージサークルが小さくなって、
 めめっちい計算する人が居なくなった

×>よけいなことを気にしなくてもよくなったんだよ
○不況でよけいなことを気にする余裕がなくなった

202 :どこの誰かは知らないけれど:2005/05/18(水) 13:42:56 ID:zxnaehlz
フィルムは無くなりつつあるけどフィルム調質感はビデオになっても受け継がれていく
これでいいじゃん これにて終了!

203 :どこの誰かは知らないけれど:2005/05/18(水) 15:18:33 ID:Rq/XJRh+
お前さんだけ終わっとれ

204 :どこの誰かは知らないけれど:2005/05/18(水) 17:46:42 ID:pkM6qzmp
ビデオ厨って何でこんなに必死なんだ?w

205 :どこの誰かは知らないけれど:2005/05/18(水) 18:33:07 ID:zxnaehlz
逆に、フィルム厨って何でこんなに頑固なんだ?w
もともと「ビデオ質感よりフィルム質感でしょ?」ってことなんでしょ?
だったらバリカムのようなフィルムの再現を追求したビデオカメラも登場した今、
フィルムカメラに拘るのは「デジタル」「アナログ」の拘りでしかない。
仕事として考えたらいつまでもフィルムカメラに拘ってばかりもいられない。
スチルカメラの世界ではデジタル一眼でもプロの仕事の道具として立派に認められてるよ。



206 :どこの誰かは知らないけれど:2005/05/18(水) 20:15:13 ID:kQJMckrd
だからフィルム厨って「やっぱり映画は銀幕じゃないと」とか
ほざいているボケ老人と同類なんだよ。単なる懐古趣味

207 :どこの誰かは知らないけれど:2005/05/18(水) 20:30:47 ID:W3Ds5157
いろいろ意見はありますが、

ウルトラセブンはフィルムでないと、
あの不思議な世界観は出せないんだと、
平成セブンを見て痛感しました。

平成ウルトラマンシリーズを否定してるわけではありません。あしからず。

208 :どこの誰かは知らないけれど:2005/05/18(水) 21:01:12 ID:gBtWyPDM
バリカムでも色調の再現は非常な困難が伴うはず。
HDDやAVID使うのは、それを修正する必要もあるからでしょう。
フィルムだって照明やフィルタの選択は昔は重要だったんだが。

209 :どこの誰かは知らないけれど:2005/05/18(水) 21:39:11 ID:H/7MzglJ
http://web.kyoto-inet.or.jp/org/my-art/fortune/ftasbody.html


210 :どこの誰かは知らないけれど:2005/05/18(水) 21:59:31 ID:pkM6qzmp
技術的な話になると全く手が出せず
レッテル貼りに逃げるしかないID:kQJMckrd(w

211 :どこの誰かは知らないけれど:2005/05/18(水) 22:51:21 ID:Rq/XJRh+
不勉強な上に見極めるセンスが皆無だからしようがないよ。
区別もつかないんだろ

212 :どこの誰かは知らないけれど:2005/05/18(水) 23:02:38 ID:isAmqOpP
もまいら、ぱちんこウルトラセブンのCMで
がんばってフィルム感出してるの、褒めてやれよ

213 :どこの誰かは知らないけれど:2005/05/18(水) 23:35:52 ID:08GyIjGt
>>205-206

「やっぱり フィルムよりビデオでしょ?! 」スレでも立てろ

214 :どこの誰かは知らないけれど:2005/05/19(木) 01:15:42 ID:qJgCr7Md
>>199
たとえば焦点距離と画角の関係とか、絞りによる被写界深度の変化などは
(そして、それが画面の表現に与える効果は)
レンズの高性能化とは、全然関係ない話。

少しは映像表現の基礎・基本ぐらい勉強しろよ、このポンコツ。


215 :どこの誰かは知らないけれど:2005/05/19(木) 01:19:04 ID:UF2xEzws
ひょっとして、相反則も知らない奴が紛れ込んでるのか?
糞アマチュアの世界ではよくある事だが、
スレに書き込むからには一通りの知識を持ってるんだろうな?

>>205
一応、デジタル一眼でスチルの仕事してる身分だけど
画像補整せずにプリントを仕上げる奴はただの馬鹿。
デジタルに移行してMac前でのデスクワークが
圧倒的に増えたのがちと辛いな。

216 :どこの誰かは知らないけれど:2005/05/19(木) 05:29:34 ID:9s0qRecJ
相反則って何?

217 :どこの誰かは知らないけれど:2005/05/19(木) 07:30:59 ID:W1avlW5w
正しくは相反則不軌(不規)「そうはんそくふき」だけどね。
スチルならアナログだってトリミングやコントラスト調整はプリント時にやると思う。
ただ、アナログはシャッター切るまでの準備が必要で、デジタルは切ったあとに
手間暇かけるってことかな?ムービーでも同じ傾向だね。
デジタルなら画像消去も簡単だから、とりあえずバカスカ撮っとけって態度の
カメラマンが多いような気がするなあ。良し悪しでなく、それが流れってことで。

218 :どこの誰かは知らないけれど:2005/05/19(木) 10:19:17 ID:UF2xEzws
>>217
「相反則不規」は「相反則」が通用しなくなる事。
長時間露光とかで発生する怪現象だ。

じゃあ相反則とは何かっていうと、
同じEV値であれば、絞り値を変えると、シャッター速度も
同じだけ変化させなければならないという法則の事。
AEカメラって単語も死語だが、マニュアルカメラを使える奴なら
単語こそマイナーだが、誰でも無意識にやってる事だと思う。

こう書くと次は「EV値って何?」という質問も来るのか?
露出計を使った事も無い人には説明しても解らないと思うが……
AEカメラは流石に死語だと思うので補足すると、
露出計内蔵カメラの事だ。

219 :どこの誰かは知らないけれど:2005/05/19(木) 12:45:20 ID:bdCx0E+E
ビデオ撮りのドラマで、ピント送りって使用されてる? ビデオドラマあまり観てないんで知らないんだけど・・・

220 :どこの誰かは知らないけれど:2005/05/19(木) 13:20:09 ID:gXtiYP5u
難しい事は分からないけど、やっぱり水戸黄門とかは
昔の方が何となく映像はリアルに感じるなぁ。理屈ではなくて・・・
こんなアマチュアの感想じゃだめですか?

221 :どこの誰かは知らないけれど:2005/05/19(木) 13:59:38 ID:PBZMLzBe
ビデオよりも安価だが、それでいて、より綺麗に撮影でき、丈夫で扱いやすいフィルム・・・・・。
が発明されれば、この上ないんだけれど。


222 :どこの誰かは知らないけれど:2005/05/19(木) 22:58:17 ID:A8NZv+nl
ビデオとフィルムのどっちの質感が上かなんて、主観でもなんでもなく、
多くの事実を見ればとっくに結論は出てるよな。
フィルムと予算を抑えられるビデオ両方があるのに、なぜ多くのクリエイターたちがフィルムを使いたがるのか?
予算やポスプロの関係でビデオでとられた映像の多くは、フィルムライクに加工されるのか?
フィルムよりビデオの方が質感が上なら、
なぜルーカスは24PのHDビデオで撮ったにもかかわらずビデオ丸出しの映像にしないのか?
テレビドラマよりも予算が多く取れる劇映画がフィルムもしくは
フィルムライクな質感を出していることからも一目瞭然。
議論をする必要さえないな。この話で理解できない奴がいたら
時間の無駄だから映像なんか見るのやめた方が良い。

223 :どこの誰かは知らないけれど:2005/05/19(木) 23:38:44 ID:SLPKJg80
ビデオの画素数って知ってるよね。
対するフィルムの粒子数を知ってるかな?

224 :どこの誰かは知らないけれど:2005/05/19(木) 23:57:34 ID:RaMu+T5b
で?

だから?

それだけでしか判断できないの?


225 :どこの誰かは知らないけれど:2005/05/20(金) 00:23:52 ID:Kh6qW/06
・・・と、それだけでも判断できない人が煽っております。

226 :どこの誰かは知らないけれど:2005/05/20(金) 00:37:42 ID:4JLFEm7p
やっぱり それだけでしか判断できないんだ・・・



227 :どこの誰かは知らないけれど:2005/05/20(金) 00:40:47 ID:Kh6qW/06
他人を煽って自分が釣られてれば世話がない・・・

228 :どこの誰かは知らないけれど:2005/05/20(金) 00:47:58 ID:VoVEgCAf
やがてはビデオも完全にフィルムと同質のものがとれる時代が来るよ。
ただそれは、ようやくビデオの質感がフィルムの質感に追いついただけの事だけどね。

229 :どこの誰かは知らないけれど:2005/05/20(金) 01:22:12 ID:BQgFgaBL
>>220
揚げ足とるようで悪いけど、

「なんとなくフィルムの方がいい様な気がする」
「なんとなくビデオでもいい様な気がする」

主観の問題だから、同じだけ意見があると思う。

ただ、昔の映画が面白いっていうのはカメラワークも貢献してる。
演出・編集を含めた昔の映画は、そりゃ鳥肌モノのが多いよ。
より一歩踏み込んで、「なぜ面白く感じるんだろう?」と
自問自答出来る様になったら、少しは見方が変わるのでは?

230 :どこの誰かは知らないけれど:2005/05/20(金) 01:26:03 ID:4JLFEm7p
質感だけの問題じゃないよ。

231 :どこの誰かは知らないけれど:2005/05/20(金) 01:32:45 ID:VoVEgCAf
>>219
別にドラマに限らず、情報番組でもフォーカス送りは普通にビデオでやってるよ。
明るいところでもND?ませて開放にすれば全然送れます。
ただ、最近半民生機のようなPD150〜170のようなカメラはレンズがショポイから
あまり効果が出ない上に、
サイズによってはフォーカス送ると画角が変わったりしてあまり良くない。

232 :どこの誰かは知らないけれど:2005/05/20(金) 03:30:30 ID:3TFSl2oU
ビデオの透明感が安っぽく見えて、
フィルムの粒状感が、質感を高めてるってことでしょ。
粒状感が、人によってはゴミにみえると。

撮像素子の関係で、フィルムよりビデオのほうが画角が狭いので、
全部望遠で撮ってるような画になる。


233 :どこの誰かは知らないけれど:2005/05/20(金) 20:18:26 ID:RmQXxRO+
近いうち、撮影をビデオで行っても
テレビの技術の進歩でフィルム風とかビデオ風とか
リモコン操作で簡単に変えられそうな気がするけど。


234 :どこの誰かは知らないけれど:2005/05/20(金) 22:58:45 ID:4JLFEm7p
だから フィルム面でとらえられる映像と 電気的にとらえられる映像と
基本的に映像の再現性が全く違うんだよ。


235 :どこの誰かは知らないけれど:2005/05/21(土) 00:48:29 ID:DkH4GrCk
夢想を語ってる人はいいな。
そのうちタイムマシンが発明されて問題は全て収まるよ。
尤も、その頃には良い腕前の職人が死滅してるだろうけどな。

236 :どこの誰かは知らないけれど:2005/05/21(土) 12:04:27 ID:AbEBrcOy
映画、特撮、時代劇など間違いなくフィルムの映像はリアリティがあるし
きりっとしまっている感じだけど、
ホームドラマなんか、たとえば「ありがとう」などはフィルムだと
暖かみが感じられない気がする。
昔からホームドラマはビデオ撮影だったからたんに慣れちゃってるせいもあるんだろうけど。

237 :どこの誰かは知らないけれど:2005/05/21(土) 23:39:09 ID:nsf74Ane
最終的には、あくまで印象の問題なんだからどっちが上なんて個人の好みなんだけどさ。
少なくとも多くのプロがフィルム(もしくはフィルムライクな処理)の方が上と考えているのは事実だろう。
ビデオが上なら、世の中の映画はあっという間にビデオ画質になっただろうから。

238 :どこの誰かは知らないけれど:2005/05/21(土) 23:52:17 ID:dc6SXviE
2、3年位前にジャニーズ系のアイドルって戦隊物に出てた? 何気なく聞いてたラジオで、その子達が、
スタッフの人たちに「お前らは幸せだぞ。この時代にTV番組で、映画と同じフィルムの撮影現場を
体験できるんだからな」って言われたんだよな〜 って話を、とても誇らしげに語り合ってたよ。


239 :どこの誰かは知らないけれど:2005/05/22(日) 07:15:30 ID:I+bKY6Df
 スタジオ撮影→ビデオ
 屋外撮影及び同じスタジオでも技術を要する作品→フィルム

 昔はこれが、定番だった。
 基本的にビデオ作品でも、屋外場面はフィルムに不自然に切り替わった
ホームドラマはざらにあった。(例:初期の中学生日記、森繁ドラマ「あんたがたどこさ」

240 :どこの誰かは知らないけれど:2005/05/22(日) 09:41:19 ID:FFbqrgjo
>>237
フィルムの再現性の方が基本的には上でしょ? だからCMも現場じゃ35mmを
使うわけだし。アメリカのTV作品もシットコム以外はほとんど35mm。
(ただし「24」等はHDらしいと聞いた。これもVTR丸出しの仕上げはしていない)

日本のTV映画は16mmで撮り照明を節約している(?)せいか、作品によっては
絵が暗く見えたり、年月の経過によるプリントの褪色があるから「フィルムは
暗い、汚い」と誤解を受ける。
昔のTV映画もニューマスターだと驚くほど綺麗な作品があるのにね。その「暗さ」にせよ、
80年代後半からテレシネの方式が変わったのか、フィルム作品独特の「暗い」と
いう感触の作品は余り見られなくなりましたね。

「ビデオは綺麗、フィルムは汚い」というのは、画面の輝度の違いを言ってるだけなんでは?

241 :どこの誰かは知らないけれど:2005/05/22(日) 09:49:55 ID:FFbqrgjo
>>239
昔はTV映画(主に本編系の人がフィルムで撮る)とスタジオドラマ(ディレクターは主に
TV育ちの人で、スタジオでVTR収録される)の区別がはっきりしていたし、
さらにビデオ機材を外に持ち出すのは難しかった。

70年代半ばからビデオロケが徐々に容易になり、フォーマットやシステムの
はっきりした区分けも無くなり、現在に至る。

242 :どこの誰かは知らないけれど:2005/05/22(日) 13:06:54 ID:neY3gCPl
ハリウッドじゃ10年以上前からフィルムと同録でビデオに録って、
その場で再生、カットの是非を判断してる。
日本でもそうなりつつあるでしょ。

243 :どこの誰かは知らないけれど:2005/05/22(日) 13:12:59 ID:+KvHH6BO
日本のTV映画の「暗さ」がある時期から無くなるのはテレビ局側の意向がはたらいたからだよ。
ブラウン管に映し出される映像が暗いと 「何が映っているかわからない」なんて言い出す視聴者が
いるから 照明をフラットにするように言い始めたんだよ。

日本の映像文化の一時期は かなりテレビ映画に偏っていた時期があって、本来魅力的であるべき
「照明」が一時期後退したのは 明らかにこの時期の影響があると思うよ。

244 :どこの誰かは知らないけれど:2005/05/22(日) 13:13:29 ID:Lj2au/O0
>>242
今は既にそうなってると聞いたような?

245 :どこの誰かは知らないけれど:2005/05/22(日) 13:43:01 ID:wpstPuwy
>>242 >>244
監督が不要と判断しない限りは(あるいはお金がないか)、今の日本や韓国で
もビジコンは普通に使っているはず。

>>243
絵作り上、画面に暗部が多いと「暗い」と言われ、フィルムが褪色しても「暗い」
と言われる。基本的に明るい家の中で見るTVだから仕方ないのかね?
昔のTV映画(「必殺」や紋次郎)の陰影の演出は凄かったのにね。

アメリカのTVは、35mmで贅沢に照明や機材も使い、仕上げも丁寧なのか、陰影の
表現も深みがあるね。綺麗な黒味や闇を絞り込むにも、やはりお金かな?

246 :どこの誰かは知らないけれど:2005/05/22(日) 13:56:46 ID:yn06Bd4e
>>241
昔のドラマ見て育ったせいか
ビデオ作品=スタジオセットがほとんど=作り物
フィルム作品=ロケが割と多い。=リアリティがある。
というイメージでビデオ作品って安っぽい感じがあるんだよね。


247 :どこの誰かは知らないけれど:2005/05/22(日) 14:07:28 ID:T2SDUaaA
>>238
俺もここで読んだだけなので知らないが、>>17のことじゃないか?

248 :どこの誰かは知らないけれど:2005/05/22(日) 14:25:31 ID:Lj2au/O0
>>246
散々既出だけど、ビデオははっきりと映り過ぎて作り物でのごまかしが難しい。

249 :どこの誰かは知らないけれど:2005/05/22(日) 22:10:15 ID:3/ovRfCA
>>247 ああ、多分それかもしれませんね。 まだ放映中の時期に、スタッフからの言だったようにも
思いますが、とにかく誇らしげに語ってたのが印象的だったですよ。

250 :どこの誰かは知らないけれど:2005/05/27(金) 22:47:24 ID:1qL/NbEn
美術も装置もがんばってるのに、セット作るときに、アングルさえ決まってたら、
ぜったいヘタうたない。ハイビジョンでもなんでもこい。

251 :どこの誰かは知らないけれど:2005/05/27(金) 22:52:25 ID:WvMdr6/z
意味不明

よく知らないんなら背伸びすんなよ。


252 :どこの誰かは知らないけれど:2005/05/28(土) 13:38:53 ID:Ngzfjsnt
お邪魔します。自分(24歳)は、戦隊シリーズ全般と昔の特撮ヒーロー(ライダーは1号〜RX・ウルトラはマン〜レオくらい)が好きなんですが、なるほど、画質のせいもあるかも(/∀` )

253 :どこの誰かは知らないけれど:2005/05/28(土) 15:03:16 ID:arFt50+F
とりあえずビデオなんぞ論外。
バブル以降〜平成のちびっ子諸君はかわいそうだよね。

254 :どこの誰かは知らないけれど:2005/05/28(土) 15:06:09 ID:vpQp+0f2
ビデオは画像処理次第ってギガス

255 :どこの誰かは知らないけれど:2005/05/28(土) 18:15:00 ID:1hWZdeEn
サイバーコップが一番オモロイ

256 :どこの誰かは知らないけれど:2005/05/28(土) 21:58:51 ID:O1YWF3nh
やっぱ16ミリフィルムじゃ素人には汚いと思われて敬遠されてもしょうがないよ。
35なら話は違うと思うが。

257 :どこの誰かは知らないけれど:2005/05/28(土) 22:04:37 ID:r0hDv21h
ま、とどのつまりは好みの問題だからね。

フーストフードが当たり前の人には 和風会席なんて物足りないだろうし
美味しいとも思わないだろ。

どちらがどちらとはあえて言わないが

258 :どこの誰かは知らないけれど:2005/05/28(土) 23:09:23 ID:r0hDv21h
ttp://dailynews.yahoo.co.jp/fc/economy/bankruptcy/?1117286533

AgfaPhoto が 倒産しちゃったね・・・ なんかやだなぁ

259 :大人の名無しさん:2005/05/28(土) 23:22:07 ID:febI8Iub
何か最近の特撮物等のドラマが、えらく安っぽく映って見えるのは気のせい?「水戸黄門」なんかも凄くはっきり映り過ぎてて、時代劇っぽくないし、葵のご紋のアイキャッチは以前重厚感があったのに、今はCGで作ったようなのっぺりしたシールみたいに見えるし...ブツブツ。

260 :どこの誰かは知らないけれど:2005/05/28(土) 23:48:33 ID:PvAIFJZG
リアルに写すことができる機材は、
セットの偽物臭さもリアルに写して
しまうんだろうねぇ。

261 :どこの誰かは知らないけれど:2005/05/28(土) 23:58:27 ID:fK26XY36
>>259
そりゃ単にCGが進歩しすぎて、他の職人が激減してるからでしょ。
今のバラエティ番組(クイズとか)なんて見る気にもならない。
全部下請けのCG会社(若しくはCG学校)が作ってるから。

別の業界の話だけど、CADを勉強する人は沢山居ても
大工さんに弟子入りする人は激減してると思うよ。

262 :どこの誰かは知らないけれど:2005/05/28(土) 23:59:56 ID:r0hDv21h
なんの話だ?

263 :どこの誰かは知らないけれど:2005/05/29(日) 00:16:05 ID:fPdUb9Un
大工はセットの話だろうけど?

264 :どこの誰かは知らないけれど:2005/05/29(日) 00:47:11 ID:VSyOch4p
劇場で映写する時とテレビ放送の時とで画質が変わる作品があるね
踊る大走査線とか浅間山荘なんかだけど、劇場で見ると普通の35mmと変わらないのに(傷とかはでないけど)、
テレビで見ると動きとか明るさとかがなんとなく他のと違うような

265 :どこの誰かは知らないけれど:2005/05/29(日) 00:52:42 ID:VSyOch4p
あ、これらの作品がデジタルカメラで撮ってるというのは承知してます
他にもアニメでも同じようなことがいえる。 劇場だと普通なのに、テレビ用スポットとかだと、ホントにテレビアニメと変わらない質感になる
描き込みその他のクオリティで何とか映画だとわかるんだけど、フィルムの質感というか空気が、映画のあの豪華感を出してるのだとわかった

266 :どこの誰かは知らないけれど:2005/05/29(日) 20:38:53 ID:UIJ4Bta3
フィルムイイヨネー。
最近の特撮は全然観ない性質なんだけど、テレビでたまたま観たら、
変に目が チカチカ するんで気分悪くなって凝視できなカタ。年のせい?それとも・・・?
爆発も、ウソCG爆弾だから臨場感ないし。ダイナマンのDVD観たら、フィルムの醸し出す陰影の良さと生爆発の良さを堪能できてヨカッタなぁ・・・
フィルムとは関係ないけど、ライダーは何人もいて、誰がナニモンだかもう…。
昭和の時代の、虫(=生き物)っぽさが醸し出されていたフィルム時代のライダー、何人もいないしロンリネスで陰影深くカコイかったね。
昔はヨカタ、とはあまり言いたくは無いけどさ。

267 :どこの誰かは知らないけれど:2005/05/29(日) 21:09:27 ID:rJom1FoQ
>>266
激しく同意!!
昔の特撮は、映像の雰囲気以外にも派手なアクションや爆発シーンがあってカコイイ!!(・∀・)
子供の頃観てたダイナマンとかチェンジマンのバイクアクションとか観ると、いまだに燃えます!!

268 :どこの誰かは知らないけれど:2005/05/29(日) 21:35:30 ID:kQwqEPo8
>>266.267
言ってることはわかるが
自作自演の臭いがプンプンするぞ

半 角 カ タ カ ナ の と こ が

269 :どこの誰かは知らないけれど:2005/05/29(日) 23:20:09 ID:5Zvkd+7p
画像を凝視するような幼児もかくやの特殊体質だから必要以上の
画質にこだわりがあるんだろ。
オレの知り合いにも妙に画面を凝視してしまうタイプのやつがいる。
例によって「ビデオサロン」のライターよろしくウザイほど画質に
こだわってる。
ポケモンの世代に生まれてたら例の事件」で悶絶してたタイプだろ。

270 :どこの誰かは知らないけれど:2005/05/30(月) 19:21:24 ID:C12Ou1oV
時代劇などでヅラの境目が見えるとか
ビデオがフィルムでは見えなかった物までリアルに映し出すのは
ビデオのが性能がいいという証拠だろうが!
ビデオの利点はあとからの処理が簡単だということ。
それに文句をつけられるとはビデオもたまったものではないな。
結局フイルム厨は単なる回顧趣味でしかないことが証明された。

271 :どこの誰かは知らないけれど:2005/05/30(月) 19:22:48 ID:d5tDy1Zl
ウルトラマンティガはフィルムなのになぜかビデオに見える

272 :どこの誰かは知らないけれど:2005/05/30(月) 19:51:12 ID:C12Ou1oV
結局は
劇場でみる限りでは
フィルム>ビデオ
家庭でTV受像器で見る限りでは
ビデオ>フィルムなんだよ。
理論的な解像度は
フィルム>>>>>>>>>>>ハイビジョン映像なのは認めるが
ビデオがまだ普及してなかったむかしの8mmのように
家庭で映画館のようにフィルムを直接流すとこはほとんどないから
意味がない。
プロがほとんどフィルムで撮りたがるのは単に「見栄」だけ。
けっして画質うんぬんではない。
とくにこの業界は見栄晴が多いからな。
フィルムというと通っぽいしw



273 :どこの誰かは知らないけれど:2005/05/30(月) 20:27:21 ID:4I/069zK
フィルムイイヨネー

274 :どこの誰かは知らないけれど:2005/05/30(月) 21:47:15 ID:44odblHh
>>272
いや、それ以前に見た目が全然違うんだが。

275 :どこの誰かは知らないけれど:2005/05/30(月) 22:26:18 ID:fWMFeHfw
>>270
言ってること自分で判ってる?
リアルの意味を取り違えているなぁ

276 :266:2005/05/30(月) 22:36:51 ID:UOiNCN86
266っすけど、268にマジ受けた。ほんとそう見えるね。
あと、見栄って何?よぅわからんけど、自分も全然知らなかったんだよね。
何気なく感じてた「見え方の違い」がなんだったのか。。。あまり詳しくは無いんだけど、
父さんが昔アナログカメラやってて聞いたら、「フィルムは対象だけじゃなく、その場の空気も写してる」
とのことで、ああ、なんとなく分かるような気がするな。とオモタ。

デジカメのプリントも綺麗は綺麗なんだけど、用はインクでの印刷でしょ?限度があるよね。
フィルムの”現像”の綺麗さとは何かが違うんだよね。素人から見ても。
昭和特撮に限って言ってるんだけど、フィルム時代のあのなんともいえない 画 が良くも悪くも好きだ。
特に、悪役陣のシーン。今はやけに煌びやかな雰囲気だけど、昭和時代は、陰影濃杉(w
でも陰鬱な感じがグモグモ醸し出されてて、小さい頃マジ怖かたよ。タブーとか、今見ててもコワヒんですけどw

277 :どこの誰かは知らないけれど:2005/05/30(月) 23:13:00 ID:tkkN0NTW
>>270 >>272

バカがなんだか妙に必死になってる・・・

事件おこすなよ。

278 :どこの誰かは知らないけれど:2005/05/31(火) 00:01:15 ID:VP3cxQec
レインボーマンのガルマやかまきり男なんかは、フィルムだからこそのキャラだよな。

279 :どこの誰かは知らないけれど:2005/05/31(火) 21:57:37 ID:MqX62DBR
フィルム派は、自分がボロクソ言われても我慢して、見習ってきたものが
やっと、使えると思ったら、無用の長物と化しつつあるのが、くやしいだけww

280 :どこの誰かは知らないけれど:2005/05/31(火) 22:41:42 ID:qhypCnri
>>279
>>277を読んで悔しいからって煽るなよ。
傍から見てると情けないだけだぞ。

281 :どこの誰かは知らないけれど:2005/05/31(火) 23:00:07 ID:MwVHS9Pc
何か、最近とてつもなく痛い奴が増えてるな。

282 :どこの誰かは知らないけれど:2005/05/31(火) 23:13:40 ID:Eh5z1TG3
確かに、あっち「特撮板」で叩かれて、流れ流れてきたんじゃないの?

283 :どこの誰かは知らないけれど:2005/05/31(火) 23:19:05 ID:NZibF4eN
この手のスレで〜派、〜信者などのレッテル貼りは
「無知なので真正面から反論できません」と自白したに等しい

284 :どこの誰かは知らないけれど:2005/05/31(火) 23:30:12 ID:MqX62DBR
CCDじゃなくて、撮像管方式のビデオはよかった。

285 :どこの誰かは知らないけれど:2005/05/31(火) 23:41:45 ID:MqX62DBR
ここは干された人の昔をなつかしむスレでつか?

286 :どこの誰かは知らないけれど:2005/06/01(水) 00:03:46 ID:5BM12F7v
ますます必死になってるしな・・・。

287 :どこの誰かは知らないけれど:2005/06/01(水) 12:04:30 ID:pO6jgacR
ところでなぁ、俺はどうしても「擬色」が嫌いなんだが……

シャンゼリオンは逆に擬色を味として表現していたのが
凄かったけど、平成ライダーは火花に全部擬色が乗るだろ。
擬色はデジタル方式での特徴の1つと割り切ればいいんだろうか?

288 :どこの誰かは知らないけれど:2005/06/01(水) 15:24:56 ID:LNU6KcpP
擬色ってノイズの一種なのね
白い光が動いた後に残るような

289 :木村die suck:2005/06/01(水) 20:54:42 ID:w5zdPCae
いつまでも、あるとおもうな、フィルムと金

290 :どこの誰かは知らないけれど:2005/06/01(水) 21:12:53 ID:o+60c0v4
NHK大河ドラマで、松明の火が尾を引くのって興ざめだよな。
それと、ビデオ撮りにアフレコはありえんの? 武士が山ん中歩いてて、どすんどすん床を歩く音、
そのまま入ってんのって、聞いててつらい。 なんか時代劇は特に、ビデオだとドラマに入っていけないな。

291 :どこの誰かは知らないけれど:2005/06/01(水) 21:27:58 ID:EDnbABkL
アフレコはあるよ。
ロケで雑音の酷い時とか、何らかの理由で音声にノイズが入る場合とか。
中には撮影は済ませたものの セリフを改変したい場合なんてのもあるよ。

292 :どこの誰かは知らないけれど:2005/06/01(水) 22:15:55 ID:pO6jgacR
平成ライダーは殆どがアフレコだろ?
HPのメイキング談義でも読んどけよ

293 :どこの誰かは知らないけれど:2005/06/01(水) 23:13:02 ID:Tn2Uuasr
特撮ヒーローはほとんどアフレコだろ?
ヒーローや怪人の声が必要だしさ。

294 :どこの誰かは知らないけれど:2005/06/01(水) 23:21:05 ID:EDnbABkL
同時録音の場合、ビデオやフィルムに関わらず撮影現場に録音スタッフも参加する必要があるからね。

あるビデオ撮影のキャラクター番組だと着ぐるみのキャラクターの声をアフレコじゃなく声優を撮影現場に
連れていって 着ぐるみの芝居に合わせて同時録音させた現場もあったらしいよ。


295 :どこの誰かは知らないけれど:2005/06/02(木) 23:53:34 ID:I6edfoTw
>>294
>着ぐるみの芝居に合わせて同時録音させた現場もあったらしいよ。

実際に仕事で、声優さんを現場によんで演って貰うことに立ち会ったことがあるのですが、
どちらかというと、声優さんの声の演技に役者さんの方が合わせる感じでしたね。
勿論、事前に双方とも台本を読んで打ち合わせて本番に臨む訳ですが。

この場合、声優さんの間合いで演技が進められるという利点があります。

また、対象物が着ぐるみでなく操演物(不思議コメディ系に出てきそうな奴)だと、
声優さんの演技に対して、操演者がピアノ線引っ張って演技させることができます。

現場によってケースバイケースだとは思いますが、一応自分の経験則を報告しますです。。。

296 :どこの誰かは知らないけれど:2005/06/06(月) 22:43:24 ID:4/DNLq7R
やっぱりデジタルよりオープンリールでしょ。
にスレタイ変更か?

297 :どこの誰かは知らないけれど:2005/06/07(火) 01:26:26 ID:vXTtHqoh
>>296
なに唐突なこと言ってんだ?

298 :どこの誰かは知らないけれど:2005/06/07(火) 23:16:35 ID:1wFS0ACU
唐揚げ食うぞ。www


299 :どこの誰かは知らないけれど:2005/06/10(金) 21:45:55 ID:ZWAXS5Xu
オーデイオテクニカとゼンハイザー
あなたならどっち?

300 :どこの誰かは知らないけれど:2005/06/11(土) 02:20:37 ID:uaQeXQXT
おれなら300。

301 :どこの誰かは知らないけれど:2005/06/11(土) 21:45:32 ID:U/Xxxabi
素人にはビデオもフィルムも関係ねーから、
どっちがいいなんてどーでもいいじゃん.
知りたかったらプロになれ、プロの現場で仕事すりゃ自然とわかるよ。
わかんなかったらやめちまえ。そんな奴はこの業界向いてないから。

302 :どこの誰かは知らないけれど:2005/06/11(土) 21:52:53 ID:Iz6iAEul
観てる側からすればビデオかフィルムかは丸判りだろう。
水戸黄門のビデオ化の反響だって有った訳だし。

303 :どこの誰かは知らないけれど:2005/06/11(土) 21:58:43 ID:yLdGkHoy
何?
ベクトルの異なる文章を3つ繋げているから、意味が全く通じない。


304 :どこの誰かは知らないけれど:2005/06/12(日) 11:38:06 ID:J5HKjmbl
超星神シリーズとか見てると確かに空とか背景のマンションが真っ白だったりするね
火花にノイズが出てたり
いっそ銀残し風にしたらどうだろう

305 :どこの誰かは知らないけれど:2005/06/12(日) 12:14:56 ID:NZY5Z92m
銀残し風ってどーゆーこと?

306 :どこの誰かは知らないけれど:2005/06/12(日) 17:54:58 ID:pTQyMIGm
フィルム現像技法のひとつで、コントラストが上がって彩度が低くなって・・・
早い話、キャシャーンやリターナーやGFWみたいな独特の画面になる(今度の戦国自衛隊もそれっぽい

307 :どこの誰かは知らないけれど:2005/06/12(日) 19:19:22 ID:pTQyMIGm
ttp://cgi.2chan.net/g/src/1118570976321.jpg
こんな画面になると

308 :どこの誰かは知らないけれど:2005/06/12(日) 19:40:09 ID:NZY5Z92m
1絞りアンダー 1絞りオーバー以内に照明を調整すればいいだけなんだけど、
ロケになると基準になる絞り(自然であるがゆえにどうしようもなく調整のきかない
基準とせざるを得ない露出)にに合わせざるを得ないから、結局デリケートな
画作りができないんだよね。

撮れてればいいとしないと仕様が無い。

だからビデオってヤなんだよ・・・

309 :どこの誰かは知らないけれど:2005/06/12(日) 20:06:47 ID:BXXDxxXS
IDがチョメチョメだらけ

310 :どこの誰かは知らないけれど:2005/06/13(月) 22:12:57 ID:U/XzitcZ
つらいね。

311 :どこの誰かは知らないけれど:2005/06/15(水) 20:31:31 ID:XtNKsYDy
DVDで充分、フィルム、フィルムとゆうのなら、70mm使え。

312 :どこの誰かは知らないけれど:2005/06/15(水) 20:32:51 ID:XtNKsYDy
今まで70mm使った香具師いるのか。

313 :どこの誰かは知らないけれど:2005/06/16(木) 11:20:40 ID:zwg555WN
>>311
何故そこでDVDが出てくるのだ

314 :どこの誰かは知らないけれど:2005/06/16(木) 11:48:04 ID:N2RLaOJP
70mmカメラってバカクソ重デカイんじゃ

315 :どこの誰かは知らないけれど:2005/06/18(土) 21:17:30 ID:4cVMu2rD
初期ステディカムも重かったらしい。
ああ、ひさしぶりにSHININGみよっと。

316 :どこの誰かは知らないけれど:2005/06/18(土) 21:30:32 ID:DycMAt/D
昔はフィルムとは呼ばず、単純に「テレビ向け映画」「連続短編映
画」といわれてたような?

317 :どこの誰かは知らないけれど:2005/06/18(土) 22:10:03 ID:CpfSnMu8
そうか、昔はフィルムマガジンに「テレビ向け映画」を装てんしていたのか・・・

318 :どこの誰かは知らないけれど:2005/06/18(土) 22:28:34 ID:hWOI82L1
>>312
釈迦厨に聞けよ。

319 :どこの誰かは知らないけれど:2005/06/19(日) 17:11:07 ID:ynFETUD+
「連続テレビ映画」の名称だったような。
アニメも「テレビまんが」と呼ばれた時代だし。

320 :どこの誰かは知らないけれど:2005/06/19(日) 17:30:57 ID:QMa77UVb
>>293
特撮ニュータイプに載っていた昭和ウルトラ組と平成ウルトラ組の座談会によると、
平成ウルトラは同時録音だったそうだ。

82 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)